FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP座長公演コンサート ≫ 松平健「歌う絵草子」3/19御園座 初めてみたらまぶしくて目をやられるよ。

松平健「歌う絵草子」3/19御園座 初めてみたらまぶしくて目をやられるよ。

さて、第二部「歌う絵草子」です。
演歌歌手ならこの歌謡ショー部分はヒット曲メドレーとなるのでしょうが
健さんは俳優。思わぬ「マツケンサンバ」のヒットもありましたが
あれはあくまでも想定外のヒット。「暴れん坊将軍」の挿入歌も多分一般の人には
知られていないでしょう。だからこそ、この2部をどう魅せてくれるか
重要になるわけですがここはもう別世界です。レビューといってもいいでしょう。
ガヤガヤうるさかった年配の団体客が衝撃の余り、
多分3人くらいお亡くなりになってます(コラ)

幕があくと桜の花びらで彩られたセットが輝いています。
舞台上にはあでやかな芸者さんたちがズラリ。
健さんはいなせな纏の若頭です。そのあと中村繁之さんと鈴木ほのかさんの
デュエットがあり、健さんと平淑恵さんの踊りがあります。
この健さんが病鉢巻姿でもう麗しいのなんのって。
そして新曲「マツケンAWA踊り」披露です。
これは振り付けがパパイヤ鈴木さんで、確かに阿波踊りではじまるのですが…
ボックス踏んでるし!そもそもこれ阿波踊りなのか?
でもものすごくおもしろい!マツケンもめちゃくちゃ楽しそう!
いや~今回もまたすごい隠し玉だった。
そのあとは渚あきさんのいとはんと恋焦がれる丁稚マジー(真島茂樹さん)の
コミカルな歌をはさみ、きたきたきたぁっ「愛のさけび」
このタイトルだけでも、のけぞりますが衣装がもう半端ないです。
赤ベースの光るヒョウ柄に肩には黒のファーをまとったマツケン。
まわりのダンサーの衣装も同じ生地で和服なんだけど袖だけボレロみたいに
なっているという斬新な衣装。
それにしてもさぁ、冒頭の「若頭」といい健さんの2部での役名が全部「若い男」
なんだけど、
ここはつっこむところじゃないのか?

最後はもちろん「マツケンサンバⅡ・Ⅲ」メドレーです。
腰元ダンサーズがでてきて場内テンションあがってきたところで
真ん中のミラーボールの中からマツケン登場~ヒーーーッ(笑い死ぬ私)
場内「うぉーーーーー」どよめき。
これ本当はフルで聞きたいところですが、踊るのだけでも大変ですからねー
特にⅢのフォーメーションの美しさには圧倒されます。
ノリノリのマジーに客席がまた大喜び。
私も持参してきたサンバ棒をふりながら大盛り上がりです。
私のサンバ棒もたびたびの移動とふりまわしすぎでもうヘロヘロになってます。
この日は団体さんが多かったので、サンバ棒もってる人が少なくて
なんか恥ずかしかったけど(しかもひとりで振り回してる人)
やっぱ客席も盛り上がらないと。
で、後半一部に出演していた俳優さんたちもキンキラ派手和服に
サンバ棒をもってでてくるのですがさすが新田純一さんとか中村繁之さんとかは
昔キラキラしてたの着てたからか普通に着こなしてるわけです。
でも…でも…峰岸徹さんがあの格好ででてきたときには大爆笑しました。
本人もなんか落ち着かない顔してます。ここはどんな大御所でも
同じ衣装で登場ですからベテラン俳優さんたちには、結構つらいハードルだと
思います。しかしその恥ずかしさを乗り越えれば素晴らしい境地が待ってますから。
マツケン公演おなじみの顔園田裕久さんとかすっごく楽しそうですからね。

今回も4時間(休憩込み)楽しませていただきました。
どうやら来年も御園座で座長公演があるとのこと。
博多座にいらっしゃらなければ、また名古屋にいっちゃうかと思う私でありました。

Comment













非公開コメントにする