FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOPミュージカル ≫ 「レ・ミゼラブル」3/18中日劇場①岡夫人の縦ロール

「レ・ミゼラブル」3/18中日劇場①岡夫人の縦ロール

この回は多分週末一番の人気の回だったんじゃないかと思います。
チケット発売日もすごい売れ行きでしたし。

本日は山口祐一郎バルジャン岡幸二郎ジャベール
この2人が並ぶとものっすごく絵になります。
岡ジャベは今日もポニーテールの縦ロールがひときわ美しい(笑)
そしてやっとシルビア・グラブファンティーヌをみることができました。
シルビアさんの歌大好きです。病室でコゼットの幻みてるとこなんかもう
泣けてしょうがありませんでした。薄幸さはないけどね。

祐バル、コゼットと手をつないで「ラーラララーラ…ララ?」って
言ってて、客席に笑い。ま、ここの笑いは非常にマニアックな笑いで
別に祐バルが笑わせようとしていってたわけではないと思います。

さぁ坂元健児アンジョルラス登場です。サカケンアンジョはチョッキ着てないと
学生たちの中でどうしても埋もれてしまいます。クビも苦しそうだし。なんか庶民的だし。
岸アンジョみたいに赤ネクタイとかしてれば目立つのになぁ。
雰囲気革命のリーダーというより、部活の先輩。
「安生センパイ!」「安生センパイ!」
「グラウンドは整備できた」「誰にもとめられない」
「今あふれ出す 自主練の波が もう止められぬ 大会目前だ」
安生センパイ「今こそ 時近づく血潮が沸き立つ しかし気をつけよー
わが敵は政府高校だぞ 部員も設備も豊富だ
我々がするべきことは 部員の士気を高めて
その手にボールを持たせて 甲子園に行くことーーー」

…野球部だったのか。
なんだかんだ言ってますが、スコーーーンと響く坂元アンジョの歌を聞くとしみじみ
きてよかったと思います。正直祐バルジャンと坂元アンジョに関しては
キャラがどうこうというより、歌聞きにきてるような気がする私。
(だからこの2人のオモシロポイントが目に付いたりするわけですが)
ナマ歌って素晴らしい!
この演目はバルジャンとジャベール以外は他のシーンにも別役で出ているのですが
バルジャンが銀の食器盗んで逃げたとこであらわれる坂元見物人のクルクル頭と
薄汚れた顔がすっごくかわいいです。そのほかだとすました顔で裁判官になってる
坂元アンジョや泉見洋平マリウス伊藤俊彦グランテールがおもしろかったりします。
ここはめずらしく顔がよく見えるシーンなので。
ファンティーヌを病院につれていく治安官もマリ&アンジョコンビ。ここもわかりやすい。
そして今日からコンブフェールが上條コウさんにかわりましたが、
すっごく小芝居してるのでなんだか目につきます。上條さんの工場長も結構お似合い。

『ブリュメ街の襲撃』で上着を持ち上げながら横移動する佐藤正宏テナルディエ
笑いがおこってました。きょうはとにかく客席が笑います。
特に森公美子マダムテナルディエはなにやってももれなく爆笑。

『ワン・デイ・モア』で小さなコゼットに着せてあげた洋服とお人形を
大事そうにトランクにつめるバルジャン泣けます。
原作にも書いてあったけど、最後まであの洋服を大事にとっておいたんですよね。
ミュージカル | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

編集
坂元アンジョの歌、すっごいいいですよねー。
あのよく通る声に聞きほれた記憶があります。
この人のシンバ観たかったなぁ。
泉見マリウス、裁判官でいたんですね。知らなかった。。。
レミゼは見所がいっぱいでつい見落としてしまいます。
2006年03月26日(Sun) 09:00
編集
aki さん
坂元さんの歌はもう客席までスコーーーンとつきぬけていくので
聞いてて気持ちいいですよね。福岡シンバってたのになぁ…残念。
レミゼはアンサンブルさんまで歌うし動くしたくさんでてくるしで
みればみるほどどこみていいのかわからなくなります。
しかもそうしつつオンオン泣いてるし。忙しい。
2006年03月26日(Sun) 19:27












非公開コメントにする