よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP舞台ネタ ≫ 橋田壽賀子脚本 明治座新春特別公演『渡る世間はモーツァルト!』その2

橋田壽賀子脚本 明治座新春特別公演『渡る世間はモーツァルト!』その2

登場人物・京唄子常子シカネーダー(大阪の産婦人科「本間病院」の院長)
息子・勇作(医者、母とヨメに弱い。かっちゃん)
嫁・長子(翻訳者、家事は一切せず実家に居候)
孫・日向子 通称ヒナ(将来の夢は医者、私立小に通う)
神林・(常子の再婚相手。キンキン)
娘・由紀(医師。おしん)
嫁の父大吉(料理屋おかくら経営)
タキ(従業員)

大阪弁はいい加減です。でも本編の常子さんもコントのような大阪弁です。

ワテの人生は本間病院の跡取り問題
患者満杯 ふところいっぱい 患者様は神様でっせ
病院経営は簡単じゃないというけど
病院ほどむずかしいものはあらしまへん 作る側に立てば

ちょっぴり勇作に訴えてちょっぴり由紀にアピール
派手な私服 メイクとキャラ うるさい姑
ちょっぴり大吉にちょっぴりタキさんに
ちょっぴり神林先生にけれんも
ヒナにピアノ習わせ 学校にお迎え
本間ファミリー総出演 ワテも

ヨメ 孫 病院 息子に娘
酔ってる勇作なんてみたくない
神林が落ちて神林常子になって
シリーズがはじまる
ちょっぴりヨメにちょっぴり息子に
ちょっぴり勝ち負けつけて
「長子はん!あんたもでっか!」
すべてはこのヨメのせいですねん

勇作とかわいい日向子 家事をしない嫁長子
イヤミ少々きかせて たまには大阪にお帰り

知ってまっしゃろ この世界は 期待と同じからくり
うまく立ち回ったヤツが成功おさめるんでっせー
よろしゅうおますな!
常子「どうでっか。いつかはワテと組んで病院を作りまへんか」
ヒナ「喜んでおばあちゃん」
常子「あーただし患者が喜ぶヤツでっせ」
ヒナ「もちろんまかせておばあちゃん」

ちょっぴり日向子にちょっぴり勇作に
たまには長子はんにも
ちょっぴり耳にアピール
おかくらのお父さんとタキさんに付け届け
ワガママなヨメに勝ち負けをつけて
たまには大阪にお帰り 本間ファミリー総出演 ワテも

全国の渡鬼ファン、ならびに橋田大先生、ならびに唄子さま
ならびにシカネーダーさん申し訳ありません。
そして元ネタがさっぱりわからない皆様も申し訳ありません。

舞台ネタ | Comments(6) | Trackbacks(-)

Comment

編集
ぎゃ~!!来た~!!思わず歌ってしまったじゃないですか!…しかも声が圭吾さんだったりします(苦笑)頭の中で京唄子ルックの圭吾さんが歌い踊ってるんですけど、どうしたらいいですか?
2005年11月20日(Sun) 22:35
編集
観て来ましたよ~!素敵なモーツァルト・・が、頭の中でコロたーんって響くし、吉野さんを見るとつい・・苦笑
初見でこれだけ砕けてみれたのは静馬さんのお陰です!<(_ _*)> アリガトォ ...(-ι- ) クックック
2005年11月20日(Sun) 22:40
編集
はじめまして。いつも楽しく拝見してます。
いやぁ、大爆笑しました。
麗しのシカネーダーに常子を配役しちゃうあたり最高です!
この勢いでぜひ二幕も!(笑)
2005年11月21日(Mon) 09:32
編集
篠 さん
すみませんすみません
それでは逆にシカネーダーの格好をした京唄子師匠を思い浮かべる
ってのはどうでしょうか。ますます恐ろしいことになりそうです。
taka さん
ほんとうは笑っていいのはアルコ胴切りとかコロご不浄くらいだと
思うのです。変な先入観を与えてしまって申し訳ない…
どうしてもネタに持っていきたいこの私の性格をどうにかせねば
ガブリエリザ さん
どう考えても渡鬼ファミリーだとあの位置は常子さんかと。
その前に渡鬼に当てはめるなといいたいのですが。
どんどんM!がベツの話になってきています。まだあと2回はみないと
いけないのに。どうしたらいいのでしょうか。
2005年11月21日(Mon) 11:33
編集
第2弾!待ってました~!どちらのシカネーダーもかなり強烈ですよね。最近、圭吾さん渡鬼ファミリーコロたんが頭の中をぐるぐる駆け巡っています。プラスどうしても忘れられないのは「シカシカシカシカ鹿だらけ、けして奈良ではありません」そう、あれです。覚えてますか?シカつながりで思い出すのか・・・酒場の人たちに乾杯!!
2005年11月21日(Mon) 22:10
編集
BBBさん
すみませんほんとに。何ゆえに渡鬼がでてきたのか私もナゾです。
今週末行くのですが、絶対私も唄子師匠のシカネーダーに
変換されそうでコワイ。酒場の人たちにも会ってきます。
2005年11月22日(Tue) 10:52












非公開コメントにする