FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 「モーツァルト!」1キャストも贅沢。だからすべてが贅沢TOPミュージカル ≫ 「モーツァルト!」1キャストも贅沢。だからすべてが贅沢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「モーツァルト!」1キャストも贅沢。だからすべてが贅沢

1768年。ウィーンで5歳にして作曲するヴォルフガング・モーツァルトは
奇跡の子といわれていた。

しょっぱなから豪華なこのオープニング。
エリザもそうですが、皆でぐあーーっと歌うシーン大好きです。
一路真輝男爵夫人登場。
うわぁぁ冒頭からキラキラしすぎでまぶしいんですけども。
男爵夫人がどれほどの人か知りませんが、一路男爵夫人は
まるで皇后様(そのまんま)のようです。なんか妙に貫禄あるし。

時は流れ、ヴォルフ(中川晃教くん)は成長するが
常にその傍らには彼の才能の分身
アマデ(高橋愛子ちゃん)が。
それにしても姉の高橋由美子ナンネールがかわいいよかわいいよ。
あの格好がすごく似合う。もう結構いい年(失礼)だと思うけど。
私アイドル時代の由美子ちゃん大好きだったんです。
歌もうまかったし、最後のアイドルって言われてたなー。
レオポルト(市村正親さん)はさすがの貫禄。
この作品は脇までタイトルロールできる人たちがそろってるだけあって、
ちゃんと皆に歌の見せ場があるとこがまたまりません。
中川ヴォルフが最初にソロで歌う『僕こそミュージック』
もう博多座の客席に響く響く。きょうも絶好調ですね。
あぁここでこれが聞けるなんて。

さて、ザルツブルクの領主コロレド大司教(山口祐一郎サマ)の館。
きたーーーーーっコロ猊下登場。最初の聞かせどころです。
『何処だモーーーツァルト!』
ものすごい存在感。赤に金刺繍のお衣装が似合うんだ。これが。
ブワサーッって翻すところのステキなことといったら。でも高音が続く歌なので
たまにまたどっからだしてんだこの声ってお馴染みのスットンキョーな声が
でてきてププって笑っちゃったよ。ごめんコロたん。
逆らったヴォルフに怒ってんですよね。
いやそれはさておきコロ猊下初日から圧倒的なその声量と姿に会場が
息を呑んで見つめています。
初日ということもあってか、場内の緊張感・集中力がすさまじく、咳きひとつない
ぴーーんと張り詰めた空気の中で猊下の声だけが響きます。

クビになったヴォルフは母とマンハイムへ。
そこでウェーバー一家に出会います。大塚ちひろコンスタンツェ
若くて元気で健康そうで(笑)なんか中川ヴォルフとのバランスもいいし、
並んだときいい感じです。
木村コンスとか西田コンスだと結構な姉さん女房にみえたんじゃないでしょうか。
父の心配どおり、金を使い果たし母を亡くし
失意のままザルツブルクへ戻るヴォルフ。


さてザルツブルクの居酒屋。劇作家シカネーダーが歌い踊っています。
きゃー吉野圭吾シカネーダー麗しい~!!ウェービーヘアも似合うし、ノリノリ。
早速手拍子がおこるなかステッキくるくる回してます。
うん、四季がもしやるとしたら絶対この枠、下村さんで決定。
ジーザスのヘロデ枠ですよね。

男爵夫人再登場。また異常にキラキラしてる
ヴォルフをウィーンへ連れて行こうとする男爵夫人。
ソロの『星から降る金』はおとぎ話から始まる歌なので
ますますこの人浮世離れしてみえますよ。でもやっぱものすごい迫力。
ヴォルフの理解者だけど、天上から見守っている女神のような雰囲気。
後半になるにつれ、その感はますます増してきます。

さてさて同じくウィーンに向かう猊下の馬車。
きたきたきた←場内もなんかワクワクした空気
よくあんなに前後に揺れながら歌えるものだと思います。
馬車の中から手をふるのですが結構ここで客席の人たちが
ふりかえしてるのがおもしろかったり。
猊下はセリフ部分も多いからうれしいです。祐一郎さんの声大好き。
んが、やってきました。いきなりうぉと腹をおさえる猊下!
馬車をとめると内股で髪を振り乱しながらヨロヨロ歩きだします。
どうやらもよおされたようで。
ウワハハハハあの威厳に満ちた猊下がこんなことに。
ご不浄中の衝立からぬっと顔をだしただけで場内爆笑。カワイイよーー猊下。で、スッキリしたまま歌い上げます。御髪もアルコ伯爵に直してもらい、
またシャキッと元に戻るのがスゴイ。オイシイなーコロたん。

プラター公園の見世物小屋でコンスタンツェと再会するヴォルフ。
一方ザルツブルクのレオポルトとナンネールの歌う『終わりのない音楽』
また切ない。昔を懐かしむ2人だけど、ヴォルフは確実に大人になり
自我にめざめていくわけで。
ウェーバー一家と仲良くやってる横でじっと創作活動にいそしむ分身アマデ。
いやはや、やんちゃで元気で繊細な中川ヴォルフの横でニコリともせず
むしろ冷淡にみつめながら、時にはとめようとしながらひたすら作曲している
アマデ。アマデはセリフが一言もないんですが、
だからこそその演技に圧倒されるというか。
愛子アマデはちょっと大人顔だからこの冷たい表情がまたはまるんですよね。

さて、またでたーーシルエットに浮かぶ猊下。
「猊下はお取り込み中!」女性をはべらせながら。
ゴージャス!セクシー!絵になる!でも全然エロくないの!
手を伸ばしてるだけだから女がまとわりついてるのに全然いやらしくないっ。
まだエヘーーって顔してガールズに囲まれてるガストンのほうが
エロいとおもえるくらい。
手を回してヴォルフの邪魔をしていた猊下。怒ったヴォルフと猊下の溝は
決定的に。


ラストの『影を逃がれて』中川くんの声が伸びる伸びる。
圧倒されます。 2幕に続く。
ミュージカル | Comments(9) | Trackbacks(-)

Comment

編集
8月の帝劇で見た「お取り込み中」の時は、コロたんってば、河合さん(アンサンブル)の豊満なお胸にモロ、顔突っ込んでフガフガしてましたよ。
いつになくエロエロ猊下になっててびっくらこいたものです。
てっきり、地方へ行き、さらに羽(というか鼻の下)を伸ばしているのかと思いきや、ガストンの方が、エロいとは…。
2005年11月13日(Sun) 01:27
編集
やっぱり中川くんも見ておくべきだったか?
井上ヴォルフと西田コンスタンツェ夫妻はどう見ても姉さん女房でしたよ。しかも初見だった私は、いつこの軽い妻がヴォルフを裏切るのかと
ずっとハラハラして見てました。
大塚コンスタンツェだと、若いカップルに見えていいですね。
2005年11月13日(Sun) 01:41
編集
ご不浄中のシーンはイキイキと演じられてますよね~。
こういうシーン大好き!っていうのが伝わってきました(笑)
やっぱり祐一郎閣下ってミツヲ系だなぁ~って思います(あれ?ミツヲさんが山口さん系?)。常々このお二人って似てると思ってたんですけど。え~!って思った方、ごめんなさい。
わたしの時は木村コンスと中川ヴォルフ夫婦でした。
ちょこっとお姉さんかなぁ~、って感じでしたけどお似合いでしたよ。
演技もよかった。でも、歌が・・・だったので、あっきーが合わせてあげてました。
2005年11月13日(Sun) 10:15
編集
猊下のご不浄シーンはやっぱり福岡でも凄いようですね(笑)3年前は面白かったけど、そんなに動きは激しくなかったはず・・・。出番は少ないけど、お笑い部門担当ってことで楽しませてもらいましたね(^^)
男爵夫人やコンス夫人は東京とキャスト違うので、気になっていました。一路さん・・・皇后かぁ・・・(笑)
2005年11月13日(Sun) 10:33
編集
おひさしぶりです。
一路男爵夫人はキラキラしてたんですね、めっちゃ見たくなってきました。でも今九州までは行けないもの...関西で再演して欲しいものです。
山口コロたん(←なんて可愛い愛称)の赤マントバッサ~は格好良すぎますよね。笑いもあり、貫禄もありで...あぁ、本当に見たくなってきました(*^_^*)
2005年11月13日(Sun) 14:07
編集
merengueさん
確かに密着してるけど、エロくないんですよね。初日だから
おたわむれもおとなしかったのかしら。なんかがっついてないとこが
またコロたんらしくていいですねー。あぁ楽にはすんごいことに
なってたりして。
mari さん
井上君でも姉さんなら中川くんならもっと姉さんに…
大塚コンスかわいかったー。主婦できないってのにすごく納得しました。
aki さん
2にんともサービス精神旺盛ってのが似てますよね。でも祐一郎さんは
不思議ちゃんだからなー。凡人には理解できないとこもあるし。
あれだけ暴れて最後はキリっと何事もなかったかのようにキメる猊下。
最高です。
2005年11月13日(Sun) 15:31
編集
みゆみゆさん
出番少ないけど猊下のシーンってすごく重要ですよね。歌もすごいし。
若くて元気なヴォルフに対抗する絶対的な存在感と威圧感。
祐一郎さんじゃなきゃ誰がするのかなーと思いました。あ、一路夫人と
並ぶとご夫婦のようです(笑)とびぬけて華があるんで。あの2人。
かいすけさん
ドレスもまた豪華なんですが(紫のドレスは一路さん仕様なんですよね?)なんか存在感が皇后様…ドレスやっぱ似合いますわ。
イーストウィックのときもドレス姿異常にはまってたし。
2005年11月13日(Sun) 15:31
編集
シカネーダー、四季でもしやるならば確実に下村さんですよね。
観ながらそう思っていました。他に合う人が見当たらないような…笑。
自分は井上ヴォルフガングでしか観なかったので
いつか中川ヴォルフガングで観てみたいものです。
2005年11月13日(Sun) 23:44
編集
さよさん
まぁ年齢的にはパパとか大司教様なんでしょうが、あのキャラは
下様でしょう!クルクルまわしてるし。中川くんイイです。
シンガーさんなので声楽系じゃない歌い方だから新鮮、かつ心地いい
ですねー。よくみつけてきたなー。
2005年11月14日(Mon) 10:41












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。