よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP四季・福岡全国 ≫ ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン 2月4日全国公演その2 ほかのキャストも最高だ!

ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン 2月4日全国公演その2 ほかのキャストも最高だ!

2007年のJCSのことばかり考えていたダメ人間の私。以下参照

十字架刑事(デカ)・ジーザス警部

…どうかしてましたね…恐ろしや…

さて神永ジーザス。たまに感情が爆発するけど基本受け身のジーザス。
とにかくいるだけで圧倒的な存在感とカリスマ性が必要です。
神永ジーの端正な顔立ちと憂い顔はもはや敵なし。
神殿では「わーーーーーーーっ…んあっ」とダメ押しして蹴散らしておりました。

新キャストといえばこの人も。よしづぐヘロデ王です。
四季以外でもいろいろ見ていますが、むしろ四季での役柄のほうがいい!
今回その端正な顔立ちが最高に活きていて、丸山(美輪)明宏さんに激似
さらに下様ヘロデとはまた違った面白みがあって、
途中「ぅわーーぅわーーぅわーー」って異常なテンションで威嚇?したり
綺麗なだけじゃないキャラづくり。

今回本ジョンシモン、賀山ペテロというJCSゴールデンコンビがいるのに
どういうわけか賀山さんは司祭に転んでしまいました。つらいことだけど♪
でも大丈夫。司祭2はスパイだから基本民衆にまぎれています。
だからホサナも誰よりも超全力!優雅!
さすが長年弟子やってただけのことはある。
あと悪だくみするときも美声だから。さすがウィーン少年賀山さん。
本ジョンシモンの「のろわせてくださいローマを↑」は相変わらずカッコよかったです。
晩餐で「一人は私を見捨てるだろう」と言われ、他の弟子にすぐとびかかってエキサイトしてただけに
ユダが裏切り者と知った時の顔が切なかった。
山本マリアはやっぱり聞かせてくれます。キャラ的には乙女度が高いかな。
光川さんは群集のボロボロのときと綺麗な恰好したときのギャップがすごい。
伝さんはもはや親分としか呼びようのない安定感でした。

勢いのあるミュージカルだから今回単純に若返ったのはいいなと思いました。
全国公演のあとの専用劇場リターン公演もあること期待しておりますよ。


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL