よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ミュージカル ビッグ・フィッシュ 2月12日 日生劇場TOPミュージカル ≫ ミュージカル ビッグ・フィッシュ 2月12日 日生劇場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ミュージカル ビッグ・フィッシュ 2月12日 日生劇場

エドワード・ブルーム(川平慈英)は昔から、自らの体験談を現実にはあり得ないほど大げさに語り、聴く人を魅了するのが得意。
自分がいつどうやって死ぬのかを、幼馴染のドン・プライス(藤井隆)と一緒に魔女(JKim)から聴いた話や、
共に故郷を旅立った巨人・カール(深水元基)との友情、
団長のエーモス・キャロウェイ(ROLLY)に雇われたサーカスで最愛の女性、
妻・サンドラ(霧矢大夢)と出逢った話を、息子のウィル(浦井健治)に語って聞かせていた。
幼い頃のウィルは父の奇想天外な話が好きだったが、大人になるにつれそれが作り話にしか思えなくなり、
いつしか父親の話を素直に聴けなくなっていた。


現在と過去、エドワードの回想シーンが交互にはさまれるんだけど川平さんは若いエドワードから
老齢のエドワードにかわってもまったく違和感を感じさせない。
ティム・バートンの映画がもとになっているから、荒唐無稽なエピソードが随所に入ってくるけど
だからこそ舞台向きなんじゃないかと思った。
セットはシンプルだったけど映像の使い方も見事。
一番素晴らしかったのはやはり舞台いっぱいに広がる水仙の花畑のシーン。
キャストは何役もこなしていて大変そうだったけど、見てるこっちは楽しかった。
とくに藤井隆さん!小芝居から目が離せなかった。
大人になってお父さんの盛りに盛った話がバカバカしくなる子どもというのは
エドワードほどじゃないけど、ありがちな話で。ラストはやっぱり号泣だった。
親子の話ってどの年代でもどの国でも普遍的だからいろんな世代の人にみてほしい
ミュージカルだった。求む再演。

脚本:ジョン・オーガスト
音楽・詞:アンドリュー・リッパ
演出:白井晃

キャスト
エドワード・ブルーム:川平慈英
ウィル・ブルーム:浦井健治
サンドラ・ブルーム(エドワードの妻):霧矢大夢
ジョセフィーン・ブルーム(ウィルの妻):赤根那奈
ドン・プライス:藤井隆
魔女:JKim
カール:深水元基
ヤング・ウィル:鈴木福
ジェニー・ヒル:鈴木蘭々
エイモス:ROLLY
東山光明
大谷美智浩
加賀谷真聡
風間由次郎
中山昇
樋口祥久
遠藤瑠美子
加藤梨里香
小林風花
小林由佳
菅谷真理恵
真記子

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年06月04日(Sun) 19:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。