よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ マハゴニー市の興亡 9月11日 KAAT神奈川芸術劇場 その2TOPストプレ ≫ マハゴニー市の興亡 9月11日 KAAT神奈川芸術劇場 その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

マハゴニー市の興亡 9月11日 KAAT神奈川芸術劇場 その2

ベルトルト・ブレヒト、クルト・ヴァイルのコンビといえば
「三文オペラ」これは私もいろんなバージョンをみました。
この作品も初演は1930年。出てくる人全員悪人というアウトレイジな話ながら
過激な現代の舞台を見慣れた今では悪事は思ってたより地味といった印象。

キャストはなんといってもまず山本くん



だそうで、とにかく聴かせてくれます。あと上半身の鍛え方がすごい!
TVでみるよりずっとムキムキしてました。
そして私の一番のお目当てはもちろんこの方
古谷一行さまーーーー
1977年の横溝正史シリーズの金田一として永遠に私の中ではレジェンドです。
そんな古谷さんをこんな間近で…感涙。最近ではカップヌードルのCMで
復活してましたが。

この古谷さん、上條さん、ミエさんの存在感素晴らしかった。
特にミエさんですよ。音楽劇というだけにかなり歌うシーンがあるのですが
御年70歳とは思えない歌唱力に圧倒されました。
またこれが難しい歌ばかりなんだけどサラーっと歌うんだ。

女性陣は全員娼婦なのでみなさん衣装は露出が多いし、
きわどいシーンもあるんですが、ステージシートに小学生女子ズが座ってて
大丈夫かしら…とひとごとながら心配に。
情操教育って大事だけどリトル・マーメイドとかのほうがよくない?
この話全然救われないし。

さて、昼は生山本くんを間近でみて、夜は「真田丸」の関ケ原の戦いを家でみることが
できるぞという幸せな一日でしたが、そこはミタニン。本能寺の変と同じくあっさり終わらせ
「うぉおおおおおおい!三成はーーーー」とひとり突っ込む私でありました。



これをみて三成に思いをはせる。



作:ベルトルト・ブレヒト
作曲:クルト・ヴァイル
翻訳:酒寄進一
演出・上演台本・訳詞:白井晃
音楽監督:スガダイロー
振付:Ruu

【出演】
山本耕史 マルシア
中尾ミエ 上條恒彦 古谷一行

細見大輔 櫻井章喜 辰巳智秋 
Ruu 伊勢大貴 加藤義宗 岸田研二 木村雅彦 今野晶乃 
SALLY 鈴木崇乃 遠山悠介 長友郁真 NAMImonroe 
野沢聡 橋本由希子 早瀬マミ 村田慶介 薬丸翔 
山﨑将平 吉田哲也 立崇なおと


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。