よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 「思い出を売る男」千秋楽 2月28日自由劇場 TOP四季・東京 ≫ 「思い出を売る男」千秋楽 2月28日自由劇場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「思い出を売る男」千秋楽 2月28日自由劇場



物語は、敗戦後の、 どこか不思議な雰囲気の漂う薄暗い裏街が舞台。
一人の男がオルゴールとサクソフォンを奏でながら" 思い出"を売っている。
通りすがりの人間たちは、
戦争によって「過去」と「現在」を大きく隔てられた人々。
音楽によって思い出を呼び覚まされた人間たちは、そこに何を思うのか......


思い出を売る男 松本博之て誰!!

というわけで大抜擢の松本さんをみにいきました。
あのね、石丸さんかと思った。すごく似てた。
浅利さんの好みの顔なのかしら。
さすがに歌はそんなに歌えないけども。
今回舞台主役は初めてで、さらに四季独特のメソッド
母音法特訓もあっただろうし、出ずっぱりだし、
すごいプレッシャーだったと思います。

今回の前説は坂本里咲さんでした。
山口さんの乞食がボロボロの恰好なのにえらく素敵で
日下さんと全然違った印象でこの人は過去になんかどえらいことを
してた気がする…とか邪推。

あと伝さんマジメ!
素っ頓狂な恰好してる広告屋だからもっと遊んでもいいと思うんだけどな。
バチでバトントワリングしてた人もいるし(笑)
そんな下村尊則さんからもロビーにお花届いてましたけども。

松本さんカーテンコールに出てくるたびに
感極まってて涙が抑えられなくなってました。
思わずこっちももらい泣き。

地味だけど美しいいい作品です。
あと、この作品の玲子さんが一番好き。
ロビーに浅利さんがいらっしゃったけど、相変わらずお元気そうで
立ってるだけですごい威圧感でした。

思い出を売る男: 松本 博之 
広告屋: 中村 伝  
 G.I.の青年: 佐久間 仁 
乞食: 山口 嘉三 
黒マスクのジョオ: 斎藤 譲 
花売娘: 勝又 彩子 
街の女: 野村 玲子 
恋人ジェニイ: 観月 さら 
アンサンブル: 田代 隆秀
          畠山 典之 
          山口 研志 
シルエットの女: 石毛 美帆

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。