よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「オデッセイ」TOP映画 ≫ 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「オデッセイ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」「オデッセイ」

宇宙もの2本。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:STAR WARS: THE FORCE AWAKENS
2015米

今度は3Dでみてきました。飛行シーンは3Dだと迫力あります。
次回作ではベニチオ・デル・トロが悪役ということで非常に楽しみ。
個人的にはジェダイの恰好のほうが似合いそうというか
着物とか袴とかお釜帽をかぶせたい。
最近ますます古谷一行化している気がする。

『オデッセイ』: The Martian
2015 米

原題は「火星人」なんだけどそれだとタコ型宇宙人の話かと思われそうなので
原作の「火星の人」というタイトルはいいなと思いました。
オデッセイも長い旅路だからこれはこれでいいと思います。
火星に取り残された宇宙飛行士。次のミッションの宇宙船がくるまで4年
どうやっていきのびるか!宇宙版ロビンソン・クルーソーみたいでワクワクしました。
この絶望的状況下を知恵で乗り切る。さすが宇宙飛行士。
いくら荒唐無稽な話だって石油発掘人だったらこうはいきませんよ。
また音楽が70年代のディスコミュージックだから軽快で楽しい。
ゴールデングローブ賞のミュージカル コメディ部門で受賞なのも納得です。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を思い出しました。
サクサク順調に(いろいろ困難はありつつも)進みすぎなんだけど
そこはあえて突っ込まず有能な主人公を純粋に応援して楽しめる映画でした。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。