よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ アラジン 電通四季劇場海 5月31日 ネタバレ編TOP四季・東京 ≫ アラジン 電通四季劇場海 5月31日 ネタバレ編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アラジン 電通四季劇場海 5月31日 ネタバレ編

先日のnews everyのアラジン道口さん密着。
あれだけ頑張ってまさかの捻挫離脱は残念だったし、
瀧山ジーニーの完成度が高すぎて、さらなるプレッシャーが
かかっていないか心配ですが、道口さんはヒノデロもルミエールも
面白いから期待しかない!あと面白いときの道口さんて
やっぱり声がキン肉スグル声になるんだな。

さて、日本初演「アラジン」初演キャストはやっぱり面白かった。
島村アラジンは一度ライオンキングのシンバで見てるんだけど
あんまり記憶になく、今回は開口セリフがものすごく気になった。
岡本ジャスミンはとにかくもう衣装ですよ。くびれくびれ。
あのアラビアン腹だし衣装を着こなせるヒロイン。
歌うま、きれいだけじゃダメ。大変。

牧野ジャファーはアニメから出てきたみたいなジャファーだった。
…いやアニメ見てないから知らんけど。牧野さんはどの役をやっても
キャラ立ちするから本当に貴重です。
そして酒井イアーゴ。アニメではオウムなのですね。
セリフにもオウムネタありましたが、酒井さん史上最高のはまり役だと思います。
「美女と野獣」だとルフウ枠なのですが、ルフウは本当に難しい役で
なかなか笑いがとれないんだけど、酒井イアーゴは面白かったなぁ。

そのほか 西尾カシーム斎藤オマール白瀬バブカックもそれぞれはまってた。
歌の音域問題もあるけど、キャラクター的には今までやってた持ち役もかぶってて
すごくよかったのではないかと。

で、瀧山ジーニー。
ジーニーの出来で「アラジン」の出来が決まるといっても過言ではない難役。
オペラ畑の瀧山さんがいきなりそのハードルを越えました。
むしろ四季出身じゃなかったのがよかったんだと思います。
四季は基本アドリブ厳禁だから道口さんはすごく悩んでたし。
ただ歌って踊ってしゃべり倒してシングルは大変だと思います。
面白度でいうと芋洗坂係長でもよかったんだろうけど、オーディションの時点で
あれだけ息切れてたんじゃあの長いナンバー毎日こなすのは無理でしょう。
第三のジーニー一体誰がやるのか気になります。

というわけでふんだんにあるダンスやリモコンで動くセット(他の演目は人力も多い)
謎の空飛ぶ絨毯(前でみると仕掛けわかるかも)
おなじみの「 A Whole New World」等々見所盛りだくさんなんですが

結局ジーニーがもってっちゃうよねーー

ということで全然ネタバレでもなかった。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。