よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ モンティ・パイソンのSPAMALOT featuring SPAM® 赤坂ACTシアター 2月28日TOPミュージカル ≫ モンティ・パイソンのSPAMALOT featuring SPAM® 赤坂ACTシアター 2月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

モンティ・パイソンのSPAMALOT featuring SPAM® 赤坂ACTシアター 2月28日

2005年トニー賞に14部門がノミネートされ
最優秀ミュージカル賞、最優秀女優賞、最優秀演出賞の3部門受賞した
ミュージカルですが、そもそも日本人にはあまりなじみのない
イギリスの「アーサー王伝説」をベースにした75年の
「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」という映画を元につくられています。

脚本と作詞はモンティ・パイソンのメンバー、エリック・アイドル。
ついこの前同じくメンバーのテリー・ギリアムが来日していました。
私の世代では「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の監督のほうがしっくりきますが。

コメディミュージカルはどんなに欧米で受けようが、元ネタがわかりづらい日本での上演は
厳しいだろうなと思っていたところ、2011年「勇者ヨシヒコ」でおなじみの福田雄一さんが
まさかの日本版の脚色・演出で上演。そして今回の再演に至るわけです。

かなり日本向けに脚色されてるんだろうなーとは思ったものの、大筋や曲はそのまま
すごく面白かったです。小ネタもバンバンはさんでくるし、
何しろ主役のアーサー王のユースケ・サンタマリアさんをはじめ
ムロツヨシさんに皆川猿時さんに池田成志さんにマギーさんといった
何かやってくれるだろうというメンバーです。

とはいえ、いったいこれどのくらい脚色してるんだろうということがわからなかったので
久々にパンフまで買ったけどあんまり元ネタ情報はなかった。1900円もしたのに!
いつも思うのですが、写真集的なのじゃなくてもっと読み物的なものであればいいのに
と思うのは私だけでしょうか。

ボケまくる演者につっこむマギーパッツィとか多分日本仕様なんだろうなとは思いますが
どうなんでしょう。
そのほか。
貴水ロビン卿。貴水さんてほかにも舞台でてるけど、ここまでやるんだと思いました。
 最初誰かわからなかった。ただ声高いキャラだったのでちょっとなにしゃべってるか
 わかんないとこあった。
・意外や笑いとりまくりの松下ガラハッド卿。若いのによくやりきったなー
・歌ウマ枠平野貴婦人。歌い上げてました。
「出番が少ない!この前まで帝劇にでてたのよー 本当はデスノートに出たかった」(笑)
無理やりテンションあげて笑い取りにいかなくてもいいかなとは思いましたが。
・オペラ座、レミゼのパロや、人種・宗教ネタもふんだんにあります
・バカミュージカルかと思いきや、曲がかなりよかった
遠藤瑠美子さんもでてました。そう、結構ダンスもあるんです。

「フルモンティ」も評判よかったみたいだし、今後も福田さん演出舞台は要チェックだなと
思いました。あとミュージカルには珍しいんだけど男性客が多かった。

【脚本・作詞】エリック・アイドル
【音楽】ジョン・ドゥ・プレ、エリック・アイドル
【企画・上演台本・演出】福田雄一
【出演】
ユースケ・サンタマリア…アーサー王
平野綾…湖の貴婦人
ムロツヨシ…マルチ
松下優也…デニス・ガラハッド゙卿
貴水博之…ロビン卿
マギー…パッツィ
皆川猿時…ベデヴィア卿&マルチの父(親方様)
池田成志…ランスロット卿

小暮キヨタカ  坂元宏旬  高原紳輔  夏樹 弘
横山 敬  横山達夫 秋山千夏  遠藤瑠美子
可知寛子  鈴江真菜  伯鞘麗名  福田えり

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。