よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ルーヴル美術館展に行ってきたTOP展覧会 ≫ ルーヴル美術館展に行ってきた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ルーヴル美術館展に行ってきた

2月21日から6月1日まで開催されている
新国立美術館のルーヴル美術館展に行ってきました。
大人気のルーヴルですから、早めにいかないとと
息子を幼稚園に預けてすぐ六本木へ。
平日で開館と同時に入ったにも関わらず、たくさんの人でした。
2月の時点でこれだから5月あたりは混みこみで
ゆっくり絵をみるのは難しそう。
今回のテーマは16世紀初頭から19世紀半ばまで
約3世紀半にわたるヨーロッパ風俗画ということで、
絵のなかに隠された意味や人々の生活など、なかなか興味深かったです。

目玉作品が初来日フェルメールの「天文学者」
当たり前ながら印刷物でみたものより全然違って
光の描き方が美しかった。

すぐお迎えなので軽くお茶だけして帰ろうと
2階のサロン・ド・テ・ロンドで特別メニュー
マスカルポーネのムース チョコレートソース
ドリンク付きケーキセットを注文。



今月は今日から始まったサントリー美術館の若冲と蕪村
同じく新国立美術館の25日から始まるマグリット展(音声ガイドは石丸幹二さん)とか
六本木が熱い!のであります。くーーー楽しみ。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村


Comment

ルーブルも若冲も行きたいんですけど
編集
ルーヴル行かれたんですか。平日でも激混みとは、体力は大丈夫でした?
若冲も行きたいのですが先が思いやられます。

先日フェルメールの全作品を日本橋で堪能してきました。
終了後も銀座でやっているようです。複製画なので写真撮影OKと言うのが凄い。
http://www.re-create.gallery/vermeer2015q2/flier/flier.pdf
音声ガイドは小林薫と宮沢りえなので某番組気分になれます。
2015年03月21日(Sat) 22:17
haruhicoさん
編集
今はそこそこ混んではいるけど
まだじっくり絵画をみる余裕はあります。
終盤だと「天文学者」の前あたりは人の頭しかみえないかもしれません。
フェルメール作かといわれている「聖プラクセディス」も
ちょうど今月から西洋美術館で展示されてますし、数少ないからこそ
楽しめるといったこともあるでしょうね。全部みられるっていうのは
本当にいいなぁ。
2015年03月23日(Mon) 09:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。