よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ レディ・ベス 帝国劇場 千秋楽 5月24日TOPミュージカル ≫ レディ・ベス 帝国劇場 千秋楽 5月24日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レディ・ベス 帝国劇場 千秋楽 5月24日

あっという間の東京千秋楽。
カーテンコールの映像もすぐあがるし、東宝公式仕事が早い。

2回の観劇で、ありがたいことにWキャストも
平方フェリペをのぞいて、全員みることができました。
平方さんはあの恰好じゃなくても普通にかっこいいからいいとして
今回ばかりはかぼちゃパンツを着るために生まれてきた男こと古川フェリペ
またみることができて大満足であります。
普段着として着用していても全然おかしくないと思う!

花總ベス、本当にお姫さまでした。あそこまで姫だとロビンとの
身分違い感がすごくてこの2人の急に燃え上がる恋にちょっと納得。
一番よかったのはやはりラストの戴冠式。
まだ最後まで迷いや不安の残る少女らしい平野ベスもよかったけど
花總ベスは完全に今までの葛藤を捨てた女王様の顔でした。
せっかくだからラストは「エリザベート」の1幕ラストみたいな
客席からため息がもれるような美しい登場の仕方でもいいと思います。

育三郎ロビンはやはり衣装がすごく似合ってて、チャラい吟遊詩人もハマってました。
もしかして、あの人は重圧におしつぶされそうなベスがみた幻なんじゃないか。
「女王になんかならずに僕とネバーランドに行こう!」とか言いそう。
あんまり似合うからピーターパンが紛れ込んでいるかのような違和感。

石丸アスカムの鬘はおでこだしてて祐一郎アスカムとはまた違った感じ。
キャラクターも理論派で冷静にベスの女王としての資質を見抜き、導く頼もしい家庭教師。
祐一郎アスカムは根拠はないけど自信満々で
「この星があなたが女王になるといっているーーーー」

と断言する占星術師というか預言者ぽい。
しかしこの知的で素敵な石丸さんをみていると
やはり「エリザベート」では皇帝のほうでみたいんだよなぁ。

吉沢メアリーは小さいし、もしかしたらベスよりかわいらしくみえてしまうのではと
危惧していましたが、歌もパワフル、何より愛されないメアリーの悲哀をひしひし感じ
すごくよかったです。カテコの挨拶でも言ってたけど、東宝ではこういう役ばかりだから
また元気でかわいい役でもみたいものです。「M!」のナンネールは吉沢さんでも
いいような気がする。

そして古川フェリペ。花總ベスと並んでたらお人形さんが2人いるみたいでした。
若干キャラも歌も弱いのが残念でしたが、もう古川フェリペは立ってるだけでいい。
これ、吉野さんとかがやったらすごいことになりそう。
シモンでさえ、抑えてたけど随所ではじけてたし。
そんな古川フェリペ、映像ではカットされてましたが
カーテンコールの挨拶でしょっぱなの緊張のためか「本日はミュージカルロミ…」とうっかりロミジュリと
言いそうになり、場内爆笑。隣の禅さんがぐいぐいつめよってました(笑)
司会のいっくんには「後で楽屋きなさい」と言われる始末。
そしてこれを受けて吉野シモンも「本日はミュージカル「モーツァルト!」にご来場いただき…あ!」(笑)と
笑いをとってました。

2度目だと曲も耳に残るし、結構ハマってきました。
地方公演も控えてるけど
・ロビンとベスの甘々パートをどうにかする(ターザンロープとか)
・アン・ブーリンさすがに歌多すぎ(でも和音アンは大好きだ)
・メアリーとのいきなりの和解を納得いく流れに
・訳詞とセリフの変更。(お姫様が「地獄に落ちろ」とかいうかな)

この辺、どうにか改善してほしいと切に願います。

脚本 / 歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 / 編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出 / 訳詞 小池修一郎

エリザベス1世:花總まり
メアリー1世:吉沢梨絵
ロビン・ブレイク:山崎育三郎
フェリペ:古川雄大
アン・ブーリン:和音美桜
シモン・ルナール:吉野圭吾
ガーディナー:石川禅
ロジャー・アスカム:石丸幹二
キャット・アシュリー:涼風真世

ヘンリー・ベディングフィールド:大谷美智浩
トマス・ワイヤット:中山 昇
バギー・リンガー(吟遊詩人):平間壮一
ホラティウス・スィフト(吟遊詩人):加藤潤一
スクラッド・トター(吟遊詩人)寺元健一郎
首切り役人:笠原竜司

サセックス伯爵他:朝隈濯朗
宿屋の主人他:伊藤潤一郎
フェリペの廷臣他:榎本成志
フェリペの廷臣他:奥山寛
貴族の男他:川口大地
道化他:黒沼亮
フェリペの廷臣他:高橋卓爾
トマス・パリー他:武内 耕
道化他:田中秀哉
ベスの御者ケニー他:橋本好弘
フェリペの廷臣他:松下湧貴
宿屋の主人他:山名孝幸
僧侶他:横山達夫

メアリーの御女スーザン他:池町映菜
貴族の女他:石田佳名子
フェリペの愛人他:石原絵理
フェリペの愛人他:樺島麻美
女官他:小松春佳
フェリペの愛人他:島田 彩
エミリー・レノックス他:真記子
居酒屋のウェイトレス他:安岡千夏
ヴェイオリンを弾く女他:柳本奈都子

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年06月04日(Wed) 23:05
六月四日の鍵コメさま
編集
お返事遅れて申し訳ありません!
相変わらず本人もすっかり忘れてた10周年(笑)毎度毎度コメントいただいて、あ、そうか!と気づく始末です。
さらにもう最近は放置気味だというのに本当にありがとうございます。
シスアクのミツヲ氏、悪かっこよかったけど、出番自体は少なかったし、やっぱりレミゼですね。というかもはやレミゼレギュラーとして定着した感じで感慨深いです。
これからもよろしくお願いします!
2014年08月14日(Thu) 21:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。