よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 鑑定士と顔のない依頼人TOP映画 ≫ 鑑定士と顔のない依頼人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

鑑定士と顔のない依頼人

結局今年映画館でみた映画は
「パシフィック・リム」
「風立ちぬ」

そしてこの「鑑定士と顔のない依頼人」の3本だけでした。
家でもなかなかみる時間がないし、外なら尚更。
どうしてもという3本でしたがこの最後の1本が曲者でした。

監督は「ニュー・シネマ・パラダイス」でおなじみの
ジュゼッペ・トルナトーレ。この作品も単館系公開で
私の住んでいた九州の端っこにきたときには東京公開からかなりたっていましたが
それでも感動のあまりしばらく呆然としていたことを思い出します。
監督は公開当時まだ33歳。いやはやこの人は今後どういった映画をとるのだろう。



それから約22年。
彼はその後も数々の映画を撮ってきました。
有名どころではティム・ロス主演の「海の上のピアニスト」
モニカ・ベルッチ主演の「マレーナ」などがありますが

 

私の中ではもはや一発屋監督でありました。

そんな監督の最新作はミステリでものすごく評判がいい。
これは一発屋返上か。
上映館が少ないので昼前ですでに13時の回は満席
16時の回も残り2席という状況でした。


以下盛大なネタバレ


























そのまんまじゃないですか?

あの鑑定士以外みんな最初っから
「んなウマイ話なんかないって!」と思ってるわけですけど。
ちょっと偏屈だけど童貞こじらせたおじいさんにみんなで詐欺ってひどすぎる…
きっと最後にすごいどんでん返しが待っていると信じ
がんばってがんばって最後までみたのにあまりの欝展開にもう声もでません。
だいたいドナルド・サザーランドが出ててチョイ役のわけないし。
ジェフリー・ラッシュはさすがだった。だからこそ哀れ度が増しました。
ジュゼッペ・トルナトーレ…私の中ではいまだ一発屋。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村



11/30 15:56のコメント様
今年はレミゼにつきる1年でした。
本当にお疲れ様でした。よくのりきった!
息子は幼稚園に行くことが決まりましたが
私の通院時は近所の保育園の一時保育にまだまだお世話になる予定です。
保育士さんにはいつもいつも感謝しております。
来年は新しい場所でまた頑張りましょう。
そして舞台にも行きましょうね。

12/10 20:19のコメント様
JCSいかがでしたか?
なんだかんだいいつつやっぱり大好きなJCS。
演じている役者さんたちは大変だと思いますが
最近四季離れの私もJCSがある限り通い続けることと思います。
やっぱりジャポは誰にも真似できないすばらしい演出だと思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。