よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン 千秋楽12月1日TOPミュージカル ≫ ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン 千秋楽12月1日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン 千秋楽12月1日

今年もやってきました
ジーザス・クライスト=スーパースター
去年新しく誕生した神永ジーザスとジーザス役を経て
ユダに戻った芝ユダ、また今年もでるのか野村マリア

正直な感想を言いますと、JCSは大好きだし、
確かにこの時期に上演する意味はあると思うけれど、
この3人に関しては去年とあまり変わらないし、
決して悪いわけではないんだけど新鮮味もないというわけで
だったらもう少し次の上演まで期間をあけて
客の渇きを待ったほうがいいような気がします。

去年の自分の感想読んだら、今年感じたこととほぼ同じ
・神永ジーザス第一声が弱い
・芝ユダジーザスを経験したせいか役作りがシンプル
・野村マリア客に心配させてどうする


神永ジーザスは去年出てきたときにすごく美しい理想のジーザスだったので
今年の期待が大きすぎました。去年より開口が目立ってました。
千秋楽だから見かけなかったけどもしかして浅利さんがいたのかな。
浅利さんがきてるともれなく舞台上が開口祭りになるのがイヤだ。
とはいえやっぱり芝ジーザスよりも神永ジーザスでみたいし
「ゲッセマネの園」の激しさは神永ジーザスならではですごく好きです。

芝ユダはジーザスを経てからすごく達観したようなユダになった気がします。
神永ジーザスが若いからなおさら落ち着いてみえる。
それはそれで芝ユダ新たな境地ということでいいんですが
エルサレムバージョンはもっとガムシャラでわんぱくなユダがみたい気もします。
このキャラは静かなジャポネスクバージョンのほうが活きるんじゃないかな。
乙女ユダことスンラさんもいないし、
かといって田中ユダファンには申し訳ないけどシンバユダは絶対にもうみたくないし
あぁミツヲユダ…あなたのような勢いのある反抗期の青年のようなユダがまたみたい。

さて野村マリアですよ。
相変わらず可憐で美しい野村さん。
しかし歌になると観客が思わずこぶしを握り締めて
「どうにか…どうにか持ちこたえてくれ」と祈るマリアって。
この舞台はアンサンブルでベテランの夏木さんや
礒津さん
が支えていらっしゃるのでただ元気で若い群衆だけではなく
すごく舞台に幅がでていいなと思っているのですが
野村さん群衆枠には出ないんだろうなぁ。

今回の一番の見どころはWファントムの出演。
高井カヤパ村ピラトです。
特に高井カヤパ様は2004年以来?ということでかなりお久しぶり。
本編は非常に悪そうでしたが、カーテンコールでは
元気よく腕をふりあげ
「ドリフ大爆笑」ばりの華麗な横ステップをふむ姿に爆笑。
エルサカテコはこれがあるからやめられません。

あと維田さん!こんな危ない傾斜舞台に維田さん出すなよー。
でも冒頭とラストだけしかいなかったと思うんですが
これまた維田さんの無駄遣い。カーテンコールも並んでお辞儀したあとは
しばらくでなくて最後のほうだけ両手を広げてました。

北澤ヘロデはとにかく美しかった!粘っこくて厭味ったらしい感じの
ヘロデですごくよかったです。ヘロデのキャラクターが固まってきた感じ。
確かに下村ヘロデほどのインパクトはないけど、あれはもう
「下村ヘロデショー」だからJCSとは違うコーナーになってるんじゃないかと
最近思います。パンフレットに名前があったのでジャポはシモ様でしょう。

アンサンブルはベテラン青山さんに脇坂さん
伝さんにおなじみ安東さんに小野コロさん。

小野コロさんの首ふりトランスを今年もみることができて
うれしかったです。鞭うちは青山さんだったけど
青山さんてものすごくかっこいいしキャリアも長いけど
なんというかJCS向きじゃないというかサラっとやってる印象があります。
個人的にはドS上出さんみたいな鞭打ちみたいものです。

総合的に群衆がおとなしい。役者さんには酷だけど
舞台から転げ落ちんばかりに激しいJCSがまたみたい。
だいたい一番感動した舞台って初見のものが多いと思うのですが
JCSに関してはいついっても感動するけど2007年の京都千秋楽が
マイベストで、それは柳瀬ジーザス、スンラユダ、珠マリアの全身全霊を傾けた
舞台であり、それにもましてアンサンブルさんの気迫が半端なかったから。
2007年のJCSを経験すると、ここ数年のJCSカンパニーも
もっとできるはずだと思うのです。
JCSって役者さんはついつい高揚しちゃう演目だと思います。
実際は演出でやりすぎるなと言われてるんだろうけど
だがそこがいいんだ!やりすぎるくらいがちょうどいい。
次回さらなる飛躍したJCSを待っています。
あ、その前にジャポありますね。

ジーザス・クライスト 神永東吾
イスカリオテのユダ 芝 清道
マグダラのマリア 野村玲子
カヤパ(大司教) 高井 治
アンナス(カヤパの義父) 吉賀陶馬ワイス
司祭1 佐藤圭一
司祭2 清水大星
司祭3 真田 司
シモン(使徒) 佐久間 仁
ペテロ(使徒) 五十嵐 春
ピラト(ローマの総督) 村 俊英
ヘロデ王 北澤裕輔

アンサンブル 青山裕次 脇坂真人 維田修二
中村 伝 渡久山 慶 鈴木智之
安東 翼 小野功司 江川 潤
小松貴行 森内翔大 天野勝仁
宇田川 宰 小川純弥 進藤拓実
佐藤夏木 礒津ひろみ 鄭 雅美
木内志奈 林 香純 小島由夏
園田真名美 新保綾那 岸田実保
光井さや 塩入彩音 福久彩香

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment

ああ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
編集
わかりますわかります!!
JCS大好きなのですが、私も2007年を超える舞台は最近おめにかかってません
あの群衆の凄さ!!
あれを越えられるステージをみせてほしいです
2013年12月06日(Fri) 21:37
ハイタカさん
編集
あの年はとにかくアンサンブルさんの熱気がすごかったですよね。
スンラユダの入り込みかたにもびっくりしたけど。
JCSは大好きなのですがみている客のほうもこう毎年やると
飽きてきたところもあると思います。
次回は2年後くらいがいいなぁ。
2013年12月09日(Mon) 18:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。