よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ソング&ダンス60感謝の花束 10月12日 川口総合文化センター 2幕TOPミュージカル ≫ ソング&ダンス60感謝の花束 10月12日 川口総合文化センター 2幕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ソング&ダンス60感謝の花束 10月12日 川口総合文化センター 2幕

ここから2幕の印象に残った曲。
1幕の感想はココ

「もうすぐ17歳」(サウンド・オブ・ミュージック)
松元リーズル、斎藤ロルフ
どちらも本公演でも同役をやっているので、すごく自然。
飯田ロルフもみたかったけど。
しかし松元さんもほかの2人の女性シンガーも綺麗。
四季に限らずうまいけどビジュアルは地味目な女優さんは結構いるけど
やっぱり見目麗しい女優さんはいいですね。

煉獄のおいらたち-暴走族-(夢から醒めた夢)
冒頭の「パラリラパラリラ♪」に客席失笑気味の笑い。
イヤな予感がしましたが、タップメインで面白かったです。
歌は田邊さん。もちろん族にはみえません(笑)
横に西尾族がいたので不思議な気分。

煉獄のおいらたち-ヤクザ-(夢から醒めた夢)
出た!飯田兄ヤクザ。カンカン帽にアロハは結構似合ってますが
なんつーか上品なヤクザでした(笑)
ミツヲヤクザの豪快な「殴り込みだぁ!!!」が懐かしいな…。
芝さんはハマりそうですね。賭場寸劇も前回ほどはなく
あくまでも歌の背景としてだったのでよかった。
光川姐さんの「お粗末な人生ね」はウケてました。

煉獄のおいらたち-部長-(夢から醒めた夢)

飯田弟部長。メガネにスーツ。萌えます。

最後に崩れ落ちた部長にかけより
歌いだす「何のためにー生まれてー♪」
「アンパンマンのマーチ」

客席大うけ。この曲だけがミュージカルに関係ない
三木先生の曲だったんだけど、アレンジがゆっくりしているので
聴かせます。ここに来るお客さんは四季が好きだったり、
ミュージカル曲が聞きたくてくるんだから演歌だったり
万人にこびる必要はないと前回は思いましたが、
こういうしっとりした演出だったら違和感ないので
1曲くらいはいいのかなと思いました。
しかしやなせたかし先生もお亡くなりになってしまったなぁ。

明日は近づく(ジョン万次郎の夢)

心を開いて(ジョン万次郎の夢)

あきらめないで(ジョン万次郎の夢)

ジョン万祭りです。
3曲も!うれしすぎる。
本当に本当にジョン万にはいい曲が多いんです。
特に男性陣3人で歌った「明日は近づく」がよかった。
3階席にいたのでよくわかりませんが
「心を開いて」は客席おりがあったのかな?
「あきらめないで」は松元さんが歌います。

スーパースター(ジーザス・クライスト=スーパースター)
飯田アニユダーー(爆笑)
すごく上手い。ノリノリ。
けど…なんか…面白い…
飯田兄アンサンブルに始まってペテロにカヤパにシモンにユダまでやっちゃって
「ひとりジーザス・クライスト=スーパースター」できるな。
ま、なんだかんだ言っても結局飯田カヤパ様が一番好きです。

ロビーでは俳優さんたちがお見送りしてくれたのですが
案の定大変なことに。人だかりで誰がいるかさっぱりわからず
並んでみてお目当ての俳優さんが別の列にいるとわかった人たちが
横に流れ、後ろからはまたお客さんが押し寄せ…。
目の前の列に飯田アニと西尾さんがいたので握手してもらいました。

これがねぇ、お見送りがあるなんてなんにも知らない地方公演だと
混雑する前にと急いで飛び出したもののロビー私ひとりみたいな
恥ずかしいことになるわけですよ(笑)

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。