よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP映画 ≫ ビックロ行ってパシフィック・リムみて

ビックロ行ってパシフィック・リムみて

一部で評判のいい「パシフィック・リム」がどうしても映画館でみたくて
検索したらもうどこでもやってない!
池袋のシネマサンシャインでかろうじて夜2回上映してるみたいだったので
行くことにしました。

時間つぶしに新宿のビックロへ。
ユニクロ安くてシンプルで好きなんだけど
色が実物はイマイチなのが多いのが残念で
ネットで買うのは躊躇してしまいます。

そんななか久々のヒット
ストレッチダウンベスト+5990円
ウルトラライトダウンみたいにテラテラしてなくて
どの色もいい。私は紺を買いました。
大型店特別商品なので買える店舗は限られますが。

パシフィック・リムはゴジラと特撮とロボットアニメで育った
日本人男子なら大興奮する内容でした。
ギレルモ・デル・トロ監督のオタク魂が炸裂!
日本をかなり意識していて、敵はKaiju
ヒロインの森マコは菊地凛子が演じています。
通常アジア系はチームのカンフー要員くらいなのに
ガッツリヒロインです。
最後には
『この映画をモンスターマスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ』
という言葉もあります。
いやーーーーロケットパンチとかね、たまらんですね。
大人が存分に楽しめるロボット&怪獣映画です。
難点はちょっと映像が暗くて造形がわかりづらいとこがあったくらいで。
マコの子ども時代を芦田愛菜ちゃんが演じてるから少しは
とりあげられてたけど、これもっと宣伝してほしかったなぁ。
こういう映画って見る前からスルーされがちだけど、
日本人にこそみてほしい映画です。

久しぶりに3Dみましたが、多少奥行は感じられるけど
アトラクションみたいだし頭痛くなるし3Dである必要はあまり感じません。
作品が素晴らしいからそんな小細工はいらないのです。
この興奮を熱くダンナに語りましたが、ガンダム世代なのにガンダムみたことがないうえに
特撮にも興味がないのでまったく話にならず。
せっかく男に生まれたのになんで興味ないんだよー(余計なお世話)
もったいないなぁ。(多分むこうもそんなものによく熱くなるなと思っている)
それから声優陣がすごくて、玄田哲章さんに古谷徹さんに三ツ矢雄二さんに千葉繁さんに
池田秀一さんに…唯一の芸能人枠がケンドー・コバヤシ。でもすごくよかった。
こういう愛ある吹き替えはうれしいですね。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL