よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ SEMPO 〜日本のシンドラー 杉原千畝物語〜 9月21日 新国立劇場中劇場TOPミュージカル ≫ SEMPO 〜日本のシンドラー 杉原千畝物語〜 9月21日 新国立劇場中劇場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

SEMPO 〜日本のシンドラー 杉原千畝物語〜 9月21日 新国立劇場中劇場

待ってました!再演。
今回、吉川杉原はそのままにキャスト、脚本一新ということで
楽しみにしていました。

ストーリー
1939年7月。外交官としてフィンランドに赴任していた杉原千畝
(吉川晃司)は、日本人のいないリトアニアに日本領事館を開設するよう命じられる。
2か月後、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発する。
その頃ポーランドでは、ナチスによるユダヤ人迫害が激しさを増していた。
ノエル(坂元健児)と婚約者エバ(白羽ゆり)にも魔の手が迫り、
ノエルはリトアニアへの脱出を決意する。
だがエバの父の反対を受け、二人は離ればなれに。
やがてリトアニアにも戦火が及び、ソ連より日本領事館の閉鎖命令が下る。
その直後に杉原が目にしたのは、領事館を取り囲む、200人以上のユダヤ人。
ノエルら代表団は、第三国への出国に必要な日本の通過ビザの発給を懇願する。
本国に電報を打つ杉原だったが、返答はもちろん「否」。従うべきは、組織か、人の道か……。
苦悩の果てに、杉原はついに決断を下す。


ちなみにこれ→2008年初演の感想

初演で1幕最後までひっぱって歌わせなかった吉川センポの歌も早い段階でアリ。
今回も2幕は涙なしには見られない展開でした。

が!いろいろ惜しかった…。
これだけの耳に残る曲と良キャストをそろえたのになぁという思い。
今回は、地方公演のご希望が沢山あったのですが、
新国立劇場でしか出来ない演出がある関係で、
実現出来ず、申し訳ございません。

って公式にあったから期待してたのに
セットと呼べるものがなかった…
まさか最後の列車が遠くに去っていく演出と盆をまわしたいだけで
ここしかできないといってるんだったら今すぐ地方にもっていってあげてください。
1幕はほとんどなんにもない舞台に椅子やテーブルとかに照明のみ。
これ、吉川さんとかファンティーヌやってたマルシアさんだから
一人で立っててもどうにかなるけど、中劇場の広い舞台ではあまりにもさみしすぎ。
広い舞台のすみっこで役者さんたちがチマチマ演技してて本当にもったいなかった。
あと場面転換が多すぎ削るかもっとスムーズに進行していかないとみててツライ。
となりの小劇場でやってた「OPUS/作品」もセットは椅子と譜面台と
小道具のみだったけど役者さんがうまい具合に自分で動かしたり、ハケたりしてて流れもよく、
「SEMPO」のガランとした舞台の上を椅子だけがひっこんでいくという
盆の使い方がなおさら残念におもえました。土曜日なのに空席もあったし、
この演出ならもう少し小さいハコでやったほうがよかったのになぁ。
というか何かを削ってでもセット作るべきでしょ。書き割りでもいいからバックになにかほしかった。
あ、もうひとつ。初演時もそうだったったんだけどポスターがダサい。
あのポスターみて観に行こうという気にならない。コージのスター性が見事に消されてしまってます。
杉原さんの功績は大きいけどそれよりまず作品でしょ。ほかのキャストに至っては写真すらないし。

と、いろいろグチグチ言いましたが、ここ数年の私が見た日本のオリジナルミュージカルのなかでは
「SEMPO」が一番好きなんですよ。だからもったいないなぁと。

キャストはまずわれらがコージ吉川。1幕が若干胡散臭さ満載ですが。
実在の人物、実話だけにミュージカルとしてはどうしても地味なんだけど
主役に華があるから(セットのまずさも)のりきれるところがあります。
吉川さんほかのミュージカルでもみたいなぁ。

坂元ノエルは驚くくらい永遠の青年。
初演の今拓哉さんはちょっとキラキラカップルっぷりが気恥ずかしかったんですが
なんなんでしょう。このサカケンのシンバ(byライオンキング)っぷりは。
歌も本当に気持ちよかった。
栗様演じる秘書グッシェ。初演では普通にアンサンブルかと思ってたら
意外や重要でオイシイ役で泣かされました。キャラ的にはやっぱり
田村雄一グッシェがあってるかなぁ。栗様はもっと軽快な役のほうがいいような気がします。

女性陣もみんなよかったのですが、話題作りかしらとか思っていたAKB48の
片山陽加せっちゃんが予想外によく、演技も自然、歌も歌えてました。

あ、子役の山田瑛瑠ソリーもよかったなぁ。

カテコはスタオベで盛り上がり「SEMPO」コールも。
吉川さんは千畝さんを演じたあとなので盛り上がることなく
じっと拍手を受け止めておりました。栗様も小さく手をふってました。


演出・振付:上島 雪夫
作曲:中島みゆき / 吉川晃司 / PETER YARIN / 脇田崚多郎
脚本:川﨑 登

出演者
杉原千畝 吉川晃司 / 杉原幸子 鈴木ほのか / ノエル 坂元健児 / エバ 白羽ゆり
杉原節子 片山陽加(AKB48) / 松岡洋右 山本芳樹(Studio Life)
シモン Kimeru / ニシュリ 和田琢磨 / ファルバスク 永山たかし
グッシェ 栗原英雄 /ガノール 熱海将人 /ルネ 水野栄治
踊り子 徳垣友子 / フランツ 関戸博一(Studio Life)
外務省職員 飯田太極 / ニーナ 近藤亜紀 /ユダヤの民  中本雅俊 / ユダヤの民 下道純一 /
トニー/ユダヤの民 大木智貴 / ペーター/ユダヤの民 那須幸蔵 / ビル/ユダヤの民 中島康宏 /
コレオ/ユダヤの民 佐々木誠 / 大臣夫人/ユダヤの民 遠藤瑠美子 / ユダヤの民 香月彩里 /
ユダヤの民 可知寛子 / 伯鞘麗名 / 鈴木花奈 / 大胡愛恵 / 鈴木莉菜 / 石毛美帆 / 相馬毬花 /
細田藍良 / 加藤綾香 / ソリー 山田瑛瑠 / 杉原弘樹 小島幸士
外務省秘書官 宮本竜圭 / ローゼンツ あぜち守 / ジョゼフ/陸軍将校 河内喜一朗(Studio Life)
エリーゼ マルシア / カイム 沢木順


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。