よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 大野麥風展  東京ステーションギャラリーTOP展覧会 ≫ 大野麥風展  東京ステーションギャラリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

大野麥風展  東京ステーションギャラリー

先日、うっかりKITTEにハマり時間切れで
いけなくなった念願の

大野麥風展
「大日本魚類画集」と博物画にみる魚たち
に行ってきました。

『大日本魚類画集』全72点やその原画、摺り見本などの関連資料を初めて東京で公開するもので、
麥風の卓越した魚類木版画作品をご紹介いたします。
さらに、作家活動を初期から振り返り、旅先で出あった国内外の風景や、
愛らしい小動物の作品なども展示し、画業を展覧いたします(公式より)


ということで、まだまだ残暑が続くこの日、ギャラリー内は多くの魚が泳いでいて
涼しげでした。



入場券がフグなのもカワイイ。

とにかく魚がリアルで今にも動き出しそうなほど。
なのにかわいらしく、さかなくんじゃなくても
ぎょぎょーと叫びたくなることうけあいです。
また各作品に添えられた上田尚、田中茂穂らの解説が
面白くて、生態だけじゃなく、魚こうあるべし!みたいな
主張もあったり。

円谷プロのキャラデザインをしていたことでも知られる
杉浦千里の甲殻類の作品ほか栗本丹洲や高木春山の作品も展示。



図鑑好きだった私には見ごたえある展示でした。
夏は魚だ。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。