よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 二都物語 帝国劇場 8月4日 贅沢なんだが地味TOPミュージカル ≫ 二都物語 帝国劇場 8月4日 贅沢なんだが地味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

二都物語 帝国劇場 8月4日 贅沢なんだが地味

東宝ミュージカルオールスターズが贈る
新作ミュージカルはディケンズの二都物語。
最近では4月にオーブで草彅剛さん主演の二都物語も
上演されていました。

あらすじ
18世紀後半、イギリスに住むルーシー・マネットは、
17年間バスティーユに投獄されていた父ドクター・マネットが
酒屋の経営者ドファルジュ夫妻に保護されていると知り、パリへ向かう。
父娘でロンドンへの帰途の最中、フランスの亡命貴族チャールズ・ダーニーと出会うが
彼はスパイ容疑で裁判に掛けられてしまう。
そのピンチを救ったのはダーニーと瓜二つの酒浸りの弁護士シドニー・カートン。
3人は親交を深め、ダーニーとルーシーは結婚を誓い合う仲になる。
密かにルーシーを愛していたカートンだが、2人を想い身を引くことに…。
しかしダーニーは昔の使用人の危機を救おうと祖国フランスに戻り、
フランス革命により蜂起した民衆たちに捕えられてしまう。(公式より)


まずセットがシンプル。
盆舞台で回る2階建ての建物と4枚の板のみ。
シアタークリエくらいだとちょうどいいのかもしれないけれど
帝国劇場の舞台だとちょっと物足りなかったです。
衣装でもセットでもいいから無駄にゴージャスなものが
ここではみたいという欲求があります。

キャストに関しては見事にハマってました。

特に四季退団後ようやくみることができた濱田マダム。
どうも退団後の演目には食指が動かなかった。
濱田さんて役柄によってものすごくハマるときと
まぁそうでもないときがあって、こういう念のこもった
役はいいですね~憑依しすぎて怖かったけど(笑)
民衆をあおるとこなんて、「アイーダ」の
ローブのダンスとか神が愛するヌビアみているようでした。
かなり怨念こもった蜂起ですが。
やっぱり歌聞くとスゴイと思う。

井上、浦井両東宝王子はさすがの存在感。
特にラストの井上カートンは涙なしにはみられませんでした。
あの状況なのにいい笑顔なんだ。

すみれルーシーは綺麗!このメンバーのなかにいると
さすがに歌が劣るけど、歌は稽古すればいい。
容姿はそうもいきません。それだけに白のドレスは
小麦色のすみれちゃんにはちょっと似合ってなくて残念。
黄色のドレスはよかったのにな。
ただルーシーの描き方がさらっとしてるせいか、
すみれルーシーがあっさりしてるせいかどうもヒロインとして
薄味だった。普通に綺麗な御嬢さんって感じ。

で、やっぱり脇を固めるベテラン勢がいい!
私の大好きなパパ枠役者今井さんをはじめ
わかりやすい悪役岡さんに福井さん宮川さん
塩田さんにさとしさんにハゲ頭でがんばってた原さん
(原さんはなんでレミゼにも呼ばれたのかわからなかった。
お疲れ様です)

曲は歌い上げ系が多くて聞きごたえがありました。
でもそんなに残らない。
あとパリ、ロンドンを舞台にしているからか
あわただしい。笑えるシーンもあったりして
面白かったけどリピートするかといわれるとないなぁ。
レミゼは偉大だと再確認しました。

原作:チャールズ・ディケンズ
脚本・作詞・作曲:ジル・サントリエロ
追加音楽:フランク・ワイルドホーン
翻訳・演出:鵜山仁

シドニー・カートン井上芳雄
チャールズ・ダーニー浦井健治
ルーシー・マネットすみれ
マダム・ドファルジュ濱田めぐみ
ドファルジュ橋本さとし
ドクター・マネット今井清隆
バーサッド福井貴一
ジェリー・クランチャー宮川 浩
サン・テヴレモンド侯爵 岡 幸二郎
ジャービス・ロリー原 康義
ミス・プロス塩田朋子
弁護士ストライバー原 慎一郎
安部誠司/奥山 寛/さけもとあきら/管谷孝介/武内 耕/谷口浩久
寺元健一郎/松澤重雄/溝渕俊介/森山 純/山名孝幸/横沢健司
石原絵理/岩﨑亜希子/樺島麻美/河合篤子/木村帆香
保泉沙耶/真記子/三木麻衣子/やまぐちあきこ

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
 

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。