よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ レ・ミゼラブル 前楽 帝国劇場 7月9日 その2 幸せは続くよTOPミュージカル ≫ レ・ミゼラブル 前楽 帝国劇場 7月9日 その2 幸せは続くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レ・ミゼラブル 前楽 帝国劇場 7月9日 その2 幸せは続くよ

そのほか。
・最後にしてやっとみた田村工場長。あんまりスケベじゃない。むしろ怖い。
ファンテーヌへの「でてけ」(低音ボイス)なんか
もう白竜。Vシネに出てきそうな工場長でした。
司教様のほうがはまるとはびっくりです。

鎌田クールフェラックは学生のなかにいると目立ちます。
 この日はほかに萬谷クラクスー杉山コンブフェールといった
プリンシパル兼任キャストがいて、なんだか贅沢。

福井バルジャンでも「彼を帰して」はちょっと物足りなかった。
この歌に関しては祐一郎バルジャンが一番好きです。
そのほかのシーンは影武者でもいいけど。

ミツヲジャベールのモッサリ具合はラッセル・クロウぽかった
シュッとしたジャベールが多いから、こういうジャベがいてもいい。

・横に長い新セットはやはり2階でみるとしっくりきます。
近くでみるとちょっとあざといなぁと思う照明も然り。

カテコは福井さん司会でアンサンブル代表で鎌田クール、
青山コゼット、綿引エポニーヌ、上原アンジョルラス、谷口マダム
KENTAROテナルディエ、山崎マリウス、知念ファンテーヌ
吉原ジャベール
とあいさつがありました。
くわしくはここで

楽といってもまだ地方公演、11月の凱旋公演があるので
皆さん最後といった感じではありませんでした。
ボソボソ小さな声でしゃべるクールな上原アンジョの
マネをする出演者続出。上原さん「オレ?オレのマネ?」と
まわりに確認し、ぺこりと頭をさげていました(笑)
ミツジャベは初見のお客さんがうっかり惚れてしまいそうな
ダンディでソツのない挨拶。リトコゼちゃんを抱え上げたり、
バイバイさせてあげたりとあいかわらず子役にやさしいミツヲさんでした。

福井さんて四季時代もイベントでみることはなかったのですが、
結構しゃべれて面白い人なんですね。最後幕あけるときにひとり出てきて後ろ向きのまま
かっこよく指ならしてたのも面白かった~
あそこミツヲさんはよいしょって幕を持ち上げたんだけど。
役者さんの性格がでますね。

新演出で今回一番よかったのは
無駄にカーテンコールをひっぱらないこと
前楽なのに4時半過ぎには終了。でも十分客席も盛り上がったし
このくらいでちょうどいいと思います。

・劇場で配布されている「トリコロール新聞」最終号一番面白かった。
キムさんとミツヲさんは四季時代から仲良しなんですね。
2人共演したのってみたことないからすれ違ってたとおもってました。
2005年はまだミツヲさんもムファサ(ライオンキング)やってたから
キムさんに教えてたのかもしれません。
そして相変わらずキムさんの微妙な私服センス…。

地方でも発行するそうですが、この人はこのシーンでこの役をやってるとか
舞台上の情報が欲しいです。新演出では歌うパートが変わってたりするし
女性アンサンブルさんはほとんど「女」になっちゃったし。
学生はこういう役作りしてるとか。素顔の写真じゃアンサンブルさんは
わかんないんですよね。

11月凱旋首を長くして待ってます!

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ
 

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。