よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ レ・ミゼラブル 帝国劇場 6月1日 吉原×鎌田 TOPミュージカル ≫ レ・ミゼラブル 帝国劇場 6月1日 吉原×鎌田 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レ・ミゼラブル 帝国劇場 6月1日 吉原×鎌田 

日比谷シャンテのレミゼカード
3度目の吉原バルジャンを引き当てました。
ザキヤマさんミツヲジャベカードが欲しい。

さて、プレビュー公演以来のミツバル
坊主頭の傷は粘土で作ってるらしいです。
そういうリアルさがさすが。そしてものすごく似合う。
日本人が外国人を演じる見た目の不自然さをミツヲさんには感じません。
もはや修行僧のような囚人バルですが、中身は大型犬
今回の「独白」の吠えっぷりは尋常ではありません(笑)
でも私はこのミツバルの独白が前回公演から大好きで
聞いているとだんだん「ジーザス・クライスト≒スーパースター」の
「ゲッセマネの園」を聞いているような感覚に襲われます。
浅利さんのミツヲジーザス案も「なんという無茶ぶり」と思ったものの
今、それもアリかもと思わせる心動かされる「独白」です。

さすがに3回目の観劇ともなると新演出も見慣れてきました。
納得いかない面もあるけれど、今更旧演出に戻ることもないし。
新演出で好きなのはミツバルの「独白」のあとLes Misérablesと
タイトルがドーンとでるところ。ワクワク感が増します。

残念なのはこの日は前方サイド席で、アンジョルラスが階段で歌うところが
完全に見えませんでした。照明も暗いし、ほかの学生たちも後ろ向いてるから
何がなんだか。あと上手サイドだとバルジャンがジャベールを逃がす場面が
ものすごく遠い。中央舞台が何もしてないのがもったいない。

プレビューに比べて変更点も多くなっています。
「エピローグ」も「お前は愛した母が預けた子だ 私は父じゃない」
歌詞が戻ってました。5月11日は新しい歌詞のえーと
お前は母が命を投げ出し私に託したー♪(うろ覚え)みたいなほうだったから
そのあとまた戻したみたい。個人的にはどっちでもいいかな。
意味は伝わるし。

駒田テナルディエは6年ぶりにみたんですけど
こんなに怖かったっけ?というくらい怖かった。
新演出のテナルディエはコミカルなところも強調してるんだけど
全然コミカルじゃなかった。とにかくどこもかしこも悪い。
斎藤テナに通じるワルさでありました。テナの本質をみたなぁ。

カマンベールこと鎌田ジャベールはジャベ顔なのがスキ(どんな顔だ)
中条きよしと高橋ジョージを足して割ったみたいな(どこがジャベだ)

和音ファンテーヌがものすごく力強くなってました。
というか今期のファンテは強い。
前回の「こんな状況下でも夢見てそうな和音ファンテ」が好きだったから
ちょっと違和感だけどその分演技も激しくなっててぐっときました。

昆エポニーヌは小さいから「坊や」って呼ばれたり、マリウスに子ども扱いされるのが
ハマってます。特に今回の新演出には合うなぁ。山崎マリウスなんか高い高いしちゃうし。

エピローグのミツバルは本当にうれしそうで
口元はゆるいわ、なんかエヘヘーって顔してるわで
コゼットと別れて一気にボケたんじゃないかと思わせるのですが
ファンテがお迎えしてからのシャッキリぶりがその対比でまた笑えます。
みんなと並んで歌ってるミツバルの顔が本当に
清々しくて前向きで泣けてくるんだ。これが。
笑ったり泣いたり大変ですよ。

この日、ミツヲバルジャンのマイクの位置が横から口にすごく近い位置で
むむ…大丈夫かと思ってましたが、カーテンコールでは
「Hoo----!」と叫んでました(笑)
大丈夫そうです(笑)
翌日はマイクはおでこになってました。
福井さんも無事7日に復帰できる模様
福井さんオフィシャルブログ
まだ長いですし、無理せず1日1日頑張ってほしい。


ジャン・バルジャン吉原光夫

ジャベール鎌田誠樹

エポニーヌ 昆 夏美

ファンテーヌ 和音美桜

コゼット 若井久美子

マリウス 山崎育三郎

テナルディエ 駒田 一

マダム・テナルディエ 森公美子

アンジョルラス 野島直人

司教 古澤利人
工場長 石飛幸治
バマタボア 赤座浩彦
グランテール 菊地まさはる
フイイ 上野哲也
コンブフェール 杉山有大
クールフェラック 高舛裕一
ジョリ 川島大典
プルベール 杉野俊太郎
レーグル 持木悠
バベ 櫻井太郎
ブリジョン 森山大輔
クラクスー 萬谷法英
モンパルナス 大津裕哉
ファクトリーガール 池谷祐子
買入屋 廣野有紀
かつら屋 柳本奈都子
マダム 本田育代
女 児玉奈々子
女 王子菜摘子
女 清水彩花
女 穂積由香
女 島田彩
女 松本ほなみ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ
 

Comment

編集
オイラも、光夫バルジャン見たよ。
独白、良かったですよ..ぜーぜーしながら歌ってたよ...
席が後ろだったので、細部は見えなかったけど、坊主なのは判りました。
映画・フランケンシュタインのフランケンにも思えたかな....(汗)
2013年06月04日(Tue) 23:11
じてネコさん
編集
独白、感動と笑いが交互にやってくるという
すばらしいソロだと思います(ほめてます)
坊主頭、頭に傷もあるんですよ。
バルジャンハマリ役なのになんで今期
ジャベだけだったのか謎です。
2013年06月05日(Wed) 17:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。