よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPミュージカル ≫ レ・ミゼラブル 帝国劇場 5月11日 その2 僕イケメーーン

レ・ミゼラブル 帝国劇場 5月11日 その2 僕イケメーーン

新演出に関しては、セット自体が大きくなったことや
映像を使っている点、また各キャラクターの描かれ方など
わかりやすくなったのかなと思います。
それがいいかどうかは個人の好みですが私はまだ慣れない。
独白の「生まれかわるのだーー♪」のあとに
Les Misérablesとタイトルがドーンと出るのは
演劇的ですごく好きですが、やっぱり時間の経過はわかりづらい。

一番割を食ったのは学生のリーダーアンジョルラス
登場シーンも前より地味になり、最期はリヤカー退場。
いくらカリスマといえど、所詮ただの学生の1人なのだ
というリアルさを出しているのかもしれないけれど
旧演出のアンジョをみているから、もう少しアンジョの
見せ場が欲しいところ。
アンジョ演じる野島さんはアンサンブルのブルベールはみてますが
前回のマリウスは見ていません。
見た目アンジョよりマリウスのような気もしていましたが、
実際本人をみると
とてもカッコイイ狩野英孝にみえてくる始末
あと瞳孔めっちゃ開いててコワイ。

一方、前より目立つようになったのがガブローシュ
「町はガブローシュにまかせておけよ♪」のあとに
どうぞ!って感じでエポが歌いだしたり
非常にかわいらしさ全開。の割に一番の見せ場のシーンは
歌声しか聞こえないという…。
(でもここは前は盆舞台ならではの見せ方だった)
とどめをさされるのもアンジョルラスよりドラマチックだし
出番も明らかに多い。エポニーヌが撃たれているのを
いち早くみんなより発見するのもガブ。
パンフ買ってないからわかんないんですけど
姉弟設定は今回もナシなのかな?

さてプレビューもこのコンビでみたKENTAROテナルディエ
森クミマダム。森クミさんは相変わらずの安定感。
ただ早くもやりすぎ注意報が出てたなぁ…。
KENTAROさん初役とは思えないくらいハマってました。
特にテナルド男爵の恰好が似合う!
KENTAROさんもモンパルナスからジャベール、そしてテナと
ふり幅すごい。むりやりくくるとバルジャンの敵グループなのかしら。

宿屋のシーンはアメリカのアニメみたいになっちゃいました。
途中入ってくる女性たちが「美女と野獣」のシリーガールズ風だったり
小鳥をミンチにしちゃうときに羽がブワーっと舞ったり
テナルディエ夫妻はヒドイやつらなんだけど、シーン自体はコミカル。

あとガヤの音量がかなり絞られてて、あんまり気にならなくなりました。
プレビューの時は歌ってる最中も掛け声がとぶからイラっとしてたんだけど
これぐらいだったらいいかも。
ただバルジャンがジャベールを撃ったフリしたあとに
「よくやってくれました!」っていうセリフはなんだか
違うような気がする。

エピローグに司教様がいるのはすごくいいと思います。
でもバルジャン司教様を見つけても
「どうも」って頭さげるだけだからイマイチ感動が薄い。
あの人が一番大きな存在だと思うんだけどなー

そんなこんなのレミゼ2013・2回目観劇でした。
次回は6月。早くミツバルに会いたいぞー

☆追記☆
劇場にあるフリーペーパートリコロール新聞に
ついにミツヲさん登場!幼少時、若花田に似ていたという田村(雄一)さんに
「あどでー、ぼぐはねー」とバナナマン日村の貴花田するミツヲさん(笑)
それに冷静に「いや若花田」ってかえす田村さん。
いいぞーライオンコンビ!しかもミツヲさんの顔が!(笑)
前回の借りてきた猫状態がウソのようです
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ
 

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL