よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013に行ってきたTOP座長公演コンサート ≫ ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013に行ってきた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013に行ってきた

クラシック音楽祭ラ・フォル・ジュルネに行ってきました。

同時併行的に約45分間のコンサートが、
朝から晩まで繰り広げられるこの音楽祭、入場料も安く
手軽にクラシック音楽が楽しめるイベントとして
日本でも2005年から開催されています。

今年のテーマは「パリ、至福の時」19世紀後半から現代まで、
パリを彩ったフランス、スペインの作曲家たちの
作品を中心に演奏されます。

私たちが行ったのは
0歳からのコンサート
その名のとおり、赤ちゃんも入場可の公演です。
曲目は
ビゼーの「カルメン」組曲第1組曲
ラヴェルのバレエ≪ダフニスとクロエ≫第2組曲

入場料は1人1500円です。

会場の国際フォーラムホールAは一番広い会場で
5008席あります。もちろん大人が多かったけど、
入り口はたくさんのベビーカーが並んでいて一安心。
うちのポン太がおとなしく聞いているとは思えないけど
これだけ赤ちゃんがいたら多少グズっても大丈夫そう。

石丸幹二さん進行、解説で
フランス国立ロワール管弦楽団の演奏が始まります。
石丸さん今日も朝からさわやか。

ビゼーは持ってきたミニカーに夢中でゆっくり聞くことができました。
が、ラヴェルは飽きてきたのか、席を立ちたがるポン太。
ついに脱走し、広い会場を走りだすポンさん。
そして必死で追いかける母。
ようやくつかまえると席に戻って押えました。
1歳未満のほうが抱っこしていられるから楽。
2歳児は飽きると大変です。

とはいえ会場のあちこちから泣き声がきこえたり、サイドには
赤ちゃんを抱っこしながら音楽を聴くお母さんたちもたくさんいました。

あんまり後半ゆっくり聞けなかったけど、(しかもぐったり疲れた)
やはり生の音楽はいいですね。
ほかのプログラムも参加したかったなぁ。

その後は中庭にたくさんでている移動販売で
ローストビーフ、鴨スモーク、チキングリルプレートと
ケバブを食べました。天気がいいのでポン太もご機嫌。

実はワタクシ、翌日と日程を間違っておりまして、
朝起きてチケットをみていたダンナ
「あれ?これ今日じゃない?」にビックリ。
その時点で開演1時間前。

ダンナ&ポン太はもちろんまだパジャマ。
急いで着替えてダッシュで駅へ。
急ぎすぎてポン太の靴まで忘れる始末。
しかしどうにか10分前には有楽町駅に到着できたのでした。
いやーあせった。

帰りに日比谷シャンテでスタバのコゼットラテをテイクアウト。
ミツヲバルジャンカードが出たよ~
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ
 

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。