よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ レ・ミゼラブル プレビュー公演 帝国劇場 4月27日 その1ネタ満載。TOPミュージカル ≫ レ・ミゼラブル プレビュー公演 帝国劇場 4月27日 その1ネタ満載。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レ・ミゼラブル プレビュー公演 帝国劇場 4月27日 その1ネタ満載。

期待半分不安半分で観に行った新演出のレ・ミゼラブル
プレビュー公演なので今後も若干の手直しはあると思いますが
久々のS席だったのと旧キャストの安定感もあってか
私はまぁアリでした。

まず大幅に変わったセット。盆舞台ではなくなり、全体的には演じる幅は狭くなったものの
サイドは高く、花道まで使っています。今回は前方センターだったからよかったけど
ほかの席だと見え方はどうなるのでしょうか。
背景は映像だったのですが、綺麗で違和感なくセットに馴染んでいました。
下水道のシーンがなかなか面白かった。

とりあえず思いつくままに書きます。

映画版はこの新演出に準じてつくられていると思うので、
(パンフレットが販売してないので新レミゼ演出の詳細がまったくわかりませんが)
ああ、本当に映画と一緒だというシーンがたくさんありました。
冒頭の船のシーンに加え
ミツヲ24653が坊主(笑)
とても似合ってたけど和製ヒュー・ジャックマンというより
座頭市の勝新のようでした。

音楽のアレンジも変わっててオープニングは旧版のほうが好みだけど
多分今後だんだん慣れてくると思います。

ミツヲ坊主バルの狂犬っぷりはさすが。
大型犬放し飼い注意。

工場長の「このスベタ!」が淫売に変更。
さすがにスベタはね。

時間の経過とともにでる年号と場所
1815年ツーロンとかが一切なくなったのは残念。
ただでさえ流れがはやいレミゼなのに
仮出獄→いきなり市長(市長ヅラに)がさらにわかりづらくなりました。
ミツヲ市長見た目はまさか30代とは思えない貫録。
なんとなく今井バルを彷彿させるなぁ。
キヨパパ大好きだからああいう路線のバルジャンになってほしい。

そして最大の見どころバルジャンVSジャベールの「対決」
見た目ダンディなのに、相変わらず狂犬っぷりをかくせないミツバル
思わずビクウッッッッッッってビビる川口ジャベ(笑)
こいつとは対等に戦うのは無理だとばかりに
長い鎖のついた手錠という名の武器をとりだす川口ジャベ。
しかしあっという間にとりあげられ、鎖で首を締め上げられる川口ジャベ。

アアアーーーーアー♪
私の頭の中に響き渡る移民の歌
あ、あんたバルジャンというより、もはやブロディ(笑)
注・ブルーザー・ブロディ(レスラー・1946-1988)
強い!強すぎる(笑)がんばれ!まったく勝てる気しないけど
がんばれ川口ジャベ。

なんだかまだ1幕途中だけど続く。

ジャン・バルジャン 吉原光夫
ジャベール 川口竜也
エポニーヌ 笹本玲奈
ファンテーヌ 里アンナ
コゼット 若井久美子
マリウス 原田優一
テナルディエ KENTARO
マダム・テナルディエ 森公美子
アンジョルラス 上原理生

司教 古澤利人
工場長 石飛幸治
バマタボア 赤座浩彦
グランテール 丹宗立峰
フイイ 上野哲也
コンブフェール 杉山有大
クールフェラック 高舛裕一
ジョリ 篠田裕介
プルベール 安部三博
レーグル 持木悠
バベ 櫻井太郎
ブリジョン 北村がく
クラクスー 萬谷法英
モンパルナス 西川大貴
ファクトリーガール 三森千愛
買入屋 般若愛実
かつら屋 柳本奈都子
マダム 本田育代
女 浅野実奈子
女 藤咲みどり
女 石田佳名子
女 穂積由香
女 岡井結花
女 松本ほなみ

ガブローシュ鈴木知憲
リトル・コゼット武田有紀子
リトル・エポニーヌ近貞月乃


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ
 

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。