よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ レ・ミゼラブル 12月23日 TOHO日劇TOP映画 ≫ レ・ミゼラブル 12月23日 TOHO日劇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レ・ミゼラブル 12月23日 TOHO日劇

待ちに待ったレミゼ映画版。
映像だと迫力があるのと舞台背景がわかりやすい。
特に冒頭のシーンは映画ならでは。
マリウスのおじいさんだったり、バルジャンが逃げ込む
修道院だったりと原作からもってきたエピソードも
物語をスムーズに進行させてくれます。
全体的には新曲も入っているので、舞台より15分くらい
削られてるのかなと思いますが、そんなに気になりません。
ガブローシュのちび犬ソングも入ってたのはうれしかった。

この映画の特徴は通常ミュージカル映画は
リップシンクでとることが多いのですが、同録でとっていること。
演じるほうは大変だと思いますが、役者さんたちの気持ちの入った
素晴らしい歌でした。

舞台経験のあるヒューバルジャンはともかくとして
最初ラッセルジャベ?その昔バンドを組んでたという
話は聞いたことがあるが…と不安でしたが、泥臭くて
いいジャベールでした。
ミツヲジャベもこういう路線になりそうな感じがしますよ。
そんな舞台版「レ・ミゼラブル」の宣伝もあったTOHO日劇。
場所柄舞台ファンも多いのか、映画館ではめずらしく
終幕後に客席から拍手がおこりました。
司教がバルジャンを演じていたコルム・ウィルキンソンだったのも
うれしかったのですが、おなじみバルジャン改心の銀の燭台場面のほかに
ここぞというところに登場。あの人あってのバルジャンだから
この演出はよかったー。
希望のラストに号泣しながらも、やっぱり舞台がみたいなあと
あらためてレミゼ熱があがってしまいました。

監督 トム・フーパー
キャスト
バルジャン: ヒュー・ジャックマン
ジャベール: ラッセル・クロウ
コゼット : アマンダ・セイフライド
ファンテーヌ: アン・ハサウェイ
エポニーヌ: サマンサ・バークス
マリウス : エディ・レッドメイン
アンジョルラス: アーロン・トヴェイト
テナルディエ : サシャ・バロン・コーエン
マダム・テナルディエ: ヘレナ・ボナム=カーター
司教 : コルム・ウィルキンソン

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。