よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「青い鳥」四季劇場秋 10月11日TOP四季・東京 ≫ 「青い鳥」四季劇場秋 10月11日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「青い鳥」四季劇場秋 10月11日

公式サイトに「ダイヤモンドアフタートークショー」の模様が
でていますが、一番盛り上がったあの方の写真はさすがにないですね。
これは~悪夢か~♪だーれーもー知らない♪真実シモー女王♪

さて、3年前にみた「ドリーミング」のキャストがなかなか豪華だっただけに
今回はどうなることかと思っていましたが
(初舞台や初参加の俳優さんが多かった)
脇が安心してみられるのは本当に頼もしいです。

ストーリー
奥深い森の中にあるきこり小屋。クリスマスイブの夜、チルチルとミチルの兄妹は、
きれいに飾り付けられ、ご馳走がテーブルを飾るパーティでにぎわう
となりの家をうやましそうに眺めていました。
そんな二人の前に突然、妖婆ベリリューヌが現れ、
病気の娘のために“青い鳥”を探しに行って欲しいと頼みます。
妖婆はふたりにダイヤの付いた帽子を渡します。このダイヤを回すと、
不思議なことにこれまで見えなかったものの“本当の姿”が
はっきり見えるようになると言うのです。
そしてチルチルがダイヤを回すと…小屋は光に満ち、太っちょのパン、
美しい水、牛乳、砂糖、火、イヌやネコの精が次々と姿をあらわし、
歌い踊ります。そしてチルチルとミチルは彼らを供に
「青い鳥」を探す旅へ出かけることになります。(公式サイトより)


飯村チローはライオンより好きだし、
林チレットは抜群の安定感。
お供で出番の多いパンはええ!内田さんかと思ったけど
歌もあるし、結構重要ですよね。パン似合ってました。
そして待ってました!伊藤火
ミツヲ火が暴れん坊の空気読めなさ満点アホっぽさ全開だった
…いい意味で!いい意味でですよ
のに加え、この火という役は目立つわりに
牛乳、水とともに影うすトリオなんですが
イトジュン火は豪快なんだけど、長くゴンゾをつとめてたからか
チルチルミチルを見守る目があたたかいアニキ風味の火でした。
公演委員長も務めているということで、すっかり中堅俳優さんになってしまったなぁ。

そして今回の目玉はもちろんこの人
下村夜の女王兼ベリリューヌ兼ベランゴー
基本的に女性が演じるこの役は前回の「ドリーミング」では
ベリリューヌとベランゴーを光川愛さんが
母親チルと夜の女王と母の愛を白木美貴子さんが演じていました。
だがそこはシモ様
俺様が全部やりますとばかりにおばあさんからドレス姿の魔法使い
セットに同化してる小林幸子状態の夜の女王まで
まるで前半は下村劇場。
ちょっとクドイくらいのこんな役が本当に似合います。
本人いわく次回はどうやらヘロデ王が待ってるらしいです。
また張り切っちゃうんだろうな(笑)
…いや、まさか王様は王様でも12月開幕の
はだかの王様だったらびっくりですが。

そのあおりをうけてしまったのが小林光
下村夜の女王そのほかに対抗するには、ちょっと弱いかもしれません。
かといって佐渡さんが光をやると最後に隣の娘で出てきたときに
…ちょ、ちょっとムリ…となりそうなので、この役は難しいところです。
沼尾光は娘役も違和感なくかわいかったなぁ~

土井チルチルは若干開口が気になりましたが
ボーイッシュでかわいかった。
岸本ミチルは子役俳優としてゆるぎない位置におります。
というか岸本さんは素の状態でもかわいらしいです。

生まれる前の子ども、弟妹がチルミルより大きいのは
今回しょうがないかなと思います。
前回は子役だったから演技云々よりなによりリアルだった。

この舞台子供向けかと思いきや、哲学的な内容で
大人にこそみてほしい良作なので、客の入りがイマイチなのが
もったいないです。

チルチル : 土井礼子
ミチル : 岸本美香
犬のチロー : 飯村和也
猫のチレット : 林 香純
パン : 内田 圭
火 : 伊藤潤一郎
水 : 松元恵美
牛乳 : 石野寛子
砂糖 : 丹下博喜
光/隣の娘 : 小林由希子
ベリリューヌ/夜の女王/ベランゴー : 下村尊則
母親チル/母の愛 : 佐渡寧子
父親チル : 田代隆秀
祖母 : 斉藤昭子
祖父/カシの大王/時の老人 : 種井静夫
【男性アンサンブル】
田中廣臣
須永友裕
龍澤虎太郎
廣野圭亮
大竹康平
酒井良太
村山 剛
水野 言
【女性アンサンブル】
熊本梨沙
守山ちひろ
高井渚紗
久田沙季
高木美千子
岩本有花
新保綾那
堀口由紀子
濱田恵里子
秋山 舞
滝沢和貴
原田美欧


以下拍手返信です

10月5日のカギこめさま
基本的にひと月1本と決めてますが
(それでもふつうの人よりははるかに多いんですが)
今月は響人にエリザベートガラコンを入れていたのです。
四季はキャストが直前にわかるからどうしても
ねじこみになってしまいますね。

10月11日のかぎこめさま
名古屋いますぐとんでいきたいところです。
「アイーダ」の3人全員みたことないのですよ~
昔だったらひゅーんとすぐ行ったものですが
さすがに今はムリ。なかなかうまくいかないものですね。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。