よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 「エリザベート」稽古場見学会4月24日 帝国劇場稽古場 1TOP舞台・イベント ≫ 「エリザベート」稽古場見学会4月24日 帝国劇場稽古場 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「エリザベート」稽古場見学会4月24日 帝国劇場稽古場 1

ありがたいことに当選した見学会。
なるべく詳細にレポいたします。

整理番号順に楽屋口に入ります。
エレベーター前には神棚。
と、そこへさわやかに石丸さんご出勤!
我々にも「こんにちは」と気さくに挨拶してくれました。
いくつになっても石丸さんはやっぱ王子様だわ~

靴をはきかえて稽古場へ。
雑然とした稽古場は想像以上に狭い印象。
帝劇舞台サイズだからそんなことないんだろうけど
まわりにピアノや小道具などがたくさんあるし、人が多いからそう思えるのかも。
カメラなどマスコミの皆さんはすでにセッティング済みで
おそるおそる中に入ると、高嶋さんが「こんにちはー」と
ニコニコお出迎えしてくださいました。
明らかに私たち見学者待ちで、お客様状態なのに緊張しながら
稽古場を横切って見学席に座ります。
ほかのキャストの皆さんも和やかにお話してたり、清史郎くんも
すっかりカンパニーのアイドルと可してる様子。
そんな中、きょうナンバー披露の岡田さんはブツブツいいながら
稽古場を真剣な表情でいったりきたり。

演出助手さんかな?「ではルキーニさんどうぞ」の声とともに
高嶋さんルキーニモードに。
「ミルク」(高嶋政宏、アンサンブル)
「ミ~ルク…ミールク…新鮮なー」と始まりました。
舞台と違って同じ目線で繰り広げられるミルクはすごい迫力。
アンサンブルさんは稽古場いっぱいに広がって踊るので
足踏みの振動がスゴイ。高嶋ルキーニは曲中、見学者もあおるなど(笑)
さすがサービス精神旺盛。岸エルマーのええ声がひときわ際立ってました。
大拍手に高嶋さんニコニコとうれしそう。
高嶋「本番よりはお客さんを意識してやったかなー(笑)
皆さん(稽古場は)初めてですか?こんな二酸化炭素が充満した(笑)」

司会 まもなく高嶋さん1000回ですが
高嶋「ルキーニの依頼を受けたときに一回ことわったんですけど
六本木のワインバーで酔っぱらって
(小池さんに)「やる?」「やりますよー」」
と受けちゃったエピを披露。
前回の舌の色は緑だったけど、今回はまだ考えてないとのことでした。
高嶋「この舞台に立ってる人全員ゾンビですからね」

「ママ、何処なの?」(マテ・カマラス、加藤清史郎)
清史郎くんセットの上に抱っこしてのせられてカワイかったー
始まる前は恥ずかしそうにしてたけど、歌が始まるとさすかプロ
顔つきがかわります。マテトートはトートの格好が似合いすぎる。
今回ルドルフがおもちゃの拳銃を持っていて
中にはハプスブルグの紋章の旗が入ってて、
銃をとりあげたトートがルドを狙うという演出になってました。
歌が終わったらマテと清史郎くんギュウとハグ。
司会 ルドルフと共通しているところとしてないところは?
清史郎 「共通していないところはひ弱なところと
僕は意外と一人ぼっちではないので(笑)共通点はうーーーーんと…」
マテ「ガンバレ!」(笑)
清史郎「ちょっとだけ泣き虫っぽいというか
そういうところは似てます」

司会 清史郎ルドルフ点数にすると
清史郎 「83点とか、6点とか」←中途半端な数字(笑)
マテ「なぜ?」
清史郎「まだまだ全然目標に達成できてないところが
たくさんあるので頑張ります」
マテ「僕は自分の日本語に対して47点です(笑)」

マテは周りに支えてくれてありがとうとすごく感謝していました。

長くなりそうなので続く。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。