よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ソング&ダンス The Spirit 10月30日 四季劇場秋②TOP四季・東京 ≫ ソング&ダンス The Spirit 10月30日 四季劇場秋②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ソング&ダンス The Spirit 10月30日 四季劇場秋②

王道ソング&ダンスだった1幕ですが
2幕はカオスでした。

三木先生自身が歌う「さくらの花よ泣きなさい」
しっとりはじまったかと思ったら
陽気で派手な阿久津さんが客席から登場し「口上」
阿久津さん胡散臭っーー(笑)
一昔前のアジアンスターみたい。
こういうアホっぽい(いい意味で)阿久津さん好きです。
この枠、パンフに名前のある芝さんは容易に想像できるけど
福井さんだと南極大陸より客席が寒くなるのではないでしょうか。
というか見たくない。福井さんにコレやらせないで…。

続きまして「夢から醒めた夢」より
「煉獄のおいらたち 暴走族~ヤクザ」
いま、暴力団とのつながりが散々問題になっているのに
なぜこの曲チョイス(笑)ある意味タイムリー。
しかも賭場寸劇が始まっちゃったよーー
なんだこりゃあ。ボコられる飯田弟くんを
助けようとするカトクミ姐だけど結局飯田君ボコボコやられっぱなし。
そこへ和服の弥生さんがやってきて「夜桜お七」
…やはりカオスとしかいいようがない。

「曙光」は太鼓に三味線、鼓と和楽器演奏です。
「花の時・愛の時」は李さんと飯田さんの歌がすんばらしかったー
とともに斎藤兄弟と相原姉妹の双子ダンスのシンクロ具合がさすが!
斎藤兄弟はどちらもいろんな演目で活躍してるけど
双子であることをここまで活かせる演目はないからなぁ。
浅利さんがトチくるって
「ルイーゼとロッテ勉強しておくように」とか言わない限り。

「おれたちゃペドロ一家」は無駄に贅沢なワラシたちでした。
阿久津ペドロに智恵ダンジャ飯田ゴンゾ(さすがいい声枠。あ、それはイトゴン限定か)
青山モンゼ(やはりモンゼはちっちゃこくないといかん)
というわけで種井ヒノデロ(笑)
中途半端な女形キャラになるよりはこういうヒノデロもいていいと思いました。
この歌ちょっと長いからユタ好きな人じゃないと飽きるかなぁ。

さて2幕最大の、
いやこの演目最大のヤッチマッタナー演出

「ふり向くな君は美しい」

まさかの応援団。まさかのなでしこサッカーチーム。
まさかのスローモーション試合。なんだこの寸劇。
西尾さんが真顔でオーバーヘッドキック手伝ってるのをみて
こっちもどういう顔でみればいいのやらという気分になりました。
前イベントでミツヲさんと熊谷さんが応援団やったときは
ものすごい盛り上がったけど本編の舞台ではみたくないなぁ。

そんな放心状態の私を癒してくれたのは
「明日は近づく」byジョン万次郎の夢
これが聞きたかったの(涙)。三木先生の世間のだれもが知ってる曲より
こういうあんまり一般には知られてないけどすごくいい曲書いてるんだよという
選曲をしてほしかった。
種井さん、飯田さん、李さんの男声ヴォーカルだから
なおさら涙腺がゆるみました。ジョン万ズも今ほとんど
四季に残ってないけれど、ジョン万魂は不滅です!

で、カーテンコールに
2曲もまた演歌が。
男声の「津軽海峡・冬景色」もまた重厚でいいんだけど。
「時のながれに身をまかせ」が「じんせえそれさえ~♪」と
しっかり四季節になってたのも笑ったけど。
餅は餅屋というか上手いんだけどしっくりこないんですよね。
同じことは演歌歌手の歌うポップスにも言えるんですが。
演歌歌うくらいなら「ユタと不思議な仲間たち」から「夢をつづけて」を歌ってほしかったなぁ

ところでなにげに演歌系の出番も多かった飯田さん
ヤクザも飯田さんが歌ってたし。それだけは収穫。
あと李さん歌班なのにすごい動いてたなー

ヴォーカルパート  
李涛 
阿久津陽一郎 
種井静夫
飯田達郎 
 
井上智恵
真優香
青山弥生 
 
コーラスパート 
神永東吾 
廣瀬聖人 
光田健一 
真田司 

ダンスパート 
水原俊 
萩原隆匡 
西尾健治 
大森瑞樹 
朱涛 
玉井晴章 
斎藤洋一郎 
斎藤准一郎 
 
加藤久美子 
駅田郁美 
相原茜 
相原萌 
相場杏奈 
須田綾乃 
井上佳奈 
高田直美 

Comment

編集
カオスに身をゆだねたくなりました(笑)
2011年11月05日(Sat) 01:03
No title
編集
同じ日に見てました。お会いしたかったな。
なんかもう、行くとこまで行っちゃった感ありますが、これが複数回見るとなぜか癖になるのですよ。
「ペドロ一家」は確かにユタ好きじゃないと飽きるかも。
本家の皆さんも頑張ってますよ。
それにしてもジョン万!ぜひ来年こそ再演を。
2011年11月06日(Sun) 18:33
ハイタカさん
編集
好きな人にはたまらない演目だと思いますが
今回はそんなソンダンファン向けなのか
一般の人向けなのか盛りだくさんすぎて
よくわかりません。
2011年11月08日(Tue) 22:46
ビーンズさん
編集
同日でしたかー。
贅沢なペドロ一家とか好きな人にはたまりませんよね。
ユタも全国だとなかなかみにいけませんが
DVD&ブルーレイ発売は嬉しいです。
ブルーレイなんか買うの初めてですよ。
こういうソフト化は大歓迎ですよね。
ジョン万ももうそろそろみたいです。
2011年11月08日(Tue) 22:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。