よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「レ・ミゼラブル」プレビュー公演 4月9日 帝国劇場③さあこれからだ!!TOPミュージカル ≫ 「レ・ミゼラブル」プレビュー公演 4月9日 帝国劇場③さあこれからだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「レ・ミゼラブル」プレビュー公演 4月9日 帝国劇場③さあこれからだ!!

禅ジャベールは相変わらずの安定感。
「スターズ」は最高。
学生につかまってバルジャンがあらわれたとき
チラ見して、クワワワワーーと目を見開いて二度見するのに爆笑。
濃い…濃いよ禅さん…
でもそんな禅ジャベから目が離せません。
ミツバルに逃がされたときも
「もうっ。アタシ知らないんだからっ」とばかりに
立ち去るのがおもしろすぎ。

吉原バルジャンの「彼を帰して」は
だんだんヒートアップしていきます。
この曲は祐一郎バルジャンが一番好きなんだけど
ミツバルならではという感じでこれもまた新鮮。
下水道のシーン、またもバターンと豪快に倒れてて
なんだか痛そうでしたが大丈夫だったんでしょうか。
そしてすごかったのが
マリウスをお姫様だっこしたまま
「ジャベール、死にかけてるー」って歌い続け
ワシワシ袖に入っていく男らしさ。

とパワフルかつあたたかいミツバルだけど
やはり終盤老人にみえません。
あえて自然体で演じてるのかなぁ。
あんまりやりすぎるとコントにもなりかねないし。
でもエピローグはもう少しヨボヨボしててもいいような気がします。
そうそうエピローグの和音ファンテがもう本当に綺麗!
久々にお気に入りファンテ出てきてうれしいです。

個人的な好みだと前半ミツバルで「彼を帰して」から
ラストまで祐一郎バルだとベスト!
(マリウスかつぐのはまたミツヲさんにでてきてもらって)
でもトータルだとキヨパパバルがスキということで。

プレビューだからか歌の出だしが数人はやかったりするのも
目立ちましたが、本公演にはしっかり仕上げてくるのではないかと思います。

カーテンコール
カンパニーも盛り上がり、会場も待ってたよという
拍手に包まれました。2011カンパニーこの日のキャストでいうと
みんな好みでもっと通いたいと思いました。
最後に出てきたミツヲバルジャンには会場だけでなく
カンパニーからも本当にあたたかい拍手と声援。
バルジャン、大きな大きな役です。
この日をむかえるまでに本当にいろいろ大変だったと思います。
無事終わったことに感謝。
でも特にやったぞーとかはりきってるふうでもなく
いつもの感じで軽く手を振っていたミツバル。
そこへ禅さんがえいえいと中央に押し出してくれて
くるくるまわりながら真ん中にでてきて、
え?どうしよ…と戸惑いつつご挨拶(笑)

なごんだーーー
禅さん、あ、あ、ありがと…ううう(嗚咽)
公式ブログの初日のカテコ映像みてまたウルっときました。
プレビューのときより落ち着いてみえました。

終演後、壁に貼ってたメッセージ「大和魂」に
写メ撮る人たちが群がり
チケット買い足す人たちがたくさん並んでました。
吉原バルジャンがレミゼファンの
愛されバルジャンになりますように
と願ってやみません。

帝劇のみっちゃんの称号はミツヲがもらったぜー
…うそです。森光子さまスミマセン。

ジャン・バルジャン 吉原 光夫
ジャベール 石川 禅
エポニーヌ 平田 愛咲
ファンテーヌ 和音 美桜
コゼット 稲田みづ紀
マリウス 原田 優一
テナルディエ 三波 豊和
テナルディエの妻 阿知波悟美
アンジョルラス 阿部よしつぐ
グランテール 土屋研二
クールフェラック 杉山有大
ジョリ 土倉有貴
コンブフェール 谷口浩久
フイイ 宇部洋之
レーグル 武井基治
バベ 高山光乗
ブリジョン 清辰之介
プルベール 五葉隼人
モンパルナス 尾崎功使
クラクスー 高舛裕一
買入れ屋 坂本幸香
マテロット 曲木佐和子
ファクトリーガール さとう未知子
ジベロット 中村美貴
マダム 谷口ゆうな
少年1 北川理恵
少年2 山岸麻美子
かつら屋 絵理

Comment

あ~楽しかった!
編集
やっぱり静馬さんのレポは最高だよ!ありがとう!
静馬さんくらいレミゼを見てると他のバル役者さんとの違いがいっぱい分かって楽しいだろうなぁ。
(終演後友人に「マリウス姫抱っこのままはけるバルは初めて見た」と言われても「?」だった私)

私もかなりの緊張状態でプレビューを迎えました。ソロの第一声の『♪自由なのか~』を聞いた時点から
泣けて泣けて・・・長かったねぇ。
確かに初日はプレより少し落ち着いてましたよ。「彼を帰して」もだいぶ優しく歌ってました。
でも昨日はまた熱く・・・どっちでいくの!?(笑)2幕は大変そうだけど、ミツヲならやってくれるハズ!

平日マチネが多くて厳しいけど、まるっと2ヶ月、祭りに踊らされてみようと思ってます。
2011年04月16日(Sat) 19:49
はじめまして
編集
はじめましてdachoと申します。

自分も同日に観劇していたので、吉原@ヴァルジャンの感想を読みに色々ブログ検索していたのですが、かなり自分に似たツボを押さえているので、つい、コメントを。(すいません、勝手に思っているだけです)

そして、一番のツボはトータルだと、今井@ヴァルジャンが好みという点でしたが。(自分も同じなので)


まだ、開幕したばかりなので、また感想を読みにお邪魔するかもしれませんがよろしくお願いしますm(_ _)m
2011年04月17日(Sun) 16:39
びびさん
編集
いやいや素晴らしいプレビューでしたね!
あんまり緊張しすぎていつも号泣の1幕まったく泣けなかったですもん。
いつものごとくピンポイントレポなので本当に申し訳ない。
レミゼもみる役者さんが偏ってるからアレなんですが
今回は祐一郎さんをさしおいてミツバルメインです。
とはいえあんまり通えないんであとはびびさんに託します。
せっかくの大役毎週でも通いたかった…。
今後どういうバルジャンになっていくか楽しみですね。
2011年04月19日(Tue) 10:55
dachoさん
編集
はじめまして!
同じような感想ということですごくウレシイです。
私はこの作品自体大好きなんですが
ミツヲ大好きフィルターもかかってますので
若干かたよっちゃってるかも…と思ってましたので。
まだまだ始まったばかりでどう進化していくか本当に楽しみです。
ほかの役者さんも新しい人が多いのでみるところがたくさん
ありますよね。
2011年04月19日(Tue) 10:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。