よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 「レ・ミゼラブル」プレビュー公演 4月9日②俺はバルジャンガキ大将TOPミュージカル ≫ 「レ・ミゼラブル」プレビュー公演 4月9日②俺はバルジャンガキ大将

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「レ・ミゼラブル」プレビュー公演 4月9日②俺はバルジャンガキ大将

1幕の豪快な吉原バルジャンで面白かったのが
銀の食器を盗んだあとにあっさりつかまっちゃって
どうにでもなれーいとばかり大の字でバターンって
倒れこんじゃうとこ。いちいち動きが大きくて目が離せません。
市長様も似合ってました。
普段は普通のお兄ちゃんみたいなのに舞台にたつと
本当にはえますなぁ。
特に「レミゼ」の扮装はどれもハマってると思います。
帝劇みたいな大きな舞台であっても全然負けてません。
さてさてそんなバルジャンとこれでもかというくらい
憎々しいジャベールの対決。ものすごい迫力と緊迫感。
「独白」と「対決」だけみて帰ってもいいくらい。
…いや、帰りませんけど。

コゼットに対してもライオンキングで培った
パパスキルをいかんなく発揮。
コゼットを抱き上げて
高い高ーーーいグルングルン
高い高ーーーいグルングルン

なんかのアトラクションですか。
いまだかつてない激しい愛情表現(笑)

さて今回はミツヲバルジャンだけじゃなくて新しいキャストがたくさん。
原田マリウスは前回アンジョルラスだったので出てきたとき一瞬混乱しましたが
その後はすっとマリウスとしてなじみました。
原作のようにかわいらしくて孤高のアンジョも個人的には好きでしたが、
本人もマリウスをずっとやりたかったというだけあって
こちらのほうがしっくりくるかも。
繊細でまっすぐな原田マリウスは特に「カフェソング」が最高でした。泣いたー
阿部アンジョルラスはアンサンブルでバベやってたときは男前で結構目に入ったけど
アンジョはクセがあるのにサラっとした印象。今後楽しみ。
平田エポニーヌは「屋根の上のヴァイオリン弾き」の
チャヴァでみてましたが、あの役はあんまり活躍度は低いので
今回は発揮できてよかった。笹本エポに感じ似てます。

続く。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。