FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 年末年始は時代劇だぁーーTOPTV ≫ 年末年始は時代劇だぁーー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

年末年始は時代劇だぁーー

年末年始といえば時代劇…私だけですか?
まぁそういうわけで、まずは「新選組!」総集編
これは総集編とはいうものの、脚本三谷さんが「総集編こそおもしろいものを」という
信念のもと作られているので、なかなか見ごたえがありました。
全部で3部。沖田の姉が回想しながらという構成で展開します。
そして、なんといっても各回の最後に新選組出演者の座談会が入ってたのが
うれしかったですね~。佐藤”鴨”浩市にメールをもらって自慢げな山本土方に対し、
さらっと切腹シーンのとき電話もらったっていう堺山南。いきなりムッとする山本君(笑)
最後の3部はまとめてあるにもかかわらず泣きました…

次は同じ「新選組!」のなかから視聴者のリクエストが多かった
山南さんが死ぬ回「友の死」の再放送。これ本放送でも号泣し、
BSでも泣き、次の週の再放送でも泣いたのに、またまたティッシュの箱を
かかえるはめになりました。隊士の死は全員分再放送してほしいくらい
どれも秀逸です。それだけ書くほうも見るほうも思い入れがあるんだなぁと。

さてさて次は「徳川綱吉 イヌと呼ばれた男」
草彅君、前は「サルと呼ばれた男」ってのをやってました。
だからって次はイヌかい!しかも別にイヌなんて呼ばれてないし。
つーことは次はキジだな。
タイトルで危惧してたとおり、超ライトな仕上がりになってるこの作品。
だいたい綱吉に草彅君、その寵愛を受ける松子が深田恭子、
側近・柳沢吉保に田辺誠一ってあのバカドラマ「フードファイト」のメンバーじゃないですか。あのドラマは田辺さんのはじけっぷりが好きでなんだかんだいってみてしまいましたが、
これは…ひどい…
時代劇は素で演じちゃだめですって。いくら自然演技の人草彅君であっても。
フカキョンはマンガ原作ドラマだけにしてください。勘弁してください。というわけで
開始30分にして挫折。裏番組のガキ使スペシャルを見ることになりました。

年があけ、今度はNHK「大化改新」です。
古代時代劇というのも、普通の時代劇ならではの様式がないだけに、
ただのコスプレドラマになる不安要素も高いんですが、
以前やった「聖徳太子」が意外とおもしろかったのでちょっと期待していました。
ところが!こっちも変に現代劇風味になっているではないですか…
いや、あの時代の人がどうしゃべっていたかなんて、誰も知らないけど
これはひどいんじゃないか?
中臣鎌足と蘇我入鹿は仲の良い同級生だったという設定で始まってるから
前半は2人が想いを寄せる与志古をはさんで青春ドラマになっちゃってるし
そもそも鎌足の岡田准一と入鹿の渡部篤郎が同級生ってのがなぁ…
さらに与志古の木村佳乃が入ってくると、完全に変な服着た現代劇になってしまってました。岡准自体は悪くなかったから、これは完全に脚本の失敗でしょうね。
あと忘れてならないのが出演シーンはわずかながら、なかなかおいしい役だった
聖徳太子の嫡子・山背大兄役の山口祐一郎。
理想をかかげながらも野望ももってるという不思議な役どころで、結局
滅ぼされるんだけど、神がかったキャラはまさにハマリ役。
ドラマの内容がダメだけに私的には山背さんだけを見ていたといっても
過言ではありません。月バックだったり、王冠かぶってたり、白馬にまたがってみたり、
その王子様っぷりはステキでした。

で、一番力を入れている肝心なテレ東時代劇が地方者ゆえに
見られないという悲しさがあるんですが。
さてとりあえず今年は「義経」に期待しましょうか。

TV | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

編集
あ!大化改新見逃した~と思ってたら「完全に変な服着た現代劇」か…。いやーそれも別な意味で意外と見たかったような…。あの時代の時代劇って少ないし貴重なんですけどねえ。残念。
2005年01月05日(Wed) 16:12
編集
大化の改新というと645年という年号がすぐ出てきてしまうのが
悲しいですな(自爆)
 テレビ東京系の時代劇は地方ではやらないんですか?時期外して
放映も…
2005年01月05日(Wed) 18:10
編集
太猫さま
後半はなかなかよかったんだけど、いかんせん前半の青春ドラマと
これから!というときに終わってしまったのが敗因かと。
2005年01月05日(Wed) 19:36
編集
祐一郎さんは、わずかな出演シーンでもなかなかの存在感でしたね!
義経、神木くんがみたいのでとりあえずみます!あっ岡幸二郎さんも出るんでしたっけ!?
2005年01月05日(Wed) 22:01
編集
古代コスプレもなかなかいけてましたね。あとあの浮世離れしたキャラ。
義経岡さんでるんですよねー。ワクワク。神木くんはあまりにもかわいすぎてイヤなんですが…ハウルのマルクルかわいかった…やっぱ神木の術中にはまっているーーーっ
2005年01月06日(Thu) 00:49
編集
ta_ch1967さま
ムシゴロシで覚えてます!テレ東時代劇長すぎて、放映してくれないんですよねー。まぁ最近はソフト化してくれるからあとからじっくり借りてみます。
2005年01月06日(Thu) 00:53
編集
あけましておめでとうございます。大化の改新、正直NHKの時代劇とは
思えませんでした。祐さんの山背大兄はなかなか良かったと思います。
怒った演技が好きv山岸涼子のマンガの影響があって最期は物足りない
感じでしたが…。月をバックにした場面はトート閣下と重ねてしましました。
ところであの息を「ハァ~」とやるのは何なんでしょうね;
2005年01月06日(Thu) 14:32
編集
297716さま
おめでとうございます!なんか物足りなかったですよね。
物語もこれからだろ!という感じでした。やっぱ祐さんは浮世離れした
キャラが似合う…。ハァーってやつはなんか言霊かなんかだしてると
解釈しましたけど、どうなんでしょう。権力者は神通力があるのが当然という見方をされてたみたいだから「わらわの意のままになるのじゃー」
と暗示をかけてたとか。
2005年01月06日(Thu) 21:48












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。