よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 出産後~謎の大量出血止まらずTOP出産 ≫ 出産後~謎の大量出血止まらず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

出産後~謎の大量出血止まらず

産まれた瞬間、ドラマみたいに大泣きしてなかったので
心配しましたが、しばらくして泣き声が聞こえてきて
ほっと一安心。

その間、私のほうはチクチク縫われます。
痛みはないものの縫われてる感覚はアリ。
ヒイイイイかなり広範囲…。
そんな肛門のあたりまで切れてるのか…
なんて冷静に考えてたら

急に寒気が襲ってきました。
歯がガチガチいうくらい寒くなり、
もともと低血圧だった私が臨月でいきなり高血圧になって
産んだら通常よりさらに急激に血圧が下がった模様。
横に赤ちゃんがきたけれど
カワイイわーなんてのんびりながめてるどころではない状態。

さらに出産時の出血量は個人差がありますが
少ない人で100mlくらいのところ、ワタクシ1000mlの大出血。
その後もダラダラと止まらない状態が続きました。
出産後の悪露は先生によると10mlからどんどん少なくなってくるらしいのですが
私は30ml~70mlくらいの量が止まらず、ついには輸血をすることになりました。

点滴、輸血、1時間ごとの内診、もちろん電気はつけっぱなし
人の出入りはしょっちゅうあるのでまったく眠れなかった3日間でした。

何よりつらかったのが内診。
クスコをグイグイ入れられるのが
傷にあたって死ぬほど痛かったです。
楽に出産できると思ったのが大間違いだったー
痛いと自然に声が出るものですね。
毎時、診察のたびにウミガメのように
ダラダラ涙を流しながら
「いーーーーーたーーーーーーーいーーーーー」
声をあげるしかないワタクシ。
息をはいてーとか腰を落としてーとかいわれても無理。

出血の場所がわからず、膣の横の傷から出ているのでは?
ということで、さらに縫うことに。

「では局部麻酔をします」

局部って…局部って…そこに注射するんですか?
絶対痛いんじゃないの?
ええ、麻酔自体が痛かった…。
麻酔してもまた縫うのも痛かった。

これで止まってくれーーと思う皆の願いもかなわず
出血は止まりません。
すでに出血量も3000mlをこえてしまい、
これ以上輸血しても止まらないと意味がないので
子宮内の動脈塞栓術をすることになりました。
動脈に通されたカテーテルに、血管が閉塞するような物質を注入し、
患部の出血を止める手術です。

止まらなければ、電気メスによる手術
そして最終手段が子宮全摘です。

手術自体は内診より全然楽でした。
それより手術のための絶食、水もダメっていうのがつらかった。
その後も陣痛室で経過をみて、どうにか量が少なくなってきたようなので
やっと病室に移されました。
結局、産んでから2日半病室には戻れず、このハイケア分娩室で過ごしました。

初抱っこは出産して3日目。
このまま出血止まらなくて意識がなくなったりしたら
どうしようと思いながらの日々でしたが
とりあえず赤ちゃんは元気、自分も無事で本当によかったです。
  人気ブログランキングへ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク出産へ
にほんブログ村

Comment

No title
編集
読んでいるだけで痛いです…
生きていることが奇跡のような内容ですね;
出産と言うよりは出血な印象を受けました;
2010年06月03日(Thu) 20:00
No title
編集
ほんとに、痛い思いをされましたね・・母は強いわけだ。
いやぁ・・尊敬します。
2010年06月03日(Thu) 23:59
No title
編集
さよさん
お産は確かに病気じゃないけど何がおこるか
わかんないですね。体力気力十分あるときに
産むことをオススメします。

PONさん
本人はなにがなにやらわからない状態でした。
強くなるわけですね。子どもが無事でも母が
退院できないってのはつらいです。
本当によかった
2010年06月04日(Fri) 16:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。