よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ サウンド・オブ・ミュージック 四季劇場秋 5/5TOP四季・東京 ≫ サウンド・オブ・ミュージック 四季劇場秋 5/5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

サウンド・オブ・ミュージック 四季劇場秋 5/5

あまりにも有名なこのミュージカルの初演は1959年。
以来、世界各国で何度も上演され、映画化もされました。
そして2006年。
アンドリュー・ロイド=ウェバープロデュースで新しい
「サウンド・オブ・ミュージック」が上演されました。

私は映画版しかみたことないのですが、
新SOM、奇をてらった演出があるわけでもなく
度肝をぬくセットが出てくるわけでもなく
オリジナルを大切にしているんだなという印象を受けました。

隣の春劇場の「ライオンキング」が奈落から
大きくせりあがる舞台装置を使ったり
独創的なキャラクターだったりする派手なミュージカルだけに
それと比べると普通すぎるというか
むしろクラシカルな「サウンド・オブ・ミュージック」
ですが
そのおかげでストーリーと曲を存分に堪能することができました。

教科書にものっている「ドレミの歌」「エーデルワイス」
CMなどでもおなじみの「私のお気に入り」
そしてテーマ曲「サウンド・オブ・ミュージック」
どの曲もこのミュージカルをみたことなくても知ってる有名な曲ばかりですし
物語は実話をもとにしていて、ナチスドイツの侵略という深刻な問題もはらみ、
単なる家族愛を描いた明るいミュージカルで終わらないのがどの世代も引きつけます。

四季は複数キャスト制なので4月の開幕以来
綜馬大佐×井上マリア、芝大佐×はるマリアコンビでの上演が続いてきましたが
福岡で「エビータ」が開幕した関係で芝さんが抜け
現在大佐は実質綜馬さんシングルキャストです。
綜馬さんは劇団所属ではなく客演なので、次の舞台の稽古が始まったら抜けるはずですが
この役は絶対に綜馬さんでみたい!と思っていたところ
ついに綜馬×はるコンビが登場。

年の差カップルマニアの私としては
これ以上萌えるキャスティングはない!


これは行かねばならんと前日、急きょチケット取り。
実際のトラップ夫妻も25歳差だったそうですしね。

初々しくて明るいはるマリアと綜馬大佐すごくよかったー
何より綜馬さんの「エーデルワイス」が聞けたのがうれしかったです。
あと勅使瓦マックス。回数的にテッシーは「アイーダ」のファラオでみることが
多かったんですが、こういう明るいキャラのほうが似合うな~
この舞台、笑いも多くて客席の子どもたちもウケまくってました。
そして子どもたち。
イチオシはもちろん末っ子グレーテル。
稽古写真からすでにいいキャラをかもしだしてましたが
期待を裏切らないカワユサ。子役によくあるあざといかわいらしさじゃなくて
コロコロしてて一生懸命で、もーーーーーーよく見つけたなって感じ。
特に「さよなら、またね」のナンバー必見です。

久々の生舞台だったので、私は冒頭から感激しっぱなし。
アホみたいにボロ泣きしながらみてました。
いい音楽ってやっぱり感動するなぁとしみじみ感じました。

マリア 笠松はる   トラップ大佐 鈴木綜馬
修道院長 秋山知子   エルザ 坂本里咲
マックス 勅使瓦武志   シュミット 大橋伸予
フランツ 青山裕次   シスター・ベルテ 佐和由梨
シスター・マルガレッタ 矢野郁子   シスター・ソフィア あべゆき
ロルフ 飯田達郎   リーズル 谷口あかり
フリードリッヒ 竹林和輝   ルイーザ 飯塚萌木
クルト 川原一輝   ブリギッタ 高地杏美
マルタ 清水乃愛   グレーテル 西山寿奈

高橋基史  池田英治  柳 隆幸  井上隆司
佐藤季敦  北山雄一郎  奥田直樹  天野 誠
黒崎 綾  倉斗絢子  松本菜緒  佐々木杏珠
長寿真世  吉村和花  吉田千恵  伊吹 悠

Comment

綜馬さんのエーデルワイス
編集
やっぱりトラップ大佐は歌がうまくないと説得力がないです(辰巳琢郎じゃあ無理がありました・・汗)綜馬さんのエーデルワイス・・素敵だろうなぁ・・うらやましいです。
2010年05月07日(Fri) 23:56
PONさん
編集
辰巳大佐ですか!
キャラ的にはよさそうだけど歌えないのかぁ…
まさか綜馬さんが帰ってくるとは思ってなかったので
ラッキーでした。セットもほかの劇場にも
持っていけそうなので、今後、全国常設劇場
回りそうな気がします。
2010年05月08日(Sat) 21:24
編集
綜馬さんも、さることながらラウルを程々に切り上げてロルフを演じている飯田達郎君が、気になります。
2010年05月09日(Sun) 20:24
ayupans さん
編集
今手元にパンフがないんですけど
プロフィールに「ラウルも演じている」と
入れるための箔付け出演かとも思いますよね。
オペラ座はしばらく続きそうだし、またラウルに
戻ってきそうですが、大活躍だな
飯田兄弟。ロルフもさわやかだったー
2010年05月10日(Mon) 20:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。