よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 劇的急展開TOP妊娠後期 ≫ 劇的急展開

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

劇的急展開

昨日、もうひとつの点滴もはずれました。
そして酸素モニターもはずれ
完全に管なしになりました。

あとは毎朝心拍と張りのモニターチェック、
酸素濃度確認があります。
今のところ異常なし。
相変わらず50分くらいかかるので I podのお世話になります。
お隣妊婦さんが個室にうつったので、スピーカーをつけて音鳴らしてます。
胎教のためにクラシックも入れてますが、私が眠くなるので
曲シャッフルで。私の節操のない趣味のせいで、ABBAでノリノリで
ドカドカお腹をけってた赤ちゃん、渡哲也では驚くほどおとなしく聞き入ってました。

管はなくなってもまだベッド上生活ですが、もうしばらくしたら
歩いて売店とかにもいけるかもと思ってワクワクしておりました。

そこへ担当の先生登場。
「このまま何もなかったら退院できますね」
えーーいきなり退院?
出産まで入院生活だろうと思っていただけにあまりの急展開にびっくりです。
100404_0714_01_convert_20100404151312.jpg
by レ・ミゼラブル

ただ退院には大きなハードルが。
点滴がなくなったかわりに
自分で注射を打たなくてはなりません。
さっそく練習が始まります。
注射苦手な人多いと思いますが、私は結構平気。
針が入るのをじっとみちゃうほう。
たださすがにこう毎日採血続きだと結構つらいものがありまして
特に動脈注射は足の付け根に打つので針より押さえる先生の手のほうが痛かったり。

注射セットが揃えられ、看護師さんに手順を教えてもらい
さっそく実践。注射器自体はインスリンをうつものと同じです。
針は細いけど長いのでちょっとビビりますが、お薬を注射器にいれ
空気を抜き、お腹にプスリ。やってみたら結構簡単。
もしかして早めの退院が期待できるかもしれません。

ダンナに報告すると

○ャブ打ってるみたいな感じ?

といわれました。
ええよく映画でみるあんな打ち方が打ちやすかったですよ。
こんなとこでVシネの知識が役に立つとはね
ってオイ!他人事だと思ってーー

 



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ ハイリスク出産へ
にほんブログ村

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。