よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 東京月光魔曲 シアターコクーン 2009・12/19TOPストプレ ≫ 東京月光魔曲 シアターコクーン 2009・12/19

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

東京月光魔曲 シアターコクーン 2009・12/19

年明けたのに昨年の舞台です。
この舞台は10日まで上演中ですので、以下ネタばれ含みます。
ご注意ください。






オールスターキャストによる活気と猥雑さに満ち溢れた震災後の昭和初期、
モダン都市東京を舞台に、かの谷崎潤一郎氏も平伏すエロティシズム、
名匠海野十三氏も驚愕する奇天烈さで描く、姉弟と探偵の胸躍る心理活劇!


ということで、この時代のお話が大好きな私、少々期待しすぎてしまいました。
冒頭、回り舞台でキャスト全員が動きながらの「東京ラブソディ」を
歌ったオープニングはかなりワクワクしたんだけど、
その後ミュージカル的な華やかな展開はなく、連続猟奇殺人と
それをとりまく人々の生活が描かれます。

犯人は早いうちにわかっているので推理劇でもないんだけど
この手の作品はもっとコテコテのドロドロに描いてくれないと横溝ファンには
もの足りません。「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」とか
「三つ首塔」みたいなの想像してたのに~
だって近親相姦が2組あるわ、催眠術やら、
奇怪な殺人方法やら胡散臭さ全開なのに、すごくあっさりしてるんだもん。


ケラさん的にはあくまでもおなじみの設定だけ借りて
あとはサクサク自分流にやりたかったのかもしれません。
笑いの部分は最高でした。なにしろ探偵が橋本さとしさん、助手が犬山イヌコさん
2人とからむのが大倉孝二さんですからおもしろくならないわけがない!
この3人がでてくるシリーズで次回作がみたいなぁと思ったんですが
それはどうやら無理みたいですね。残念。



劇作・脚本・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演 瑛太 松雪泰子 橋本さとし 大倉孝二 犬山イヌコ
 大鷹明良 長谷川朝晴 西原亜希 林和義 伊藤蘭
 山崎一 ユースケ・サンタマリア 長田奈麻 赤堀雅秋
 市川訓睦 吉本菜穂子 植木夏十 岩井秀人 長谷川寧
 桜乃まゆこ 嶌村緒里江 森加織 吉沢響子 渡邊夏樹

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。