よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 屋根の上のヴァイオリン弾き 千秋楽 日生劇場 10/29TOPミュージカル ≫ 屋根の上のヴァイオリン弾き 千秋楽 日生劇場 10/29

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

屋根の上のヴァイオリン弾き 千秋楽 日生劇場 10/29

地味ながらも大好きなミュージカルです。
家族の話だからかお客さんの年齢層も高めな印象。
貧しいけど5人の娘に囲まれて幸せにくらすテヴィエ一家。
相変わらず市村テヴィエは最高!
ぼそっとつぶやく一言から軽やかな動きから全部おもしろい。
今回お母さんが鳳蘭さんだからさらに情けなさもパワーアップ。
鳳さんは肝っ玉母さんというより鬼嫁(笑)ものすごい迫力でした。
娘たちもみんなかわいかった
しかし二女の笹本ホーデルはここにいるのがもったいないような気も。
「愛する我が家をはなれて」というナンバーもあるけど
できたら最初からレミゼ班に参加しててほしかったなー
そんなホーデルと恋に落ちる学生良知パーチック
ジャニーズJr→劇団四季→東宝芸能という華麗な経歴をもつ良知さんです。
かっこよかった!けど若干存在感の薄さも否めず。
前にみたのが熱い吉野バーチックだったからそう感じちゃったのかもしれません。
一方長女のだんなさん植本モーテルの弱っちいことといったら(笑)
笑いました!
あとマジー(真島さん)のダンスがちょこっとみられてうれしかったです。
マジーは振付も担当しております。
ヤングナラやってた石丸椎菜ちゃんも末っ子ビルケで出てました。

家族、宗教、ユダヤ人への迫害…
テヴィエ一家にはこれでもかというくらい困難なことが
ふりかかります。どんな目にあっても、家族が離れ離れになっても
前を向いて生きていく一家皆が幸せになりますように。
自分が今、故郷を離れて生活しているだけに家族の温かさ、ありがたさ、
両親の愛情をあらためて考えさせられる作品です。
曲も大好きです。

楽だったので挨拶がありました。
市村さん「いよいよ第3幕の(笑)←市村さんこのつかみネタ大好きなんだよなー
千秋楽にようこそご来場賜りありがとうございました。
今回は非常に強力なワイフと(笑)
素晴らしい娘たち、アナテフカの住民に見守られながら終えることができまして
テヴィエ、足腰が立つうちは(笑)できるように上の者からも言われてます(笑)」

鳳さん「1か月楽しくすごしました。演出家から泣かないでと言われたんですが
泣き続けまして(笑)
きょうはファーストレディ幸さんもきていただきました(拍手)」

なにぃーー韓流だけにとどまらずこんなところにまで…。
ほんとどこにでも顔だ(略)

演出: 寺秀臣
市村正親(テヴィエ)
鳳蘭(ゴールデ)
貴城けい(ツァイテル・長女)
笹本玲奈(ホーデル・次女)
平田愛咲(チャヴァ・三女)
植本 潤 (モーテル・仕立て屋)
良知真次(パーチック・学生)
中山卓也(フョートカ・学生)
真島茂樹(シェイロム・ロシア人)
鶴田 忍 (ラザール・肉屋)
廣田高志(巡査部長)
荒井洸子(イエンテ)
青山達三(司祭)
石鍋多加史(アヴラム)
大塚雅夫 塚本理佳
香取新一(メンデル) 麻希 光
日比野啓一(ヴァイオリン弾き) 園山晴子(フルマセーラ)
山本真裕(ナフム) 塚いおり(ツァイテル婆さん)
祖父江進(モールチャ) 深堀晶子
村上幸央 大畑浩恵
大森輝順 多岐川装子
加州康真 竹内晶美
板垣辰治 村井麻友美
柴崎義則 野口 遥
杉山有大(ロシアンテナー) 石丸椎菜
片根暢宏

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。