よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP映画 ≫ 日本暗殺秘録/いそぎんちゃく

日本暗殺秘録/いそぎんちゃく

はやくロフトに行ってほぼ日手帳の現物がみたいのですが
そんなことより今は保険の見直しで頭がイタイ。
私は今通院中だから多分入るの難しそうなのでとりあえず
このまま医療保険継続ですが、うちの相方の保険が…
いわゆる保険会社お勧めの更新型特約てんこもり保険
こんなもの無駄無駄無駄無駄アッ
とばっさり切り捨てたものの
またイチからだから大変なんですよ。
20代なら保険料も安いしどこを削るか考えなくていいのに。
今のところ終身保険収入特約に逓減定期、医療保険に
がん保険を考えているので各社資料とりよせたり、
見積もりとったり、代理店行ったり、
今更あらためて勉強したりあぁ保険メンドクサイ。
そもそもお金あれば保険なんか入らなくてもいいんだもんな。

シネマヴェーラ渋谷の人気企画
『妄執、異形の人々』が始まったので行ってきました。
日本暗殺秘録(1969)
監督: 中島貞夫 脚本:笠原和夫
東映オールスター映画。オムニバス形式で桜田門外の変から
二二六事件までいろいろな暗殺事件をとりあげているんですが、
若山富三郎、高倉健、鶴田浩二、田宮二郎 、片岡千恵蔵、藤純子などなど
そうそうたるメンバーが勢揃いの贅沢な作品。
メインの事件は血盟団事件です。
井上準之助前蔵相を暗殺した小沼正を千葉真一が演じます。
これだけで1本でもいいんじゃないかというくらい長くて
途中ちょっと飽きた。でも千葉ちゃんが素晴らしかったです。
安田暗殺事件の朝日平吾(菅原文太)とか大隈重信暗殺未遂事件の
来島恒喜(吉田輝雄)も迫力ありました。
これだけ贅沢でありながら反体制テロリスト映画なのでいまだ未ソフト化。
多分今後もないでしょうね。しかしよくこんな映画つくれたものです。

いそぎんちゃく(1969)
渥美マリの軟体動物シリーズ第一作。
貧しい田舎からでてきた女の子が体ひとつでのしあがるという
お話なのですが、振り回される男たちが笑えます。
最初はあまりに金にがめついのにムッとしましたが、
好きな男にだまされてもまったく意に介さず、
自分を貫き通す浜子は最高です。この前MXテレビで西原理恵子さんが
「女は自立しなきゃだめ。金はないとだめ。」と言ってた姿にダブりました。
トランペッターの平泉征(現・成)が若い!

ほかのプログラムもおもしろそうですよー
シネマヴェーラ渋谷

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL