よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ユタと不思議な仲間たち 四季劇場秋 8/18 新演出はいかに!TOP四季・東京 ≫ ユタと不思議な仲間たち 四季劇場秋 8/18 新演出はいかに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ユタと不思議な仲間たち 四季劇場秋 8/18 新演出はいかに!

いってまいりました。新演出ユタ。
当初、「夢から覚めた夢」ばりの全体的な演出変更になるのかと
思っていましたが、稽古風景レポによると長者山のシーンのみのようでした。
あのシーンは一番の見せ場なんですが、確かに今やフライングも
目新しくないし、いいかえどきなのかも。
輪やドライアイスを使った迫力に期待していたのですが…
実際みてみると…何を表現したいのかがよくわからず…
ゴンさんにいたってはフライングすらないという悲しい結果に。
あんなに一生懸命まわってたのに…

カトケイさんの気持ちはわかります。
コルテオみたいなのやりたかったんでしょ。
でも…でも…残念ながら大ちゃん&わらし班に
短期間での特訓でシルクドユタは無理ですって。
ただ舞台上からは必死!な空気がこちらにヒシヒシと伝わってきました。

結論・前のフライングのほうがわかりやすかった。

さて、その問題のフライングシーンどうなったのかといいますと
親分の歌の間にこっそりワイヤーつけてたユタが今回は舞台前方に
ずっといます。そしてゴンゾとヒノデロ袖から登場。この2人もワイヤーなし。
ダンジャとモンゼはワイヤーつけた状態で登場です。
ここで大量のスモークとレーザー光線がでてきて一気に大迫力。
モンゼとダンジャが飛び上がって銀の輪をもって前後にフライング。
横にとぶより前にでてくるほうが奥行きがでていい感じです。

ここまではよかった!つかみは最高だったんですが…
ゴンゾとヒノデロはその後巨大な輪を一生懸命転がしてるだけ。
小道具係かーーー
オペラ座に続いてまたも道具係に任命されてしまった伊藤さん。
さらにバックに何もセットがないのでガラーンとしてて若干さみしいのです。
そのさみしい空間におもむろにワイヤーがスルスルおりてきます。目立ちます。
それを一人で背中にセットするユタ。目立ちます。
さすがにセルフは危険なのでお手伝いしにいく親分。これまた中央なので目立ちます。
今、つけてます感全開。

飛び上がったユタのバックには青空と雲の映像がでてくるので
いいたいことはわかるんですが、やっぱり全員で飛ばないと
一体感がないというかユタだけびゅんびゅん飛んでて
みんな必死で輪を転がしてるのにものすごい違和感を感じました。

多分カトケイさんの中ではもっとダイナミックな構想があったのでしょうが
仕掛けが派手なのは大歓迎だけど、演出は道具なんか使わないもっと
シンプルなほうがいいんじゃないかと思った新演出初見でした。
あと2階席からみたからもしかして1階でみたらまたすごくよかったのかも。
…って次も2階からしかみないからなぁ。

さて、すっかり影のうすくなってしまったゴンさんはじめ男性陣ですが
このあと舞台裏見学会に参加してびっくり。
転がしてた輪超デカッ!!!!
あれは転がすだけでも相当苦労する大きさだと思います。
でもみてるほうにはあんまりその大変さが伝わらない地味さ。カワイソウ。
小道具係とか言ってごめん。
ちなみにゴンさんたちの輪はちょっと軽くて(プラ製?)ビニテでぐるぐる巻きに
してましたが、ダンジャたちのは金属製で重さがありました。

新演出はこんな感じです。それにしても今回イトゴンシングルということで
不遇のゴンゾ時代が嘘のようなイトゴンだらけのパンフレットでした。
あと、ゴツデロことユさんのヒノデロがかわいさパワーアップ。
劇中何度肩がふるえたことか。ごついのに動きが女子高生みたいだから
そのギャップがかわいくてたまらんです。アイメイクもうすくなったし
きょとんとしてる顔がまたかわいい。
道口ヒノデロとはまったく別のイキモノですがだからこそのおもしろさがあります。
そして夏木さんのお母さんもよかったー。
ひそかにまた夏木さんのハラ子もみたいんですけども。
菊池親分はかっこよくて面白みにかけるとこがあるなと思ってたんですが
前より全然面白くなってました。

ペドロ : 菊池 正
ダンジャ : 柏谷巴絵
ゴンゾ : 伊藤潤一郎
モンゼ : 和田侑子
ヒノデロ : 劉 昌明
ユタ : 藤原大輔
小夜子 : 久居史子
寅吉 : 吉谷昭雄
ユタの母 : 佐藤夏木
クルミ先生 : 丹 靖子
大作 : 小原哲夫
一郎 : 厂原時也
新太 : 酒井良太
たま子 : 柏 円
ハラ子 : 市村涼子
桃子 : 原田麦子

Comment

No title
編集
明日観に参ります。
ワタシも銀の輪どうなるんだ?って思ってました~...
残念なのは、インフルエンザの蔓延で、お見送りが
中止されたらしいという点ですかね。
イベントもあるみたいだけど、どうするかは思案中っす。
2009年08月20日(Thu) 07:18
No title
編集
じてネコ さん
お見送り自体は今回はこころの劇場じゃないから
最初からありませんでした。ついには客席おりも
なくなりましたが、劇場って人も多いし、いつ集団感染
するかわかりませんから今回は用心してほしいと思います。
銀の輪、アイデアはよかったんですけどねぇ…
練習期間が短かったのか大変みたいでした
2009年08月20日(Thu) 12:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。