よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 哀しみと息子たち ArtistCompany響人 小劇場楽園 7/5TOPストプレ ≫ 哀しみと息子たち ArtistCompany響人 小劇場楽園 7/5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

哀しみと息子たち ArtistCompany響人 小劇場楽園 7/5

楽園はL字型ステージになっていまして、2方向に客席があります。
ちょうど角に大きな柱があるのですが、そこにもテーブルをおくなど
小さいながらも最大限にステージをうまく使っていて、また別の席からみたくなる劇場でした。

この作品は3幕構成で
1幕【哀しみと息子たち】はベトナム戦争で息子ボビーを亡くした
父エドウィンと弟バッキー、ルームメイトの父バートの話。
2幕【生き写し】はそのボビーの戦友メグスがバッキーを訪ねてくる話。
3幕【巡礼者】はさかのぼること4年前、ハイスクールの卒業をむかえた
ボビーとクラスメートたちが描かれています。
テーマはベトナム戦争ですが「ミス・サイゴン」や「タンビエットの唄」のように
ベトナムは出てきません。

1幕。優秀な兄とイマイチな弟というのはよくある話ですが、その兄の死を
未だ受け入れられない父の苦しみ、きまずい空気を必死に明るくしようとするバッキー。
最後ようやく2人の間のわだかまりが解け始めたかと思ったら…
とにかく河合エドウィンと広瀬バートが凄かった。この舞台の近さでこの芝居がみられる
贅沢にこちらが緊張してしまいました。そして高橋バッキー。さすがにこの2人の間に
いると初々しさが目立ちます。がんばれたっくーん!と手に汗にぎりました。
でもこの役はやはり卓爾くんだからこそいいと思うのです。
ええ、これミツヲバッキーだったら冒頭でまず
「ベスト着てるぜ!おい!」(笑)
って反応しそう。
ちょっと乙女キャラ五右衛門(byジョン万)を思い出しました。

2幕。メグスといえば88年の映画「ジャックナイフ」です。
この映画ではボロッボロのフラナガンとその妹、メグスの戦争後の姿が描かれています。
メグスを演じたのはあのロバート・デ・ニーロ
で、戦友のフラナガンをエド・ハリスが演じるという地味ながらすごい作品だったのですが
この舞台でもメグスの会話の端々にその名前が出てきます。
しかしミツヲさんがついにデニーロ役者に!(白目)
風貌もデニーロのメグスっぽい感じになってました。参考にしたのかな。
というかデニーロよりアメリカンでした。日本人なのに。
異常にテンション高いトラック野郎のメグス。試験前なのに帰ろうとしないメグスに
ふりまわされるバッキー。いやーー面白かったぁ。そのジャイアンっぷりに爆笑。たっくんも2幕のほうが断然よかったし。
ミツヲさん小芝居祭りも十分堪能しました。ミツヲザルとか。
一見明るいメグスなんだけど、その一方で
戦争の傷を負ったまま孤独をものすごく恐れてて後半は胸がしめつけられました。
そして最後はホロリ。完全にツボに入った。

3幕はその兄ボビーのお話。ハイスクールは卒業しても漠然とした不安を抱えるボビー。
1幕2幕の中では完璧な男みたいに語られてるけど、ごくごく普通の高校生です。
それにしても相変わらず望月さんは十代のさわやか少年がハマリます。
ただ若々しいというのじゃなくて、繊細さとか表情とか見事に少年なんだなぁ。
さすがにもうユタはどうかと思ったけど、メルヒオールは本当に見たかったーー
ほかのクラスメートも遠山ジルに石塚ジョン、本多マルシアと
アメリカのハイスクールに絶対いそうなキャラ揃い。
その昔、星崎真紀さんが書いた短編漫画がこんな感じの話で大好きでした。
みんな若くて夢があったり将来に不安があったり。でも確実に戦争の影が身近にあり。
あと2役の広瀬さんやっぱしすごいや(それしか言葉がでない)

テーマは重いけど、決して悲しいだけではなく、笑いもあり、救いもあり
いいお芝居でした。小劇場のお芝居って内輪うけな笑いとか
ひたすら演技に酔ってたりとかもあると思うんですが
そういうことは一切なくがっちりつくりこみましたという重厚な舞台でした。
あ、でも内輪ウケな芝居も好きです。はい。
吉原先生演出らしい熱い舞台でした。次回作はコメディとかミュージカルとかまた全然
別ジャンルでもみてみたいなぁ。次回も大期待です。

演出 吉原光夫 脚本 石塚健介
1幕 バッキー 高橋卓爾
   エドウィン 河合隆司
   バート 広瀬彰勇
2幕 バッキー 高橋卓爾
   メグス 吉原光夫
3幕 ボビー 望月龍平
   ジル 遠山さやか
   ジョン 石塚健介
   マルシア 本多加奈
   ディー 広瀬彰勇

Comment

まってました!
編集
他のどんな批評よりも的確に舞台の本質を捉える(笑)静馬さんのレポ!!楽しみに待っておりました!!

12月公演は観にいくぞ~~!!と思ってますが・・・チケット押さえるのが大変そうだな~とか思いました。

ありがとうございます!!
2009年07月07日(Tue) 17:13
No title
編集
ハイタカさん
本当はもっと舞台にふさわしい含蓄あるレポが書いてみたいのですが
なんだか語りだすと長くなりそうなので結局
「とてもおもしろかったです。」としか伝えられない~。
ものすごく美味しい料理を食べたときって「おいしい」しか
でてこないのと同じ気持ち。いやとにかく贅沢な空間でした。
私も12月また絶対いきますぞー
2009年07月09日(Thu) 10:36
No title
編集
静馬さん。

ご来場ありがとうございました。

そしてコメントありがとうございます。

遠慮せずにお願いしますね。

静馬さんのブログ楽しみに見てますよ。

今度劇場にいらした際は、声かけてください。

では。

P.S 結婚おめでとうございます。お幸せに・・・
2009年07月09日(Thu) 16:12
No title
編集
みつおさん
旗揚げ公演大成功おめでとうございます!
もう舞台上ではみられないのかなと思っていた矢先の
響人立ち上げ。本当にうれしかったです。
そしていつかジョン万ズメンバーの芝居もみてみたいなぁと
思います。どうでしょうか?次回公演も楽しみです。
2009年07月10日(Fri) 11:59












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。