よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム 自由劇場3/13 TOP四季・東京 ≫ ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム 自由劇場3/13 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム 自由劇場3/13 

キャストチェックをしないものですから、オペラ座で寺田さんが
ブケーになってることを教えてもらってやっと気づきました。
寺田ブケー見たことはあるんだけど、いまいち印象に残っていないので
またみたいなぁと思ってたら、ありがとうオフステージ日記。
JCS速報でもまずふれるとこは伊藤マリアデビューなのに
この日がデビューなんて知らず
あ、伊藤さんマリアになってたのかーとのんきにみてました。

さあ2009エルサレム。久し振りにみるエルサレムの荒野セットに
期待も高まります。金田ジーザスは眉こそキリリと濃いけれど、
やな神様ほどの劇的変化はなく、
どちらかというと素顔に近い薄口しょうゆ顔。
と、オペラでエルサ金田ジーザスを凝視してますと、
いきなり光GENJIが視界に入ってきたーー
上出さんだ!(笑)

なんか昔のアイドルみたいな髪型になってる。
平成っ子の皆さんにわかりやすく説明すると、世界のナベアツ率いる
竹馬アイドル紫SHIKIBUみたいといえばわかりやすいでしょうか。
おかげでジーザスLOVEなんだよ度がさらにあがってます。

さらに視線をはずすとEXILEがいる!
と思ったら飯田ペテロ。えらいかっこよくなってますよ。
まぁ今までが司祭とかジャポメイクだったからなんだけど、
飯田ペテロはEXILEに紛れててもわかんない感じです。新メンバーTATSU。
そういえばエルサのアンサンブルはチラホラEXILEっぽいですね。
たまにはカテコでジーザスを囲んで輪になるんじゃなくて、ジーザスを先頭に
一列になってChoo Choo TRAINとかみてみたいなぁ。使徒ザイルとか。

…と、わけのわからない話はさておき。
クールな金田ジーザスはさすがにエルサだと表情もみえやすくなりました。
でもやっぱりかたくなな感じがあります。一方スンラユダも金田ジーザスに対しては
全身でぶつかるのではなく冷静さを持ち合わせているので、お互い歩み寄りたいような
でも相容れず様子を探っているようななんともいえないピリピリした緊張感があります。
スンラユダは芝ユダみたいにどんどん壊れていくんじゃなくて、危ういところで
冷静さを保ってるというのがたまりません。
やな神様との時は完全崩壊してましたけども、あれはやっぱりやなスンラコンビ
だったからよかったのだなぁと思います。
金田ジーザスはエルサではより人間らしく、一人の若者らしくみえます。
そして伊藤マリア。最初歌いだしたときは
「おお~色っぽいマリアだぞ」と思ったのですが、
全体的には控え目でかわいらしいマリアでした。

5人組。飯田カヤパ同様金本カヤパもコントみたいな悪人顔なんですが
ワイスアンナスはメイクしてるのかわかんないくらい自然にハマってました。
あのミッキー帽でここまでかっこいいアンナスはなかなかいませんよ。
ベストミッキニストですよ。そして伊藤司祭。メイクはドキドキしてましたが
思ったよりいい感じでした。
「ジーザスはしーーーねーーーー」と不敵な笑みを浮かべた佐藤司祭が
次の瞬間高速回転して超笑顔で全力ホサナしてるのが素敵です。スパイは大変。
シモンナンバー、久々ジョンシモンの「ローマを↑」のあげアレンジで
テンションあがりました。

テンプルでは上出さんはブドウやさんです。今回も真っ先に登場。
…あ、ブドウ落とした。
…拾った。

食った!(爆笑)
伊藤司祭(仮の姿)はまたもにこやかにうさぎちゃんを売ってました。

私の大好物ゲッセマネ。今日も新たな発見と感動がありました。
いいだろう、死のうは完全に決意の語りになってるようですが、
座った金田ジーザス、やっぱり気持ちが抑え切れなくなったのか
…立った。
で、また座った!

悟るというのではなく、無理やり自分に言い聞かせているような
金田ジーザス。切ないです。
アレンジも含め金田ジーザスのゲッセマネは本当に毎回楽しみ。
そういえば晩餐でユダを振り払い上手に走ったジーザス、起き上ったら
完全にサポーターまるみえ子ちゃんだったんですけど、
まったく裾をかくすことなく堂々と座っていたんですが、
金田ジーザスはあのまま放心してていいと思います。

ラスト、静かに起き上がるマリアと泣き崩れるペテロシモンに
号泣。カリスマだけど最後まで人間的な金田ジーザスにはひとりで
しんでゆくのではなくて、こうして誰かがよりそっていてほしいと
しみじみ思ったのでありました。

しかしいつまでも泣いている暇はない。ジーザスの復活カテコが待っています。
スンラさんのあげる手もみんなとそろってしまってちょっと残念な気もしますが
てっぺんでにこやかにジーザスとお話してるとうれしくなりますね。
伊藤司祭も横揺れでノリノリ…いやしかしやな神様のような横揺れではなく
なんかニョロニョロしてました(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。