よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP四季・東京 ≫ ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポ 自由劇場2/19①黒ゴンゾ司祭見参!

ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポ 自由劇場2/19①黒ゴンゾ司祭見参!

先にマイラストキャッツのことを書かないといけないんでしょうが
寺田ガス今日も絶好調ですくらいのことしかかけないので
とりあえずJCSから。

もともとジャポは行く予定がなくて、開幕前にかけこみで
あ、そういえば、上出さんがあいてるな。いるかな。
という完全に四季の意図と反する役者さん狙いでとってみたので
端の席だったのですが

…やっぱり、自由劇場は、近い!!つーか今回は近すぎ。
いつもストプレでみることが多いから前でみることも多いんですが
近すぎてJCSみたいな舞台は最前列だと迫力はあるけどかなり見づらそう。

さて、肝心な上出さん復活でウレシイうえに
伊藤さんがきたーーーーーーー
そのときがきたら撃つ人(オペラ座の怪人)もよかったですよ。
よかったけど、やっぱ歌が聞きたいわけですよ。
司祭はソロパートも多いから、期待も増します。

というわけで、いきなり司祭サマレポ
冒頭ゴンゾ顔が姿を現した瞬間ウケました。
司祭は白塗りに青ラインなので本当にまんまゴンゾなんですよ。
しかも一時期イトゴンはああいうメイクしてたし。
まぁ見た目あの司祭は癇癪ー持ちで力持ちーっぽいので5人組を
ワラシに例えるとゴンゾの位置なんだろうと推測します。
なぜワラシに例える必要が?
それにしても司祭にも名前がほしいものです。
黒ゴンゾ司祭とでも仮につけておきましょう。
ちなみに佐藤司祭のあだ名はマント、阿川司祭はたこ入道です。
もしアンナスに名前がついてなくてただの義父だったらきっと
カーテンというあだ名をつけていたことでしょう。
群集を蹴散らす様はクールで素敵です。
さすがゴンゾってただけあり、ポーズがいちいちきまってます。
と惚れ惚れしたのもつかの間、台八車からおりようとして
微妙に足ひっかけてモタつき、
いきなり手に汗にぎる事態に!(私だけが)

いやあの棒のせいですよ。あいつが邪魔なせいですよ。
第一声はすばらしかったです
「あいつには制裁が必要だ」
おそろしいーーーーやつーーーーー(白目)

「それじゃどうする
彼の人気 ますます高くなるばかりー 」

いや、ほんと、そうだわ。黒ゴンゾ司祭に巷の人気沸騰だわ。

としばし別世界に入り込みそうになりながら司祭の歌を堪能しました。
司祭3は本当にソロパートが多くてシアワセです。

司祭から先にかいちゃったのでついでにほかも。
おかえりなさい飯田カヤパさま。飯田さんは野獣の稽古もあるだろうし
日程的にもどうかなーと思ってたけど帰ってきてくれてうれしいです。
ワイスアンナスはあのメイクがなじみまくってて怖いです。
メレブとかマンマとかのワイスさんが思い出せないくらい。

村ピラトの裁判は今回も凄い迫力。
でも、カーテンコールで前かがみで小走りで出てきてにこやかに手をつなぐ
村さんがこれまたカワイイのですよ。村さん萌え。

続きます。

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009年02月21日(Sat) 10:28
編集
確かに裏切りでユタならぬユダを囲む様はわらし登場シーンを思い出させます。
黒わらしに囲まれなすすべないユダ…。
黒ゴンゾは今日も美声満開でした。
ただあのカンパニーでは全く目立ちませんね。
回り凄すぎるので。
メイクは三島公演での衝撃を思い出させてくれますね。あの日々があっての司祭3なのですね…。
2009年02月21日(Sat) 23:15
編集
かぎこめさま
楽というのはファンには大切な日ですよね。
そうそうジーザスもいつの間にかエルサが
千秋楽2回公演に。基本同じ演目同じ役者さん
2回はみないのでとりませんでしたが
どうも解せません。

ビーンズさん
司祭さまメイクはもうすっかりお手の物だと
思われます。新役なのになぜかみたような
気になるデジャブ。ともかく歌がきけるのが
単純にウレシイですよね。エルサもこのまま
司祭でいてほしいです。いやなんだったら
シモンとかペテロとかでもいいんですが。
2009年02月22日(Sun) 01:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL