よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ アンイオウオウエーTOP映画 ≫ アンイオウオウエー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アンイオウオウエー

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢(2008)
EVERY LITTLE STEP

監督: ジェームズ・D・スターン
アダム・デル・デオ


ブロードウェイで2006年に再演され、このたび千秋楽を迎えた「コーラスライン」の
オーディションに密着したドキュメンタリー映画。
平日でしたが、上映館が少ないということもあり、結構お客さんはいってました。
内容は実際のオーディション以外にも原案・振り付け・演出のマイケル・ベネットが
ダンサーたちにインタビューしたそもそもの元となった録音テープや
初演時の映像もあったりとコーラスライン好きにはたまらないものになっています。
反面、「コーラスライン」本編を知らないとただオーディションを淡々と追っかけただけの
作品にみえるかもしれません。どこかの映画紹介サイトでは
『ポール役のオーディションで俳優は自分の過去をさらけだし審査員を涙させた』
みたいな記事もみましたけど、アレはポールのセリフをしゃべってるだけなんだけど
確かにほかのシーンも知らずにみると実際のオーディションと作品自体を
混同しそうになります。

で、私はさっそく最初の3分でもうボロ泣き。
「I Hope I Get It 」や「What I Did for Love」に本当にオーディションを
受ける役者さんたちの映像をかぶせられた日にゃあもう…。
3000人のダンサーから最終的に19人にしぼるわけですが、ダンサーだから
踊れるのはもちろんとして、審査員たちはいかにそのキャラクターをつかんでいるか
という演技力、ナンバーを歌い上げる歌唱力を重点的にみていました。
ポール役のジェイソンの独白シーンは演出のボブ・エイヴィアンが
30年ぶりに泣いたというだけあって、オーディションとは思えないくらいの演技。
でも望月ポールも同じくらい泣けるよ。顔みてるだけで泣けるよ。
と思ってたらまた「コーラスライン」が猛烈にみたくなりました。
まぁ55ステップスやってるし無理なのはわかるんですけど。
映画で重点的に追っかけてたのはポール、シーラ、マイク、コニー、キャシー
、ヴァル、マギー、ビビ、クリスティン役あたりでした
あ、字幕も「ボインとプリン」でしたよ。
いまや死語のボインですがここではいまだ健在。

Comment

編集
私も思いました「字幕もボインとプリンか!!」
四季では ♪マスカラでできあがり でしたが ♪マラカスでできあがり なんですね。
ボイン=マラカスってことなんでしょうか。

開始早々泣いて、途中も泣いて、ポールでぼろ泣きで、最後でまた泣いて。
ジーザス観る前に泣き疲れました…。
ポールの人、本当にすごくて そっちの人 かと思ったほどでした。
2008年11月11日(Tue) 19:41
編集
私も見ました~、ほんといい映画ですよね!!
私は映画版だけ見て、舞台版は未見(無念・・・)なのですが、
早く四季で再演してくれないかともうワクワクです (*´艸`)

ポール役のオーデションでは、私も号泣しちゃいました。
「泣くなんて私だけだよな~、変かな~」と心配だったんですが、
審査員の皆さんも泣いてたのでひと安心・・・f(^^;)
でもあの場面、思わず亜弓さんの気持ちになりませんでした?
「なんて子・・・この子は天才よ!Σ(゚д゚lll)」って白目むくアレですよ(笑)
2008年11月11日(Tue) 23:18
ごぶさたです
編集
いつも、こっそりと読ませてもらってます。

この映画、予告だけでも泣けてきますもんね~。
実際見たら、ぼろぼろ・・・ですかね、やっぱり。

わが県では、12月5日にJCSで、
次の日から映画公開です。

そして、私もいい具合にお休み!!

楽しみです。
2008年11月12日(Wed) 03:34
編集
そんな映画があるんですねぇ・・私も絶対最初から最後まで
泣いていると思います・・単館上映かぁ・・
岡山にもまわってくるかなぁ・・

ボインとプリンというものすごい訳はそのまま
使われているんですね・・語呂はいいけど、
他に何かないのかなぁ・・・(汗)
2008年11月12日(Wed) 05:50
編集
さよさん
え?マラカスになってました?
と思って検索したらそうなんですね~
マラカスみたいにふれちゃうわーんということなんでしょうか。
コーラスラインの曲はどれもいいですけど
実際のオーディションかぶせられるとさらに
ヤバイですね。

たかねさん
四季版ももちろん大好きなんですけど
コーラスライン来年来日公演あるんですって。
これはぜひ行かねばと思ってます。
ポールのジェイソンくんすごかったですよね。
ちなみに私は四季のポールシーンも毎回号泣でした。
しかもポールのあの後のことを考えるとまた
泣けてきます。マギーも全然違いましたよね。
「この子だわ…」みたいな。審査員気分。




2008年11月15日(Sat) 00:53
編集
つきうさぎさん
東京でも単館上映なせいか、平日でも結構入ってました。
これから順次まわっていくと思いますが、
ドキュメンタリー自体すきなんですが、それプラス
ミュージカルですからねー。ご期待ください。
初演のキャシーやコニーもでてきますよ。
で、またコーラスラインがみたくなっちゃうという…。

PONさん
多分岡山にもくるんじゃないですかねえ?
私は松竹のシネコンでみました。シネコン嫌いですけど
意外とこういうものもやってくれたりするので
侮れません。曲は「おっぱいとお尻」と「ボインと
プリン」交互に出てきてましたが、まぁ確かに
テンポとごろのよさを求めるならばボインとプリン
なのでしょうか。意外とほかに思いつきませんねぇ。
2008年11月15日(Sat) 00:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。