よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 「エリザベート」博多座千秋楽9月28日①いたずら妖精武田トートTOPミュージカル ≫ 「エリザベート」博多座千秋楽9月28日①いたずら妖精武田トート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「エリザベート」博多座千秋楽9月28日①いたずら妖精武田トート

…今日、祐一郎さんの「スタジオパークからこんにちは」の日だった。
すっかり忘れていた…。
まだ先だと思っていたのに。

さて、忘却の彼方シリーズその2「エリザベート博多座・千秋楽」です。

初めての武田トート!超新鮮でした。
鬘は黒ベースの赤やシルバー(白?)のメッシュが入ってまして
シャープなイメージ。衣装も赤ジャケット着てたり、
黒のイメージが強い閣下でしたが、武田トートだと普通にビジュアル系バンドの
ボーカルにいそうなそのままでも違和感ない感じです。
祐一郎閣下の帝王に比べて、トートダンサーのリーダー的な若々しいトート。
閣下というよりトートと呼びたい。
「愛のテーマ」はその名のとおり、まさしく恋におちるトートでした。
初めてエリザベートをみて、ハッとするところとか、「死」なのにうっかり人間の女を
愛してしまったばっかりに、つらい日々をおくることにという
まったく正反対の印象を受けました。
自分が操っているはずなのに、シシィに拒絶され、でも強引にもっていけない
恋する帝王…。切ない。なんてせつなすぎるの。
でも結構悪事をはたらくときは、楽しそうなんですよね~
いたずら妖精ですよ!
あと、噂に聞いていたヒールの高さにたまげました。…そんなに小さかったのか。
武田トートはキャラ的に小さくても問題ないとは思うんだけど、やはりほかの役者さんと
並んだときはそれなりにバランスもありますし、この辺は難しいところです。
確かにトートダンサーに囲まれると埋もれちゃって「トート、どこなの?」状態だったし。
そんな武田トート、マイヤーリンクで浦井ルドをガッとつかみ、いきなり白シャツを
はだけさせ、ついにはズボンにまで手を!最期のチューはチューというより
食いついてました
見た目がキレイで中性的ですらあるので油断してましたが
ここはコワかった~
あ、あとカフェで祐一郎トートは盛り上がる民衆たちを横目にルキーニと
世間話するなど、
閣下「まーねー、なんだかんだ言ってボクの手の平で踊ってるだけなんだけどねー」
ルキ「そうっすよねー閣下」←この人も踊らされてる
って余裕があるのですが、武田トートはもちろんルキなど眼中になく、
ニヤニヤしてるけど、もう心のなかはシシィでいっぱいという感じがこれまた素敵です。
それから武田トートは棒をしゅるっとつたっておりてました。
ハシゴをよいしょっておりるのはやはり祐一郎さん仕様だということがわかりました。

さて、そんなトートに愛される涼風シシィ。おてんばな娘時代もカワイイのですが
天真爛漫なわけではなく、芯の強さが際立ちます。皇后になるとさらに強さはアップしていく
一方。姑に管理されていてもこの人は黙っちゃいないだろうなぁ…というのが
新婚時代からすでにわかります。涼風さんが一番素敵なのは全身白の格好かなー
ドレスもきれいだけど、冒頭と最後のシーンや、「私だけに」のシーンは本当にきれいです。

だんな綜馬フランツ
綜馬さんはノーブルな役がやっぱ似合うわあ。
でも今年はヨメが強い強い涼風シシィだからか、繊細というか神経質そうな面が
目に付きました。若フランツのシーンのママゾフィに対するビクビクしたところとか
みてると、ヨメには癒しを求めたかったはずなのに
結果、母以上に強いヨメだったという(笑)
部屋には入れてもらえないわ、要求聞かなきゃって最後通告されるわ、
ヨメ家にかえってこないわ、最後の最後まで袖にされるわ、
トートの一途な愛情のとばっちりで親族一同悲惨な目にあうわ…
一番かわいそうなのはこの方です。でもフランツの弱さや脆さみたいな
嫌なところもみえてすごくよかったです。

そういうわけで涼風シシィに振り回されまくる男2人、みたいな図が
非常におもしろかったです。誰もかなわないよ。

楽は2階席からみたんですが、やはりこの演目は2階がいい!
前でみるとうっかり変なトコばっかりみちゃうんだけど、全体的にみると
エリザベートワールドにひきこまれます。

Comment

編集
静馬さぁーん!トートがトートを脱がせちゃってますけど~(爆)
千秋楽は残念ながら観なかったんですが、真治くんのトート、私も好きでした。
っつーか、祐一郎トートと全くといっていいほど違うので、見比べるのが楽しかったです。
2008年10月16日(Thu) 14:18
編集
えまさん
直しました。ありがとうございます。何で分裂してんだか。
武田トートカッコイイですよね。
エリザってなかなかぱっととっつきにくい演目だと
思うんですけど、普通にビジュアル系だからファンもどんどん
増えそう。トートもシシィも新しくなるとまた全然
印象違いますよね。
2008年10月17日(Fri) 00:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。