よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ライオンキング 福岡シティ劇場 9/27 なんもしてくれんでくさーアリガトねー はいありがとうTOP四季・福岡全国 ≫ ライオンキング 福岡シティ劇場 9/27 なんもしてくれんでくさーアリガトねー はいありがとう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ライオンキング 福岡シティ劇場 9/27 なんもしてくれんでくさーアリガトねー はいありがとう

この1年で福岡ライオン3回てどういうわけだと自分に問いつつも
博多弁のティモンプンバァはもちろんのことながらやはり
九州独特のあたたかい空気につつまれているのはうれしいものです。

本編に入る前のお楽しみ。シティ劇場は日本全国の四季の演目の
PVとCMをみることができます。これ、結構貴重です。
仙台の「美女と野獣」のPVまでみることができるんですよ。
誰がわざわざ福岡から宮城県まで行くのかと。
…とわざわざ東京からきてる私が言うのもなんですが。
マンマはPVは早水ドナだけどCMはほのかドナなんだーとか
ニコニコしながらみてたら、でーーたーー九郎えもーーん。
やばい、もう泣きそう。ゾウはダメなんですって。うう。
太郎坊ちゃんはあいかわらずかわゆいのう。

さて、本編ですが、
やはりここは江上ティモンと川原プンバァコンビ中心で。
この2人は本当に普通に中洲を歩いてそうな2匹で、その間としゃべり方が
絶妙な超オッサン風味なのがたまりません。
東京LKが江戸弁で若々しいからなおさらそう感じるのかなぁ。

「ひとりぼっちのごたーね」とか「なんでござーすと?」みたいなプンバァはもちろん
ティモンの「おまえ、大丈夫とや?」って言い方とか
結構キツいけどあたたかいんですよね。
「背中に過去ばむけんしゃいて」
「あーーしぇからしかーー このド素人が!」
って掛け合いも楽しいし。
江上ティモンはセリフによってティモンぽく威勢よくいうとこもいいけど
ボソっというとこが結構おもしろかったりします。
「せやけん、今覚えればよかろうと」とかね。

で、一番すごいのが歌までなまってるということ。
「ハクナマタータ よか言葉ったい!
悩み蹴飛ばす 生き方ばい♪」

ティモンの「シマウマはきらしとっちゃんねー」っていうのも好き。
ムシが「カシワんごた味やね~」というのもウケてました。
ついにヤングシンバまで「ぬるぬるするけどうまか!」ですから。

2幕ではさらに博多弁は炸裂しまくります。
川にはいるとこは
「ふてーしさ、ダボダボで速かろうもん!
したらくさ、ドラムばならしちゃらんね」
「だいしぇいえんば送っちゃってんしゃーーい」
…いやぁ文字にしても難解だわ。
私福岡ネイティブじゃないので、なんか間違っておぼえてたら
ご指摘願います。南九州の方言は全然違いますから。

ナラに対しても
「ふとーか勘違いをしとーじゃなか、嬢ちゃんな」
完全おっさんですよティモン!
ナラ「王様になるために戻ったのよ」
ティモン「あーそげんね」やっぱりおっさん(笑)

ほかにわかりやすいとこでいうと
チャールストンティモンの
「みんな大好き♪」
「うまかっちゃん!」ですね。

うん、この2匹みちゃうと、東京でみるとなんか足りないような気がする。
キャラとテンションはそんなに濃くないんだけどなぁ。
セリフが強烈すぎるんですよね。

そんなわけで客席も盛り上がります。私は2階席でみてたんですけど
2階みんなカテコで盛大に手ふってましたからね。
あと2幕冒頭のワンバイワンはその美しさにみんなため息。

そのほか遠藤ラフィキは力強いけどかわいらしさもあって弥生ラフィキっぽさを
感じさせて結構スキです。
川地スカーは相変わらずこわーーい。覚悟しろのフハハハハハハって笑い方がすき。
悪代官スカーと勝手に呼んでます。


ラフィキ : 遠藤珠生 ムファサ : 内海雅智
ザズ : 井上隆司 スカー : 川地啓友
ヤングシンバ : たいしろう ヤングナラ : 保坂朱乃
シェンジ : 松本昌子 バンザイ : 太田浩人
エド : 遠藤 剛
ティモン : 江上健二 プンバァ : 川原洋一郎 
シンバ : 三雲 肇 ナラ : 熊本亜記

大辻賢吾 南 晶人 キム リュンホ
山田真吾 森田利夫 伊藤綾祐
海老沼良和 森 健太郎 キム キナム
廣野圭亮 虎尾信弘 キム スホ
沢樹陽聖

渡邉万希子 玉石まどか 豊田早季
智川ちえみ 小林英恵 山西里奈
松本菜緒 谷井里衣 大村奈央
林 初実 井藤湊香 磯谷美穂
吉村晶子

Comment

編集
普段博多弁バージョンで観ているせいか、東京に行った時同じくなんだか物足りない気がしました(笑)

博多座に明け暮れてたので川地スカーまだ観てないんですよね。逃げられる前に行きたいです。
私が待ち焦がれている栗様スカーはもう当分無理そうですね(泣)
2008年09月30日(Tue) 13:28
NoTitle
編集
福岡ライオン、堪能されたようで何より!

猫屋敷に、マスオさんが来るようですね...

こちらも、おっさん/昭和マンカスのお通りだ~!
2008年09月30日(Tue) 18:15
NoTitle
編集
福岡LK、今年中には行こうと思ってるんですが、
なにぶん野中スカー狙いのため、いつになるやら・・・。
いや、他のスカーでもOKなんですが、せっかくなら
大人の魅力満載な囁きスカーで・・・ねぇ?(笑)

でも「うまかっちゃん」が聞きたいですよ~(^^)
博多弁のティモ×プン、熱い福岡の客席。
う~ん、いいですねえ。ああもう、野中さんが
戻ってくるまで待てずに遠征ちゃうかもです。
2008年10月01日(Wed) 00:09
NoTitle
編集
江上ティモン&川原プンバァは、中身(ご本人)もオッサンですが
ティモプンとしてちゃんと可愛く見えるんですよね(笑)

「マンマ」CMって、ほのかドナなんですか?
見たい・・・・(><)
サム並みにほのかドナに未練タラタラです。
2008年10月01日(Wed) 01:28
NoTitle
編集
みゆさん
濃いですよねぇ。地方版のお2人は。
藤川ティモンみたいにテンション高いわけでもないのに。
博多座も終わってしまいましたね。帝劇がひかえては
いますが、あんな贅沢な空間でみちゃったらもういいかと
いう気に。今回初めてみるキャストさんも増え、ものすごく
楽しかったです。

じてネコ さん
猫屋敷にもいきたいんですけど、なかなかいけません。
まだみてないネコさんもたくさんいるのに。
この前も野中マンカスにも逃げられ、
今回もガストンあるしあんまりいないんじゃないかなぁと
思ってたりしてます。タイミングが重要ですよね。

たかねさん
スカーはみなさんすばらしいですけど、やっぱり
野中スカーですよね。哀愁漂う大人のスカー。
今年はまさかのマンカスのあとはやっぱりガストン
行きでしょうか。でもLKは2箇所でやってるから
前よりはまだ出没率も高いような気もしますが
そこはなんとも予測できないのが四季…。

さくりさん
ほのかさんはサイゴン後戻ってくるんでしょうか。
かわいくて大好きだったのでまたほのかドナに
会いたいです。でも外部の人はこれっきりという
可能性もあるしわかんないですね。
内部の人でさえこれっきりが多いのに。うう。
2008年10月02日(Thu) 11:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。