よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「夢から醒めた夢」 四季劇場秋9/4⑤幻の小人ちゃんは何処にTOP四季・東京 ≫ 「夢から醒めた夢」 四季劇場秋9/4⑤幻の小人ちゃんは何処に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「夢から醒めた夢」 四季劇場秋9/4⑤幻の小人ちゃんは何処に

いつの話だレポート。
まだ続いています「夢から醒めた夢」
全国公演をみていなかったので真家ピコに今回初めて会えました。
元気でピコのキャラクターそのものの吉沢ピコよりお姉さんにみえます。
真家さんはアンのダイアナがものすごくはまり役だったんで
どっちかというとキャラクター的には、やさしいんだけど
芯は強いマコのほうがあってるかも。
女の子らしくて活発さより優しさが際立つピコでした。

一方、南マコは妹キャラ。幼さの残るかわいいマコです。
それだけに不慮の死がかわいそうでしょうがありません。
南マコは秋葉系に人気の出そうな「おにいちゃん」っていってほしい
キャラです。妹系なのに意外と胸大きいとかその辺も。

道口デビルはメイクがよりラインを強調した顔になってました。
そして小芝居と顔芸が増してて、うっかり道口デビルばっかり追いたくなっちゃう。
個人的には口をとがらせてんのがカワイくて好きです。
野中デビルのような姐さんぽさと、川原デビルのようなおっさんくささと
道口さん独自の若さと勢いをあわせもったデビルです。
テンションも声もキャラクターもコロコロかわるからおもしろい。

マサトーエンジェルもすごく芝居が細かいです。
道口デビルは今回はちょっとマサトーエンジェルに話しかけて、パソコン
教えてもらってましたが、有賀エンジェルには全然聞かなかったのは
きっと有賀さんは専門用語連発してますますわかんなくなるからだと思う。
パソコン詳しい人ってものすごく親切なんだけど、教えてもらってるこっちが
知識ないからさっぱりイミがわかんないんですよね。
マサトーエンジェルは子どもたちに優しく声をかけ、
ダンスシーンになるといきなりシャキシャキ踊りだし、
また芝居に戻りっていうこの一連のメリハリ感がたまりません。
そういえば道口デビルとマサトーエンジェルは後ろでもものすごく踊ってます。

アフリカのお子さん佐伯さん
冒頭ではデーモン閣下か?つーくらい
頬のシャドウがものすごいことになってますが、
キレイな衣装に着替えたあとがまたかわいいんだ。
アジアやパレスチナのお子さんに比べて
むりやりアフリカだといいはってる罰ゲーム感が漂う
アフリカのお子さんですが
何なの。この佐伯さんの似合いっぷりは!
民芸品のお人形みたいなカワユサ。
お部屋に飾りたい。

今日のメソは有賀さんです。ぜひ四季版「悲愴感」を結成してほしい
飯村メソにくらべ(ついでにお隣の前田さんもメンバーに入れてください)
有賀メソは悲壮感を通り越し、絶望のどん底って感じ。
全国公演から自殺の原因が「受験」から「いじめ」にかわったんですが
確かに自殺は成仏ができないと昔からいうものの、あまりにも
かわいそうなグレーパスポート処置。
でも、ものすごくふさぎこんでたのにパスポート手に入れて
「誰もわかりゃしない~」と踊り狂ってるメソをみてると
どうも同情できない部分もありますが、有賀メソは魔がさしたレベルではない
メソの必死さがにじみ出てて憎めません。

あと、大塚ピエロ。
ロビパフォでいろんなポーズとるのはみてますけど
まさか
本編で「グーググーググー」(エドはるみ)をやるとは(笑)
そのあとタバコ吸うマネしてさりげなく退場してました。

あ、そうそう初日カテコでいったん幕がしまったあとに、端っこにいる
配達人のとこに小人ちゃんがやってきて「幕あけて」って感じで
チョイチョイやって幕があいたんですが、そのあと小人ちゃんも
皆と手をつないでお辞儀。でも前にでてくるのとか後ろに後ずさるのが
案の定ものすごく大変そうで、隣の有賀エンジェルが気遣ってました。
で、今回袖からみんなが手をつないででてくるパターンもあるのですが
どうするの?って思ってたらさすがに立って歩いてました。
ついにみた!背が伸びた小人ちゃん(笑)
が、今日は小人ちゃんはカテコに登場しませんでした。
女性アンサンブルさんが12人いたのに11人になってます。
ピコ 真家瑠美子    
マコ 南 めぐみ    
マコの母 織笠里佳子    
メソ 有賀光一  
デビル 道口瑞之    
エンジェル 石井雅登  
ヤクザ 野中万寿夫    
暴走族 大塚 俊    
部長 田中廣臣    
老人 維田修二    
老婦人 佐和由梨    
夢の配達人 北澤裕輔
松本和宣 石野喜一  畑野年孝    
中村 巌  金子信弛  牛 俊杰    
田井 啓    
畠山 馨  中元美里  鈴木真理子    
井上あゆみ  織田なつ美  白澤友理    
鈴木友望 海野愛理  有村弥希子    
佐伯真由子 峰岸由佳    

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008年09月10日(Wed) 22:24
静馬
編集
かぎこめさま
おひさしぶりです。博多サイゴン
相変わらずチケットは高いですけど、
セットの迫力はすごいですからしょうがないかなと。
私は今回のサイゴンプレビューも初日もみてないので
参考にならないんですけど、演目自体のプレビュー公演は
帝劇でやってるので実質博多の初日はプレビューの日
じゃないかなぁと思っているんですが。
どの演目も楽はそれぞれ役者さんの挨拶ありますけど、
初日は代表(多分エンジニア)がひとことあるかないか
だと思うんですよね。あまり参考にならなくてすみません。
あ、市村さん東京でもドカドカ笑わせてるので多分
博多でターボかかると思います(笑)楽は必見ですね。
ぜひ博多サイゴンもりあがるといいですね。
2008年09月11日(Thu) 16:43
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008年09月12日(Fri) 19:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。