FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月
TOP四季・福岡全国 ≫ 「美女と野獣」静岡市民文化会館8/2 おかえりなさいやな獣

「美女と野獣」静岡市民文化会館8/2 おかえりなさいやな獣

久々のやな獣降臨に、いい具合に珠ちゃんベルがいるということで
これはぜひみたいと急遽行ってまいりました。
冒頭からどんな後ろからでもわかるやな獣のダイナミックな動きに
あーやっぱりやな獣だぁと涙目です。

さて、珠ちゃんベルはお姉さんベルって感じの癒し系で、でも今までやってきた役以上に
表情が豊かでカワイイです。本日のモリースは松下さんなので
親子の歌もすごくほのぼのします。
珠ちゃんの「マダム・ガストン!あいつの!うぅ~」
って言い方がかわいかった。
街のシーンは一瞬しか登場しない謎の町人影山ブライアンの動きがマンガっぽくて
笑えます。影山さんがこんなにBBワールドにハマるとは思わなかったなぁ。
あとマンガっぽいといえばリアクション王上出さん。一番おもしろいのは「暴徒の歌」の
とこなんだけど街のシーンも相変わらず飛び上がってたり目立ちます。

あとお久しぶり田島ガストン。ガストンキャラとしては田島さんが一番好き。
適度にバカでお調子者で、でも乱暴で憎たらしくてカッコイイ。
野中ガストンは本気で惚れそうなほど硬派だし、
ミツヲガストンはバカだったけど無駄にビジュアルはかっこよすぎたしなぁ。
田島ガストンのブルブル震えるのがめちゃくちゃ大げさだったり、随所で
笑えるとこが多いのもいいですね。
そういえば、ミツヲガストンモロチュー事件以来
注・ベルに無理やり迫るとこでチューしようとしてたたかれていたところ
五東ベルにチェンジして以来モロチューするようになった
ちなみに沼尾ベルだけは絶対にチューさせてくれない

気になっている例のシーンですが、田島ガストンは相変わらずチューしようとして
ぶったたかれています。たまには田島さんにもガッツリチューさせてあげたいものです。

召使は青木コッグスワースにかわりました。顔が一番アニメに似てるような気がする。
そして早水ミセスポーーーット!ノリノリの「ビーアワゲスト」もサイコウですが
やはり「美女と野獣」ですね。ボロボロ泣きました。やな獣が椅子に座ろうとして
おしりペローンてだして会場爆笑中でも泣きました。
でもなんだかタメがすごくって早水小夜子リサイタルみたいでもありましたが。

そしてお待ちかねやな獣。アクションは大きくてわかりやすいのが特徴ですが
広島を経て、なんだかコミカルさが増してました。まん丸目になるとこがかわいいんだー。
気位が高いけどコドモっぽいさの獣にくらべて、やな獣はまんまストレートにやんちゃな
野獣。でもベルに「…来い」っていう言い方がドキドキするんですよ。
ドキドキセリフ度としては野中スカーの「覚悟…しろ…」に匹敵するくらい。
どこまでもついてゆくぜ!
広島では後半お疲れの模様との話を聞いて心配してましたが、無事復活してました。
2幕からの珠ちゃんベルとのほんわかした空気感がすごくよかったです。
王子さまに変身したときは広島時の写真でみたときほど痩せてなくて
でもスッキリしてて素敵でした。あんなにかわいいやな獣だったのに王子さまになったとたん
底抜けの雅さと包容力発揮。ヅラは前よりふんわりしてるような気がしましたが
やっぱり似合わないなぁ。柳瀬さんの顔のデカさが強調されてイヤだ。
人間に戻ったときの長髪のほうが素敵なのに。

最後に【本日のマスター】
変なマユゲ、赤鼻、青ヒゲメイクがひとりコント状態
シカくんとのラブアフェアは下手側に座ったためかぶってイマイチみられず
そのかわりヒックヒック酔っ払いながらマグダンスをするという
小芝居満載の上出さんを堪能。
お尻をフキフキしたあとさらにパシーンてたたいてました。

終演後、とりあえず参加しなくてはとスタンプを全部集め(コドモにまじって必死)
帰りはせっかくなので駿府城跡に行き、家康公銅像前で記念写真を撮って帰りました。
もちろん夕飯は海鮮丼を食べました。
ビースト : 柳瀬大輔
ベル : 西 珠美
モリース : 松下武史
ガストン : 田島亨祐
ルミエール : 百々義則
ルフウ : 中嶋 徹
コッグスワース : 青木 朗
ミセス・ポット : 早水小夜子
タンス夫人 : 秋山知子
バベット : 有永美奈子
チップ : 川良美由紀
寺田真実
小倉佑樹
赤間清人
香川大輔
奥田慎也
上出匡高
キン マング
沢樹陽聖
影山 徹
清川 晶

新子夏代
手塚佳代子
鶴岡由佳子
松尾千歳
倖田未稀
世登愛子
西田桃子
細見佳代
荒木美保
大石眞由

Comment

編集
柳瀬さん、静岡では完全復活されてるようでホッと一安心♪
「来いっ!」は私も毎度ドキドキしてます。ほんとついて行きますー。
野獣の時はお茶目で可愛いのに王子に戻った途端に包容力MAX!
そこがまた面白いです。雅な柳瀬さんにはやはりあの王子ヅラは・・
でも、佐野王子の写真を見る限りではヅラに変化が見られたので
どうかな~?と思ってたんですが、やはり似合わないですかー。
2008年08月04日(Mon) 12:27
編集
田島ガストン私も好きです。あのオーバーなような動作に慣れてしまうととことんクセになるというか(笑)
「こいっ!」はその手前の、自分の手を見てはっとするところから好きです。
また観たくなってしまいます(苦)

てやな獣いつのまにか消えました!?
2008年08月04日(Mon) 19:28
な、なんですと!?
編集
今週はスンラスカーとユホンバンザイ確定~♪
・・・と喜んでいたら、嗚呼なんということでしょう。
何故に1週間で静岡から逃げますか、柳瀬さん・・・orz。
あなたと早水ポットのために、東京遠征帰りの突発を決めたのに(泣)。

高井ファントムのお帰りで、「これで8月もリハ見に行かなきゃ♪」と
浮かれたのもつかのま、一気にどん底へ落ちました (ToT)
佐野野獣も好きなんですが、そろそろ柳瀬野獣に会いたいですよ~。
やっぱり地元出身の佐野さんで千秋楽までつっぱしるんですかねぇ・・・。

とりあえず、6・7日はコリアンキングの皆さんと寺田マスターに
傷心と書いてハートブレイクを慰めてもらいに行ってきます!!。゚(゚´Д`゚)゚。
2008年08月04日(Mon) 22:03
編集
yamamoさん
せっかくきてくれたのにもういなくなってしまいました。
ジーザスにともなう減量予定のためというわけでもなさそうですし(ほっそりしてたし)
なんなんでしょうねぇ。
それにしてもラストの落ち着きっぷりは笑いますよね。
あのお茶目な野獣はどこに?落ち着くにも程がある。
個人的に珠ちゃんベルとの組み合わせはやはりツボでした。
JCSツアーでは実現するでしょうか。

みゆさん
ガストンのキャラクター的にはやっぱり田島さんだと思うんですよ。まぁ顔も似てるし。
やな獣は大きいアクションなんですけど、それと同時に
繊細さも持ち合わせてて泣けますよねぇ。また帰ってきてくれるんでしょうか。
それとも静岡ではこれっきりなのかなぁ。
仙台までいくことになるのか…

たかねさん
まさか1週間で消えるとは思いませんでした。お稽古にしては早すぎますし。
体調不良って声でもなかったから、多分具合が悪くてってことでもないと思うんですけど…
本当に読めませんね。
傷心には寺田マスターの失恋酒場が癒してくれると思いますので、
思う存分爆笑してきてください。何度見ても笑えます。
2008年08月04日(Mon) 22:52
偶然
編集
静馬さん、初めまして。
2日、私もマチネ終演後駿府公園に行き、家康像前で写真を撮りましたよ。
続くソワレでは、終盤野獣がガストンに痛めつけられる場面で子供が大泣きしてしまい、純粋な子供の気持ちにホロリとしました。柳瀬野獣の素晴らしさは言うまでもなく、初めて観る寺田さんの4役、早水ポット夫人の歌声も堪能し、大満足の静岡公演でした。行ってよかった~。
2008年08月05日(Tue) 22:50
編集
和緒さん
はじめまして。美女と野獣はファミミュではないけど、「ぴんくだ!」のシーンとか
コドモたちが爆笑してるとこっちもうれしくなっちゃいますよね~。盛り上がるし。
柳瀬さんもとりあえず1週だけでしたし、本当に行ってよかったと思いました。
寺田さんはひそかにBBアンサンブルがほかの役より一番好きなんで、
寺田さんのシーンだけをみていたいくらいです。
2008年08月07日(Thu) 00:54
編集
初めまして。いつも楽しく拝見しています。
特に最高です。
BBが大好きで、広島公演はよく見に行ってました。その前にこちらのレポを見たので、1枠さんをみてたら、田辺さんでもセクハラはやっていました。
決まっているのでしょうか?(笑)
上出さんはやられる度に手を掴んで、逮捕してました。

静岡も観に行き、寺田マスターの鹿くんとの会話を見ました。丁寧に鹿の口元に耳を寄せ、会話(笑)狸にも会話してました。
かなり面白いです…寺田さん。
2008年08月22日(Fri) 14:02
編集
雪花さん
はじめまして。ディズニーミュージカルだけに
細かな動きや設定はあると思うんですが
寺田さんに関してはそれに加えた小芝居がめだちますよね。特に鹿の剥製に対する愛情は
他の追随を許しません。私も同じく小芝居王子の上出さんとの攻防戦をみたかったんですが、
残念ながら静岡では枠がかわってしまいました。今後も寺田さんから目がはなせません。
2008年08月23日(Sat) 11:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL