よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「むかしむかしゾウがきた」自由劇場7/26②2幕は九郎衛門で泣きます。泣かせます。TOP四季・東京 ≫ 「むかしむかしゾウがきた」自由劇場7/26②2幕は九郎衛門で泣きます。泣かせます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「むかしむかしゾウがきた」自由劇場7/26②2幕は九郎衛門で泣きます。泣かせます。

ウチに帰ったらアルプがきていました。
同封されていた「むかしむかしゾウがきた」のチラシのちょんまげマサトーさんの
あまりのカワユサに激沈です。さらに裏面のゾウとの2ショット&ほんのり背後にいる
関さん(九郎衛門におぼえてもらえなくて会場の爆笑をさらう)との3ショットがこれまたもう…。

そうそうゾウを殺さぬのならと殿様がさしむける忍者隊がこれまたかっこいいんですけど
なんというか微妙な気分にさせられるのが、
忍者ダンスがおなじみ敬二ダンス!!
キレキレなんだけど格好が忍者なだけに敬二調ダンスとのミスマッチ感
ちょっとオモロでした。

幕間は黒子さんたちが紙ふぶきのお掃除するのが「ダンスオブヴァンパイア」のクコール劇場を
思い出しました。クコールにまた会いたいなぁ。
客席前方では盛大に落ちた紙ふぶきを集めてちびっこたちがワイワイ遊んでいます。

さて2幕。
無事助け出されて北の村にやってきた大橋母さんと太郎坊マサトーくん。
ゾウをかくまうことに反対する村人たちに村八分覚悟で九郎衛門を助ける深見ゴンじいに
目頭があつくなります。殿様兼松吉の高林さんや、もはや団員ではないかぐらいの
四季レギュラー化してる田島さん、殿様と一緒にゾウを殺せって言ってたのに
なぜか村人になるとすっかり情の厚いいいヤツになる川地さんたちが
ビシっと脇をしめてくれてるのがすばらしいです。
それにしても田島さん、七郎だけじゃなくて殿様や太郎衛門にまでキャスティングされてますけど
昴の人なのに役付きよすぎです。でもキャラ違いな役も結構チラホラふられてるから本人も
大変だろうなぁ。リットンとか馬とか。

おミヨちゃんがゾウ見たさに2日かけてやってきたという北の村。
子どもの足だから実際は隣の隣村くらいだと思っていたら、話す言葉が湯の花村風。
ってどんだけ遠いとこから家出してきたんだ。おミヨ。

さて、ここからまた四季ならではのシーンが繰り広げられます。
それは吹雪のなか、気が遠くなった九郎衛門のいわゆる走馬灯のように思い出す
過去の楽しかった日々をダンスで表現の巻であります。
いきなり始まるインド舞踊の関さんのターバン姿にびっくりする間もなく
シーンは唐の国へ。范虎さんのアクロバチックな動きに釘付け。
しかしステージでこれだけ派手なダンスシーンが繰り広げられている後ろでは
ゾウが立ってるというシュールな展開に
「ええと…これは和ミュージカルだったはずでは…」
としばし混乱する私。いやーボーっと立ってるようで
九郎衛門のアタマのなかはすごいことになってますよ。

村の食料を奪いにきた南の国の兵隊たちにつかまった村人たちを
まだ回復してないからだで助けにゆく九郎衛門。
ここをまたうまい具合にひろめ屋が声をアテるので泣けます。
兵隊を蹴散らした九郎衛門。しかし彼の力はもう…

えーーーー本日もファミミュでボロ泣きです。このあとみた「ミスサイゴン」でも泣いたけど
サイゴンより泣いた。ゾウはダメなんですってゾウは。

そのまま幕はしまりますが、マサトーくんたちが客席にでてきて
みんなで「九郎えもーーーん」って呼ぶと元気な九郎衛門がそこに(涙)
最後は客席のみんなも一緒に「みんなみんな友達」を歌います。
あ、最後はゾウのなかにはいってた伊藤さんと中村さんもでてきます。

自由劇場はロビーが狭いので役者さんたちは炎天下外で並んでお見送りして
くれます。衣装のまま汗びっしょりでがっしり握手してくれる役者さんたちに
感動しつつも、最後に並んでた九郎衛門の黒子姿のおふたりには思わず
「お疲れ様でした」と声をかけてしまいました。にっこり笑顔で握手してもらったら
また私が感動して泣きそうになった。うまかったよーー。
お母さんたちは「ゾウさんにも握手してもらいなさい」と子どもたちに言ってましたが
はたしてこの黒子=ゾウさんという認識があるかどうか…。

ひろめ屋 : 川口雄二
太郎坊 : 石井雅登
太郎衛門 : 青山祐士
おゆき : 大橋伸予
おミヨ : 大徳朋子
ゴンじい : 深見正博
与作・家老 : 川地啓友
松吉・殿様 : 高林幸兵
七郎 : 田島康成(劇団昴)
唐の国のお使い : 龍澤虎太郎
敵兵頭 : 関与志雄
九郎衛門 : 伊藤礼史 中村智志


【男性アンサンブル】
村中弘和
玉井晴章
安江洋介
ユ スングク
瀧澤行則
鈴木伶央
新庄真一

【女性アンサンブル】
須田綾乃
桜 小雪
熊本梨沙
チョ ウンヒ
山本奈未
宮尾有香

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。