よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「美女と野獣」静岡市民文化会館7/17②微妙に年齢層の高い主役陣…いやそこはあえてふれない方向でTOP四季・福岡全国 ≫ 「美女と野獣」静岡市民文化会館7/17②微妙に年齢層の高い主役陣…いやそこはあえてふれない方向で

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「美女と野獣」静岡市民文化会館7/17②微妙に年齢層の高い主役陣…いやそこはあえてふれない方向で

また今年もトトロ全部みちゃったーーー
何度みても見飽きることがないってやっぱりスゴイ。
ちなみに先週「ゲド戦記」も久々にみたけど、宮崎タッチの絵であの暗さは
キツかった。ちなみに新作ポニョに出てくる男の子のモデルは吾朗カントクだそうですが
駿カントクの息子の作品に対するアンサーなんじゃないかなぁ。
夢と希望とワクワク感をみんな求めてるんだから。

さて続き。
野獣の衣装は17キロあるそうですが、それ着てイスにのぼったり、手すりにのぼったり
階段かけあがったりするわけですから、大変だよなぁと思っていたのですが
実際は体力的な問題以上に、演技力がなによりも必要とされます。
なにしろ目と口元しかみえないわけですから、
あとはアクションとセリフで表現するほかないわけです。
前のほうでみるとかなり表情も豊かだということがわかりますが
この静岡市民会館は四季劇場みたいに演劇専用劇場じゃないので
2階席なんかものすごく遠いんです。
「着ぐるみでしょー」なんて簡単に考えてると
役者さんによってほんっとうに全然キャラが違うのにびっくりします。

佐野獣は演技が丁寧で細かくて、しかもちょっとずつ間とか言い方も変えてきます。
野獣をかぶってるのに足が細くてスタイル抜群。
あとやっぱり目と口元に特徴があるからあのままでも佐野さんにみえてくる(笑)
冒頭は低い声なんだけど、だんだん素の若い王子ボイスに。
野獣になっても王子さまらしい気位の高さと無邪気さを持ち合わせてて
すごくカワイイです。
個人的には夕食におりてこないベルに聞きにいったコッグに
「それでっ?」っていうときや(もちろん客席爆笑)
ベルを夕食にさそうときの
「夕食をた…べ…ぬぁいか…ねっ」って言い方が大好き。
この「ねっ」が鼻にかかってて
ナニジンですかみたいな発音になってるのも好き。
それから人間に戻ったときの王子ブラウス姿がまたカッコイイんだーー
ラストまであのままでいいのになぁ。

あんまり久々にみたので、冒頭からホロリと涙し、(だって佐野獣の手が震えてるんだもの)
「人間に戻りたい」あたりからはボロボロ泣き通し。特にチップが「ママー」って走ってくるとこは
なんどみても大号泣ですわ。
客席は「ほんとにちっちぇえーー」みたいなざわめきが広がってましたが。
ちなみに客席の反応はすこぶるよく、拍手のタイミングは難しそうでしたが
笑いはかなり多かったです。野獣の「(字が)読めないんだ…」という
切ない告白すら笑いがおこるくらい。…強く生きろ野獣(涙)

そのほか気になったこと。
・青羽コッグはやっぱりところどころ吉谷コッグっぽい言い回しもあったけど、
基本的に厳格な感じで想像以上によかった。笑いもたくさんとってたし。
・一方の百々ルミはすごく親しみやすくて、青羽さんとの対比もいい感じ。
一見庶民派とみせかけてバベットとの絡みは妙にエロい(笑)
・有永バベットは人間に戻ったときがもう本当に綺麗で綺麗でずっとみていたいくらいでした。
なんかああいう華やかな格好するとヅカオーラでますわ。
・本日の裏目的・上出さんのコスプレSHOWがものすごく楽しかった。
ファミミュレギュラーの異名をとるだけに(とってない)まぁリアクションが大きいのなんのって(笑)
カールしたピッチリわけヅラ、イカした帽子、、さわやかスマイルサラサラ金髪ナイフくん、
ヒッピー風長髪町人、貴族
どれも似合う上に尋常ではないハリキリっぷり
あと声でかすぎてガンガン生声聞こえます。
ベルが魔法の鏡で野獣をみせたときの驚きっぷりはマンガか!ってつっこみたくなるくらい
飛び上がってました。あ、ベルをつかまえる謎の仮面の怪物も6枠さんて
聞いたことあるんですが(真偽は不明)そう思ってみると
お相撲さんのすり足みたいな動きも結構楽しめます。
・狼さんたちこんなにアクロバティックだったか?つーくらいびょんびょん動いてました
・赤間さんはJCSでの小汚い顔しか記憶にないので、さっぱりすると妙に違和感。
香川さんはキラキラケーキサーバーでもダンディです。
倖田さんはガールズですが表情が豊かでカワイイです。

なんだかんだ行って微妙に遠いし(新幹線極力のらない方向で)
次回は野獣チェンジにあわせて行こうかな。
福井野獣が「ぴんくだ」って言ったり、内田ガストンが筋肉自慢するのか…
なんというか…罰ゲーム的な感じに今からワクワクします。
ビースト : 佐野正幸     ベル : 坂本里咲
モリース : 喜納兼徳    ガストン : 野中万寿夫
ルミエール : 百々義則   ルフウ : 中嶋 徹
コッグスワース : 青羽 剛 ミセス・ポット : 竹原久美子
タンス夫人 : 秋山知子   バベット : 有永美奈子
チップ : 川良美由紀

寺田真実 小倉佑樹 赤間清人
香川大輔 奥田慎也 上出匡高
キン マング 沢樹陽聖 影山 徹
清川 晶

新子夏代 手塚佳代子 鶴岡由佳子
松尾千歳 倖田未稀 世登愛子
伊藤典子 細見佳代 荒木美保
大石眞由

Comment

編集
私も佐野さんのフランス語ちっくな
「食べ・・・ない・・・か・・・ねっ」が大好きです (´艸`)
あの何ともいえない発音がたまりません(笑)

ところで、四季歴が浅い私は
まだまだアンサンブルさんに詳しくないんですが、
1幕の村のシーンで登場する
イケメン卵売りは何枠さんなんでしょうか?
2回見て2回とも気になってるんですよね・・・。
2008年07月19日(Sat) 00:24
編集
福井野獣見たいですね。幻のキャスティングになってほしくなーい(苦)
そうそう、福岡で道口ルミ見慣れた後に百々ルミ見たら衝撃的でした(笑)
2008年07月19日(Sat) 23:49
編集
たかねさん
フランス語チックといえば下村ルミエールだったん
ですけどね~。道口さんも百々さんもそんなしゃべり方
してないからシモ様のオリジナルだったんでしょうね。
えー1幕は結果的にナルシストな寺田さんを追って
しまったので卵やさんは印象にないのですが、多分
清川さんだと思います。イェン清川さんはたしかに
カワイイですよね。

みゆさん
どの演目でもかっこよくて真面目さあふれる福井さんが
「笑われるかもしれない…」クスン…みたいなことに
なるかと思うともう!タガーみたいなハジケ系は
ともかく野獣は新境地ですね。王子さまが早くみたい。
それからやっぱり衝撃といえばシモ様です。
もうみられないのかなぁ。
2008年07月20日(Sun) 11:05
編集
静岡BBは、京都公演以来でこの夏休みの東京遠征中に行こうと思ってましたが、唯一空けていた日に夢さめが開幕となったので迷い無くそっちを選んだので諦めました。私の分までBBレポ楽しみにしていますね。トトロは、私も大好きな作品の一つでDVDまで持ってます。愛地球博での『メイとサツキの家』も行きたかったのにチケット取れずでした。もう一般公開されてるんでしたっけ?明日は、伊藤さんゴンゾ2列目で拝見してきますね。
2008年07月20日(Sun) 20:14
編集
ayupansさん
夢醒めの動向も非常に気になります。もうお稽古始まってるんでしょうが
野中さんとかガストンやってるし…。とにかくどこも役者さん不足ですよね。
みなさんこの暑い中体調くずしたりしないか心配です。

イトゴンももういついなくなるかと心配することもなくなり、
全国でがんばっていることと思います。
ぜひ美声を堪能してきてください。
2008年07月20日(Sun) 21:15
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008年07月21日(Mon) 13:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。