よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ まあなんて久しぶりなの 寺田マスター!TOP日本の末端で役者愛を語る ≫ まあなんて久しぶりなの 寺田マスター!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

まあなんて久しぶりなの 寺田マスター!

福岡でのハプニングだらけの千秋楽から早2年半…

ついに、ついに待ちに待った久々の「美女と野獣」!
正確にいうなれば「酔っ払いマスターと愉快な酒場の仲間たち」。
↑演目変わってるし。
美女も野獣も出てないシーンがメインとはどういうことだとお思いだろうが

そこには寺田マスターが待っている。

寺田さん自体は今年は「オペラ座の怪人」のアンドレさんも見てるし
特に久々というわけでもない。ブケーもアンドレもデュブール医師も
マルセルも好きだけどここまでテンションあがることはない。
さらにキャストシートに名前がのってるダルクはものすごいメイクでオモシロキャラだけど
別に寺田さんじゃなくてだれでもいい。

でもマスターだけは寺田さんでないと。

今も目をつぶれば瞼の裏に浮かんでくるのは
松本海さんの尻をワシャワシャさわってた寺りん…
マスターなのに酔っ払ってベロンベロンの寺りん…
剥製のシカくんをこよなく愛していた寺りん…
挙句の果てには投げキッスして去っていった寺りん…

まさかあの酒場のシーンで「行かないでマスターーーー」と
爆笑しながら号泣する不審人物になるとは思わなかった。

この浮かれ気分は『遠距離にいる大好きな人に会いに行く気持ち』というより
『ドリフの公開放送を観にいく子どもの気分』といったほうが正しいのだろうと思う。

さあ明日は3時間半かけて静岡入りだ。
新幹線なんてそんなハイテクで高級な乗り物なんか乗りませんよ。
九州にいたときですら、3時間半かけて福岡に通ってた私には
上演時間より行きかえりの時間が長いのは普通。

あとキャストさんも初めてみるひとが多いのも楽しみ。
影山さんと上出さんのコスプレ大会がいろんな意味で大注目です。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。